城村城 じょうむら

 

山鹿市大字城字城

築城:戦国j時代

城村城は、菊地家の三家老の一人 城 氏の居城であった

城 氏は、その後隈本城に移り その後、隈部親永の子 親泰の居城となる

天正15年(1587年) 国人衆一揆の首謀者である

隈部親永が、隈府城を落とされ、城村城に篭り

当時、男女1万5千の人が篭っていた

九州の諸将が救援に入り 一揆は鎮圧した

隈部 親永・親泰親子は切腹した