松尾城 まつお

 

【左:内枡形虎口 右:櫓台】

朝倉郡東峰村小石原

築城:不明

別名:小石原城

戦国時代、秋月氏の家臣 宝珠山山城守の居城と言われてる

慶長5年(1600年)黒田長政が筑前入国後

長政の家臣:中間六郎右衛門統種が城代として守り

若松城 黒崎城 鷹取山城 益富城 麻底良城 松尾城が入り

筑前六端城(支城)となる

元和元年(1615年) 一国一城令にて廃城となる

中間六郎右衛門は後に黒田姓を与えられ

黒田六郎右衛門と名乗る