郡 城 こおりの

壱岐市芦辺町国分東触

築城:応永年間(1397年〜1428年) 塩津留氏

別名:塩津留城

松浦党の五氏の一人 塩津留氏の居城

現在は畑地となっている

【壱岐名勝図誌】には、当時内堀・外堀も田畑となり

殿屋敷・古館の堀が残っている位と記されている