水俣城 みなまた

 

水俣市陣内字古城

築城:南北朝時代 水俣氏

戦国時代 水俣城は、相良家の領地で

天正7年(1579年)水俣城は、島津軍に囲まれた

ある夜に宴会が開かれ 

「秋風にみなまた落ちつる木の葉かな」と矢文を水俣城に送った

そして水俣城側からは

「よせてはしずむ月のうら波」と返事が来た

島津軍は、一旦兵を引くが

2年後、相良家は、水俣の支配を放棄し島津軍に明渡した