府内城 ふない

 

大分市荷揚

別名:荷揚城・白雉城・大分城

築城:慶長4年(1599年) 福原直高

築城した福原直高は 石田三成の妹婿

当時この地は荷落と呼ばれ 荷揚と名を変えるが、直高は

まもなく改易となり 早川長敏が荷揚に入るが

関ケ原合戦で西軍に加担し改易となる

豊後高田城から竹中重利が入り 4層天守閣が出来

府内城と改める

その後、竹中家が改易後

日根野家へ最後に 松平家に代わり明治時代まで続いた