唐津城 からつ

 

唐津市東城内

別名:舞鶴城

築城:慶長13年(1608年)寺沢 広高

寺沢 広高は 秀吉の死後

関ケ原の合戦で東軍に加担

肥後天草一群を加増 12万石の大名となる

当時、名護屋城を居城とするが、領国経済には不便な為

唐津の地に築城始めたのが始まりだった

唐津城築城の際 廃城となった名護屋城の

諸櫓や諸門など唐津に移す

二代目当主 堅高の時に、島原・天草の乱の

失政で、領地没収され 堅高は、自殺して 断絶となる

 その後は、幕府直轄領となり

大久保・松平・土井・水野・小笠原との譜代大名が

城主となる