柳川城 やながわ

 

【左;天守台跡 右:石垣】

柳川市本城町

別名:柳河城

築城:文亀年期(1501〜04年)蒲池 治久

柳川城は、蒲池城の支城として築城し

治久の孫である鑑盛の時に勢力を増し 

蒲池城から柳川城を居城となる

天正9年(1581年)

肥前の龍造寺隆信は、柳川城攻めるが

落とす事、出来ず 和議を申し入れる

和睦後 蒲池 鎮漣は、

龍造寺隆信がいる佐賀城へ赴く時に 謀殺

攻められ 柳川城は落城となる

天正15年(1587年) 豊臣秀吉の九州統一後

立花宗茂が13万石で入国するが、関ケ原合戦で西軍に加担し 

宗茂の領地は、没収 改易となる

元和6年(1620年)田中家が断絶し

立花宗茂が、再び柳川城主となり幕末まで栄える

明治五年 失火により 五層天守は燃えた