山隈城 やまぐま

小郡市山隈

別名:花立山城

築城:正平14年「延文4年」(1357年) 少弐頼尚

山隈城は、筑前・筑後の国境地帯にある山城である

築城当時には、北朝軍と南朝軍との激しい戦いがあり

山隈城は、北朝軍の本陣として築城した

戦国時代になると筑前 古処山城主 秋月種実の支城となる

天正15年(1587年)九州平定後

小早川隆景の領地となり修築

慶長5年(1600年)小早川家が国替えとなって

山隈城は、廃城となった