鞠智城 くくちのき

 

【左:八角形鼓楼 右:兵舎】

山鹿市菊鹿町大字米原

築城:7世紀 後半

663年 日本・百済連合が 唐・新羅連合に敗れた後

大和朝廷は、 日本上陸の危機も迫り

大宰府政庁を守る

水城、・大野城・基肄城など築く

鞠智城は、兵糧、武器、兵等の補給基地の役割を果した