9月の主な行事・祭り・他 (日時・料金・中止・延期など、総ての最終確認を自己責任でどぞ!
おすすめ

●烏相撲と重陽神事  9. 9(日)

上賀茂神社(加茂別雷神社) http://www.kamigamojinja.jp/

10:00AM〜
細殿の前に土俵を設け、刀祢(トネ)が「カーカーカー、コーコー」と鳴き声を出したのち、氏子の子供たちによる相撲が取られる。
重陽の神事は、神せんと共に菊の花を添えて奉るもので、昔は宮中の行事であった。

北区上賀茂本山
問:075-781-0011

●勅祭石清水祭  9. 15(土)

石清水八幡宮 http://www.iwashimizu.or.jp/

葵祭、春日祭とともに、日本三大勅祭の一つで貞観5年(863)の放生会が始まり。
深夜、山上の本殿から御神体を乗せた3基の鳳輦が麓の頓宮に下座する。
その行列は平安時代の王朝絵巻の再現である。

八幡市八幡高坊30
問:075-981-3001

●聖護院門跡特別公開  9. 15(土)〜11. 25(日)

聖護院  http://www.shogoin.or.jp

狩野派による150面を超える襖絵や障壁画を公開。重要文化財の本尊不動明王や後水尾天皇ゆかりの書院も公開されます。

開催時間・営業時間
9時30分〜16時受付終了(16時30分閉門) 

料金
大人 800円  中学・高校生 500円  小学生以下無料(保護者同伴) 

お問い合わせ
 電話番号: 075-771-1880

●平安神宮 神苑の無料公開   9. 19(水)

平安神宮 http://www.heianjingu.or.jp

8:30AM〜4:30PM
約3万3千平方メートルの池泉回遊式庭園で、萩やフジバカマなど秋の七草が見ごろ。

左京区岡崎西天王町
問:075-761-0221

●西陣伝統文化祭「千両ヶ辻」  9. 23(祝)  午前10時〜午後4時半

 http://www.senryougatsuji.com/

「千両ヶ辻」は、江戸時代中期以降、一日に千両に値する生糸・織物を商った西陣の中心地でした。
 当時の活気に溢れた町並みを再現させるべく、毎年 晴明神社の晴明祭に合わせて伝統文化祭「千両ヶ辻」を開催しています。着物が似合う町で、着物でまち歩きいかがですか。

料金
一部体験型のものは有料 

会場
千両ヶ辻

問い合わせ
1000ryougatuji@gmail.com(西陣伝統文化祭「千両ヶ辻』 実行委員会) 

●櫛 祭   9. 24(休) 

安井金比羅宮

1:00PM〜
女性の髪を美しく飾り、彩りを添える櫛に感謝し、供養する祭。
2:00PM〜
女性達による時代風俗行列が祇園界隈を練り歩きます。(巡行は雨天の場合中止)

東山区東大路松原上る
問:櫛祭実行委員会(エメラルド美容室) 075-551-0127
 

中・長期間
●嵯峨野トロッコ列車運転始動   3. 1(木)〜12. 29(土)  
   
 https://www.sagano-kanko.co.jp/   

定休日  水曜日(水曜日が祝日の場合は運転)   
 ※ただし、春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・紅葉の時期には水曜日も運転   
   
運賃(片道)  大人 620円  小人 310円   

お問い合わせ   
テレホンサービス  電話番号: 075-861-7444   

●保津川下り運航   18. 3. 10(土)〜19. 3. 9(土)  

  http://www.hozugawakudari.jp/  

亀岡から京都の嵐山まで約16キロの渓谷を約2時間で下るスリルに富んだ船下り。   
冬期(12月12日〜3月9日)はお座敷暖房船で運航される。   

【運航日】   
年末年始、荒天時を除く毎日運航   
※12月29日〜1月4日は運休   

暴風雨、増水時は運航中止となるため、事前に要確認   

料金   
大人 4,100円  小人 2,700円   

お問い合わせ   
保津川遊船企業組合  電話番号: 0771-22-5846   

●貴船の川床  5. 1(火)〜9. 30(日)  

 https://kyoto-design.jp/special/kibune

京の奥座敷、貴船の川床は市中より5?10℃気温が低く、清流貴船川のせせらぎを間近にして料理が楽しめる。   

備考   
期間はお店により異なる   

お問い合わせ   
貴船観光会  電話番号: 075-741-4444   

●鴨川納涼床  5. 1(火)〜9. 30(日)  

