生池城 なまいけ

 

壱岐市勝本町百合畑触

築城:天文年間(1532年〜1555年) 本城氏

別名:牛ヶ城 宇志賀城

天文11年(1542年)11月

観音菩薩寄進状で 井手忠兵衛尉と並んで源 壱(みなもとのいち)と呼ばれる

松浦党の一族:本城氏の名が書かれている

本城氏が天文年間に、生池城を築いたと推察されている

本丸の周辺には2重の空堀に囲まれており

内堀は深さ3.3メートル 幅1.6メートル 

外堀は、深さ3.3メートル 幅1.5メートル

空堀の四方には、土橋がある。