下高橋城 しもたかはし

三井郡大刀洗町下高橋

築城:不明

高橋家は、高祖山城主 原田泰種の次男 光種から始まり

長種まで7代までの居城であった

しかし、長種には、嗣子が無くこのまま病死すると

豊後の大友宗麟は、同じ大友一族で一万田左馬介を

高橋家に継がせ 高橋鑑種と名乗り

筑前:宝満城に居城し 岩屋城を支城とする 

後に鑑種は毛利元就と内通し 

大友宗麟に叛旗を翻すことになる