多比良城 たいら

 

南高来郡国見町轟木名

築城:永暦元年(1160年)日高通良

別名:轟木城

戦国時代、多比良城主 多比良重純は、有馬家に臣従していた

天正12年(1584年)沖田畷の合戦後

神代城主:神代貴茂は最後まで有馬家に抵抗するが

有馬晴信は、和議を結び 多比良城にて 酒宴を設けた

しかし、その帰りに 神代貴茂は、帰途の途中

有馬家の家臣に暗殺された