結城城 ゆうき

 

南高来郡国見町

築城:戦国時代 結城弥平治

別名:金山城

有馬家家臣 結城弥平治は 熱心なキリシタン信者だった

弥平治は、有馬家に仕える前に 肥後宇土城主小西行長に仕えた

関ケ原の合戦で 小西行長は、京都で惨殺され

弥平治は、有馬家にもとへ向かった

慶長17年(1612年)有馬晴信が処刑後

幕府から 禁教令が出され

キリシタン迫害は激化して 弥平治は、追放となる

その後 結城城も廃城となる