鶴翔城 つるかけ

  

【左:鶴翔城遠望 右:石垣】

壱岐市芦辺町国分当田触

築城:応永年間(1394年〜1428年) 塩津留氏

別名:弦懸城

鶴翔城は、松浦党5氏の一人 塩津留氏の城であった

この城の由来は、当田に鶴が舞い降りた事から名づけられた

城内には、誉田別天皇を祭神とする

石祠が祭られているが、現在は、崩壊されている