龍王城 りゅうおう

宇佐市安心院町龍王

別名:神楽岳城

築城:正安年期(1299年〜1302年) 安心院公泰

戦国地代 安心院麟生は、大友宗麟に属し

永禄4年(1561年)門司城合戦に加わり軍功立てた

天正6年(1578年)日向耳川の合戦で大友氏は島津氏に敗北後

大友家の属した武将が次々と翻し 2年後 安心院麟生が叛旗を翻し 

龍王城に篭り 守り固め防戦努めた

大友家は、領地安堵の条件で和睦勧め 城は開城した

麟生は、大友氏に追われ自害し 安心院氏は滅亡した

天正14年(1586年) 戸次川の合戦で島津軍に敗れ

高崎城にいた 大友義統は、恐れて龍王城まで逃げた