鍋島陣屋 なべしま

 

南高来郡国見町神代小路

築城:江戸時代初期 鍋島隼人佐

鍋島陣屋は、戦国時代 神代城の二の丸に築かれた陣屋で

神代家滅亡後 有馬家の領地であったが

豊臣秀吉の九州討伐後 鍋島直茂の領地となる

寛永14年(1637年)の島原の乱では

幕府軍の重要拠点となる