貫 城 ぬき

 

【左:本丸跡と物見櫓跡 右:空堀と土塁】

小倉南区下貫

築城:応安年期(1368年〜1375年) 新田 義基

貫 城は、貫氏の居城  貫氏の出自は

懐良親王と新田義基の息女:九重姫との間に生まれた王進丸を

貫 宗景と名乗る。 戦国時代 貫氏は、大内・毛利へ仕え

慶長5年(1600年)細川忠興が豊前入国時に貫 弘信を召し出され 

客分となり弓術師範となる。