日出城 ひじ

 

速水群日出町

別名:暘谷城 青柳城

築城:慶長7年(1602年) 木下延俊

木下延俊は、豊臣秀吉の甥である

関ケ原の合戦の翌年に日出に入る

日出城は天正14年(1586年)

薩摩の島津軍に攻められ荒廃した城だった

日出城 築城の際、細川忠興の支援で

経済援助や城の縄張りを手伝った