風早城 かざはや

 

壱岐市勝本町大久保触

築城:正平年間(1346年〜1370年) 志佐壱岐守源義

松浦党の五氏 志佐氏の居館として また代官の田口大工入道が居住していた

幕末、平戸藩砲術師範:牧山忠平がこの地を入り

陰陽の碑を祀ったという