鷲峰城 わしみね

【鷲峰城本丸跡】

北九州市小倉南区蒲生

築城:応安年期(1368〜75年)

大友一族であった高橋鑑種が永禄10年(1567年)

毛利家と繋がり謀反起こす

永禄一二年(1569年)毛利軍は、九州撤退し

鑑種は孤立無援となり、大友宗麟に降伏した

鑑種は、処刑は確実だったが、家臣の助命で

豊前、小倉城主となり毛利領の門司城攻めの先陣となる

この鷲峰城は、高橋鑑種の行動を監視する城(砦)であった