京都鴨川納涼床協同組合 http://www.kyoto-yuka.com/ 

鴨川西岸の二条から五条間の料理屋、旅館など約90余店が床を組んで夏の涼をとりながら、京料理だけでなく、フレンチ、イタリアン、中華など様々なジャンルの料理が楽しめる。   

お問い合わせ     
京都総合観光案内所 電話番号: 075-343-0548   

●しょうざん溪涼床  4. 27(金)〜9. 30(日)  

 http://www.shozan.co.jp/restaurant/yuka.html

洛北・鷹ヶ峰の広大な日本庭園を流れる清流・紙屋川の上に張り出した床で、京料理を堪能し、市内の喧噪を忘れ静かなひとときが満喫できます。   

開催時間・営業時間   
11時30分〜15時(ラストオーダー13時30分)   
※11時30分〜13時、13時30分〜15時の二部制   
17時〜21時30分(ラストオーダー19時45分)   

お問い合わせ   
しょうざんリゾート京都  電話番号: 075-491-5101   

●高雄「川床」   4. 1(日)〜11. 30(金)  

 http://www.kyo-takao.com  

紅葉の名所「高雄」。街中より3?5度気温が低く、花の床、納涼の床、紅葉の床といった四季折々の美しい情景のなかで京料理を賞味。   

備考   
夜の営業は6月上旬〜9月下旬のみ   
 ※期間はお店によって異なります。   

お問い合わせ   

もみぢ家 電話番号: 075-871-1005   

●京都伏見十石舟運航.   3. 24(土)〜12. 2(日)  

 http://kyoto-fushimi-kanko.jp/ship/  

江戸時代の伏見は、港町として賑わった。当時、資材や人を乗せていた舟を再現し、観光船として運航。   
月桂冠大倉記念館南側の乗船場から三栖閘門を往復する。三栖閘門で一旦下船し、三栖閘門資料館を見学後再び乗船。所要時間約55分。 

開催時間・営業時間   

10時発〜16時20分発まで(季節による変更有り)   

料金   
大人(中学生以上)1,200円  小人 600円   

お問い合わせ   
十石舟・三十石船乗船受付  電話番号: 075-623-1030   

開催場所  月桂冠大倉記念館裏   
 

月初〜月末

 中秋の名月 2018

 http://www.the-kyoto.jp/calendar/kangetsu.html
   http://kanko.city.kyoto.lg.jp/feature/meigetsu.php



●フラワーパーク・コスモス園開園  9月初旬〜10月中旬

http://www.parkway-hankyu.com/facilities/?id=1288244894-232829
大変申し訳ございませんが、H29年のフラワーパークは休園させていただきます。来年H30年春の開園までお待ち下さい。

嵐山高雄パークウェイ内「観空台遊園地」隣り

10:00AM〜4:00PM
嵐山高雄パークウェイに「フラワーパーク・コスモス園」が開園します。
10万本以上の色とりどりのコスモスが山の斜面いっぱいに咲き誇ります。

右京区梅ヶ畑
問:西山ドライブウェイ(株) 075-311-3731

●冨田屋 夏のしつらえ  6. 1(金)〜9. 30(日)

西陣くらしの美術館 冨田屋  http://www.tondaya.co.jp/

伏見の両替商であった冨田屋が西陣に移転し、呉服商として商い始めたのは明治初期。平成11年には国の登録有形文化財の指定を受け、それを機に予約開放されるようになった。
京の町家の衣替え。襖は簾にして風通しよく畳にはあじろを敷いて。
内容:「町家見学」+「しきたりのお話」

