高木城 たかぎ

佐賀市高木瀬東

築城:久安年期(1145年〜1151年) 高木貞永

高木氏の祖は、藤原隆家がで九州下向したのが始まり

寛仁3年(1019年)刀伊の乱で活躍し九州各地での人望広げた

鎌倉時代では、文禄・弘安の役でも活躍し

南北朝時代では、足利尊氏に属し 肥前の最大の豪族となる

しかし、戦国時代に 龍造寺隆信との戦いに敗れ 衰退となり

高木城も廃城となる。現在は高木八幡宮が高木城跡である