本文へスキップ

川崎市を拠点に活動する腹話術サークル:腹話術の会きずな

川崎市拠点に活動する腹話術サークル。腹話術の会きずな

腹話術の会きずなのホームページへよう

腹話術の魅力

 1歳から100歳までの人から喜ばれる芸です。こんなに幅広い層の人に喜ばれる芸はめったにありません。人形がまるで生きているように話す、人形ならではの不思議な魔力と魅力。初めての人はびっくり、子供の頃に見た事のある人はなつかしがります。演芸はもちろん、教育、医療、福祉などにも活用できます。一人で出来るのも、この芸の特徴です。

腹話術の会きずな

 前身は1985年に結成された「京浜腹話術の会」。2005月に装いも新たに「腹話術の会★きずな(現在は「腹話術の会きずな」に修正)」として再スタート。「楽しく、いきいきと」をモットーに、月回の定例会、年回の親睦研修旅行などで、勉強を重ねながら、保育園、小学校、図書館、福祉施設、高齢者施設、お祭り、イベントなどに出演、また全国の被災地を訪問している。こうした活動が認められ、2007年「神奈川地域社会事業賞」を受賞。

「腹話術の会きずな」の7大特徴

①「楽しく、仲良く、元気よく」がモットー。
②親切に教え合い、育て合う。
③公平・平等、みんなで運営。
④垣根を作らず、他のサークルや流派とも交流。
⑤被災地などへの激励公演。
⑥「きずな通信」を毎月発行、遠隔地の人にも役立つ内容。
⑦講師のアドバイスや台本添削も。

新着情報

<新着情報>
・2021年9月1日更新
 第15回発表会(9月19日開催予定)は中止します。
 →イベント案内

・2021年9月19日更新
 東京新聞が、しろたに先生のエッセイ「ねえ、ゴローちゃん!腹話術の旅日記ー強い子ってやさしいんだよ 子どもたちの胸に届いた」を掲載。
  →「最近の活動」




お問い合わせ

腹話術の会きずな

〒212-0051
神奈川県川崎市幸区東古市場9-21 
しろたに まもる
TEL.044-544-3737
FAX.044-544-3737
Mail:shirotanim@22.netyou.jp

スマートフォン版