久留米城 くるめ

 

【左:本丸跡 右:壕跡】

久留米市篠山町

別名:篠山城

築城:永正年期(1504〜21年)

久留米城は、天正15年(1587年)豊臣 秀吉の九州統一にて

小早川 秀包が3万5千石の城主となる

関ケ原の合戦で 西軍に加わり 秀包の領地は、改易となり

田中 吉政が筑後一国32万石の領地となる

柳川城を拠城として 久留米城は支城となる

元和6年(1620年)田中家当主 忠政が病死

嗣子が居ない為、田中家は断絶

新しく、丹波福知山城主 有馬豊氏、23万石として入国した