日野山城 ひのやま

 

嘉穂郡碓井町上臼井

別名:金毘羅山城

築城:不明

天正15年(1587年)

小早川隆景が筑前一国の太守となり

日野山城は、小早川家の家臣 日野左近が城主となる

慶長5年(1600年)関ケ原の合戦で

小早川秀秋の寝返りで東軍の勝利に終わり

小早川家は美作へ国替えし 日野山城は廃城となる