開催時間・営業時間
10時〜17時(最終入館16時) 

料金
会費 2,000円(税別) 

備考
要予約 

お問い合わせ
西陣くらしの美術館 冨田屋
  電話番号: 075-432-6701 

●上七軒ビアガーデン  7. 1(日)〜9. 5(水)

打水された歌舞練場のお庭で夏の宵のひと時を心ゆくまでお楽しみください。
ゆかた姿の芸妓、舞妓がおもてなし。

定休日
8/14〜8/16 

開催時間・営業時間
17時30分〜22時(ラストオーダー21時30分) 

備考
予約優先 

お問い合わせ
上七軒歌舞練場
  電話番号: 075-461-0148 

●真珠庵  9. 1(土)〜12. 16(日)

京都春秋  http://kyotoshunju.com

現代作家が描く新襖絵の公開、その他、通常非公開の書院「通僊院」や茶室「庭玉軒」、村田珠光作庭と伝わる「七五三の庭」が公開される。

定休日
10/19〜10/21は拝観休止 

開催時間・営業時間
9時30分〜16時(受付終了) 

料金
拝観料 
  大人 1,200円  中学・高校生 600円 小学生以下無料(保護者同伴に限る) 

備考
書院「通僊院」及び茶室「庭玉軒」は未就学児の入場不可 

お問い合わせ
京都春秋
  電話番号: 075-231-7015 

●八朔祭  9. 2(日)

松尾大社 http://www1.neweb.ne.jp/wa/matsuo/

10:00AM〜祭典
二百十日前後の風雨安穏・五穀豊穣・家内安全が祈願され、奉納大相撲が行われる。
4:00PM頃からは嵯峨野六斎念仏が奉納される。

西京区嵐山宮町
問:075-871-5016

●平岡八幡宮「花の天井」秋の特別拝観.  9. 7(金)〜12. 2(日)

本殿内陣天井に描かれた44種の花の絵は江戸期のもの。

開催時間・営業時間  10時〜16時(最終受付は15時30分頃)

料金  拝観料 800円(宮司のお話と大福茶付き)

備考
10/2、10/8〜10/10は拝観休止

お問い合わせ

平岡八幡宮
電話番号: 075-871-2084

●京都レトロモダン2018 in nagaokakyo  9. 7(金)〜9. 15(土)

オシャレに彩られたいつもとは違う市内の景色や店舗の装飾、食事が楽しめる街歩きイベントです。
世界で活躍する映像作家によるウォーターアートプロジェクションやプロジェクションマッピング、レーザーショー等の映像演出が市内各所で楽しめます。

お問い合わせ
長岡京市商工観光課
  電話番号: 075-955-9515

●観月茶会   9. 7(金)〜9. 23(祝)の金・土・日

高台寺 http://www.kodaiji.com/

高台寺「湖月庵」で呈茶、「羽柴」での点心。
高台寺・圓徳院のお庭鑑賞、「掌美術館」見学、石塀小路でのコーヒーまたは紅茶の接待と、内容は盛りだくさん。
庭から仰ぎ見る月も格別の美しさ。
料金 6,000円(茶席、拝観料、点心込)
所要 約2時間30分
<お申し込みは参加希望日前日の午後4時までにご予約ください>

備考
当日お茶会の受付は、午後5時〜午後6時までにお済ませ下さい。

東山区高台寺下河原町526
問:075-561-9966

●三重塔(国宝)開扉  9. 8(土)

浄瑠璃寺

塔内に安置されている薬師如来坐像(重文、一木造、藤原時代)を拝することが出来る。
※晴天時のみ公開。

木津川市加茂町西小札場
問:0774-76-2390

●「名月の宴」  9. 8(土)

