平戸城 ひらど

 

平戸市岩の上

築城:元禄16年(1703年) 松浦 棟

別名:朝日嶽城 亀岡城 玄武城 

平戸城は、近世松浦家の居城である

慶長13年(1608年)

松浦鎮信の時に完成間近に

鎮信自ら火を放ち焼失し 中之館や御館で暮らし築城はしなかった

五代将軍 綱吉の改革政治に 松浦 棟は、寺社奉行となる

元禄16年(1703年)に幕府から築城の許可が降りた