岡 城 おか

 

竹田市竹田

別名:臥牛城

築城:文治元年(1185年) 緒方惟栄

天正14年(1586年) 薩摩の島津 義弘は、3万5千の精兵にて

岡 城を攻めるが 城主 志賀親次の采配と天然の要害にて

岡 城を落とす事が出来なかった。

文禄2年(1593年) 親次の主 大友義統の朝鮮の役の失態にて

豊後の領地は召上げられ 毛利家に預けられ

親次も岡城から去る事となる

新しく 播磨から 中川秀成が入り

代々中川家の居城となり 明治時代まで栄えた