隈庄城 くまのしょう

 

下益城群城南町隈庄

別名:隈庄殿の館 隈牟田城

築城:南北朝時代 甲斐重村

天正10年(1582年)頃から 島津軍と甲斐軍と激しい争いが続く

天正12年(1584年)に次々と城が落城・放棄し

 隈庄だけ抵抗していたが、使僧が訪れ説得し隈庄城は開城し

伊集院忠棟が隈庄城に入城した