大王山城 だいおうやま

 

【左:本丸跡と土塁 右:本丸下にある堀切】

山田市上山田

築城:天正15年(1587年)以降 小早川 秀秋

別名:帝王城・たいおうの古城

山田市の中心地 摺鉢山、

地元では、「小富士」の愛称で呼ばれてる。

小早川 隆景が隠居後 豊臣秀吉の甥:秀秋に

小早川家の養子となり、隆景は、秀秋に家督を譲り

豊前の国境近い、摺鉢山に築城する。

家臣:日野 龍右衛門を城主とする。

【特別協力:正ちゃん】