奈多城 なた

杵築市奈多

築城:室町時代 奈多鑑基

奈多氏は、奈多八幡宮の大宮司を勤めていた

鑑基の娘を大友家21代当主 義鎮に嫁がせ

大友家の正室となる

奈多鑑基は、大友家の寺社奉行となり勢力を伸ばし

鑑基の次男 親賢は、田原家の養子となり

大友家の参謀となる