勝竜寺城公園 http://www.city.nagaokakyo.kyoto.jp/

18時〜20時30分
勝竜寺城公園に舞台を設置し、琴・詩吟・詩舞・日舞などによる演奏会などを行う。また、お茶席(野点)を設ける。
雨天の場合は、9/14(日)
人々の生活様式や文化の多様化が急速に進み、日常生活の中で各種芸能に接する機会が減少してきた昨今、伝統芸能文化の理解と伝承を目的に実施。

長岡京市勝竜寺
問:長岡京市文化協会事務局(長岡京市教育委員会生涯学習課内) 075-955-9734

●大徳寺塔頭・興臨院秋季特別拝観  9. 8(土)〜9. 30(日)

 http://kyotoshunju.com

開催時間
10:00〜16:00(9/20〜22は拝観休止)

大徳寺塔頭の一つで加賀前田家ゆかりの寺院。本堂、表門、唐門など重文の禅宗建築。

開催時間・営業時間  10時〜16時(受付終了) 

拝観料 
  大人 600円 
  中学・高校生 400円
  小学生 300円
※黄梅院・総見院・興臨院 共通拝観券1,500円 

お問い合わせ
京都春秋事務局 電話番号: 075-231-7015

●烏相撲と重陽神事  9. 9(日)

上賀茂神社(加茂別雷神社) http://www.kamigamojinja.jp/

10:00AM〜
細殿の前に土俵を設け、刀祢(トネ)が「カーカーカー、コーコー」と鳴き声を出したのち、氏子の子供たちによる相撲が取られる。
重陽の神事は、神せんと共に菊の花を添えて奉るもので、昔は宮中の行事であった。

北区上賀茂本山
問:075-781-0011

●御田刈祭  9. 9(日)

大原野神社 http://www.kyoto-web.com/oharano/

10時〜
奈良春日大社を勧請した古社の祭で、江戸時代から行われていると伝えられ、神事の後、四本柱と相撲を取る真似をする珍しい神相撲が行われます。奉納相撲では小学生や幼児も赤い褌をつけて、土俵入りが行われます。

西京区大原野南春日町
問:075-331-0014

●柴燈大護摩法要(さいとうおおごまほうよう)  9. 9(日)

神童寺 

護摩木を焚き、無病息災や厄除けなどを祈る行事

開催時間・営業時間
先達・僧侶の法要 13時30分頃〜(約1時間) 

料金
護摩木 1本200円 

備考
小雨決行(荒天時中止) 

お問い合わせ
 電話番号: 0774-86-2161

●謡と舞の奉納 重陽の節会   9. 9(日)

虚空蔵・法輪寺  http://www.kokuzohourinji.com/

菊の節句と呼ばれ、菊の花のしずくから霊薬を得、長寿を保つと伝う長寿祈願が行われます。
謡と舞の奉納も山腹の寺院に趣を与えます。

西京区嵐山虚空蔵山
問:075(862)0013 

●菊酒の振る舞い 重陽祭   9. 9(日) 

車折神社  http://www.kurumazakijinja.or.jp/

平成9年に130年ぶりに再興された催事は好評。
菊の挿頭(かざし)をつけて舞う舞楽は洛西の社に趣を添えます。
菊酒も振る舞われます。13時頃始まります。

右京区嵯峨朝日町
問:075(861)0039

●冨田屋 重陽の節句   9. 9(日)〜10. 9(火)

冨田屋 http://www.tondaya.co.jp/

9月9日は重陽の節句、別名菊の節句と言います。
菊酒を飲んで家族の長寿や一家の繁栄を祈る行事です。

<時間>
11時〜13時
<内容>
「町家見学」+「しきたり・重陽の節句のお話」+「お食事」
<定員>
20名(予約は2名以上)
<料金>
8,000円(税別) 重陽見学とお話のみ 2,000円(税別)

上京区大宮通一条上ル
問:075-432-6701

●御鎮座記念祭・奉灯祭  9. 14(金)

