大宰府政庁 だざいふせいちょう

 

【左:正殿跡と礎石と大野城遠望 右:正殿を囲む築地跡】

太宰府市 観世音寺/坂本

別名:都府楼  都城

築城:7世紀後半 天智天皇

大宰府は、九州と壱岐・対馬の内政総官の中心として機能し

対外交渉としても重要な役割果たし

「遠の朝廷」と呼ばれていた

天智3年(663年) 白村江の戦いで敗れた

日本は、唐・新羅連合に戦いに備え

大宰府政庁の周りに 大野城 基肄城、水城など造らせた