樋詰城 ひのつめ

【樋詰城跡:現・新城神社境内 守護代 平 景隆の墓】

壱岐市勝本町新城東触

築城:不明

文永11年(1274年) 蒙古軍は、壱岐に上陸

守護代 平 景隆は、野戦で蒙古軍に戦うが敗退し樋詰城に退却

翌朝、蒙古軍は、樋詰城に攻撃

守護代 平 景隆は、家来に大宰府へ戦況報告を命じ

平景隆はじめ家臣は自害し 樋詰城は、落城した。