宇留津城 うるつ

【宇留津城 本丸跡】

福岡県築上郡椎田町宇留津

別名:塩田城

築城:元暦年期(1184〜85)

源 義経が緒方惟栄に命じて築城

後に賀来氏が城主となる

天正十四年(1586年)豊臣秀吉の九州討伐を開始

まずこの宇留津城を攻めた 沼地で攻めに苦しんだ豊臣軍は

一頭の白い犬が堀の周囲を歩き やがて或る箇所に泳ぎ城内に入る

この時 軍監:黒田官兵衛はこの隙を見逃さず

堀の浅瀬だとばかりに総攻撃し 宇留津城は落城

賀来氏は一族討ち死にした