松山城 まつやま

【松山城本丸付近の石垣:】

京都郡苅田町

築城:天平一二年 740年 藤原広嗣

永禄四年1561年〜同年一二年1569年まで

毛利家の出城であり、毛利元就の五男

元秋が在城していた

大友家の激しい攻撃にも耐え

永禄七年1564年には、毛利大友家の講和で

大友家に返されたもの永禄九年に

毛利家が再び取り奪った

慶長五年1600年 細川忠興が豊前に入国した

同年十一年に松山城は廃城となる