猫尾城 ねこお

 

【左:本丸跡にある城跡の石碑 右:本丸にある石垣】

八女郡黒木町北木屋

築城:文治年間(1185年〜90年) 源 助能

源助能は 後に黒木と名を改め

代々の黒木家の居城となる

黒木家は 永禄7年(1564年)

大友宗麟に攻められ降伏 

天正12年(1584年)再び大友家に叛き 

立花道雪 高橋紹運に攻められ

落城した。この時城主 黒木実久は、自害

介錯したのが、実久の娘で13歳の少女だった

娘のその後は、助命され 

肥前鍋島家の家臣 大木家に嫁いだ