鶴賀城 つるが

 

大分市上戸次

別名;利光城

築城:不明

鶴賀城は天正14年(1586年)

薩摩の島津家久が鶴賀城攻め

正面と背後から攻め二の丸、三の丸を落すが

本丸だけが攻め落とす事が出来なかった

家久は攻略を止めて 鶴賀城から撤退した

その時に城内の櫓にいた鶴賀城主:利光宗魚は敵の情勢を視察中に

木の陰にいた島津の兵が弓を放ち 利光宗魚の急所に当り絶命した