平野神社 http://www.geocities.jp/daa01397/

万灯祭(6:00PM〜)では、800もの灯明が点灯されます。
拝殿では能、詩吟、舞楽、民謡、日本舞踊等が行われます。

北区平野宮本町
問:075-461-4450

●清水 青龍会 -観音加持-   9. 14(金)〜9. 15(土)

清水寺 http://www.kiyomizudera.or.jp/

2:00PM〜
大群会行の行道が奥之院「八功徳水の儀」に始まり、境内、門前町を練り-観音加持-を施します。

東山区清水1丁目
問:075-551-1234

●第2回 全国梅酒まつりin京都2018  9. 14(金)〜9. 17(祝)

 北野天満宮

 http://umeshu-matsuri.jp

日本伝統の食文化「梅酒」の魅力を広く発信するイベント。
メインイベントは全国約140種以上の酒蔵がつくる梅酒から選んで飲み比べできる試飲会。(有料)
その他、全国の梅酒の即売会、梅酒とお料理のマリアージュなど

開催時間・営業時間
9/14 13時〜19時
9/15〜9/16 10時〜18時
9/17 10時〜16時 

料金
当日券 1,500円
前売券 1,300円
※前売券は8/1からセブンチケットにより発売予定 

お問い合わせ
一般社団法人梅酒研究会
  電話番号: 03-6228-1183 

●勅祭石清水祭  9. 15(土)

石清水八幡宮 http://www.iwashimizu.or.jp/

葵祭、春日祭とともに、日本三大勅祭の一つで貞観5年(863)の放生会が始まり。
深夜、山上の本殿から御神体を乗せた3基の鳳輦が麓の頓宮に下座する。
その行列は平安時代の王朝絵巻の再現である。

八幡市八幡高坊30
問:075-981-3001

●義経祭  9. 15(土)

鞍馬寺 http://www.kuramadera.or.jp

牛若丸、そして遮那王の鞍馬寺。
七歳から約10年間、多感な幼少時代を鞍馬で送り、源平の戦の渦中で花を咲かせ、衣川での悲しい最後。
御魂はなつかしい鞍馬山に戻り遮那王尊となって、護法魔王尊の脇侍として、奥の院の義経堂に祀られているといいます。
11:00AM〜本殿で遮那王尊の法要が営まれ、武道等の奉納行事が行われます。

左京区鞍馬本町1074
問:075-741-2003

●秋のお彼岸特別拝観  9. 15(土)〜9. 17(祝)

六道珍皇寺 http://www.rokudou.jp

100年ぶりに修復された鐘楼の梵鐘を撞き、彼岸にあたりご先祖様に報恩の誠を捧げる。
また、小野篁卿「冥途通いの井戸」や多くの寺宝が特別公開される。 

お問い合わせ
  電話番号: 075-561-4129 

●聖護院門跡特別公開  9. 15(土)〜11. 25(日)

聖護院  http://www.shogoin.or.jp

狩野派による150面を超える襖絵や障壁画を公開。重要文化財の本尊不動明王や後水尾天皇ゆかりの書院も公開されます。

開催時間・営業時間
9時30分〜16時受付終了(16時30分閉門) 

料金
大人 800円  中学・高校生 500円  小学生以下無料(保護者同伴) 

お問い合わせ
 電話番号: 075-771-1880 

●博物館さがの人形の家「秋期展」  9. 15(土)〜12. 13(木)

博物館さがの人形の家 http://sagano.lovepop.jp/

可愛らしく白い肌の御所人形。気品あふれる御所人形を展示。

火曜日休館(祝日は開館)

開館時間
 9時30分〜17時

観覧料
 一  般 800円
 中高生 500円

右京区嵯峨鳥居本仏餉田町12
問:075-882-1421

●敬老祭  9. 17(祝)

地主神社 http://www.jishujinja.or.jp/

2:00PM〜
ご老人の健康とさらなる長寿を祈願する祭典。
健康・長寿の守り神「大田大神」を祀る地主神社。
当日に限り65歳以上の方に「長寿箸」「開運こづち」が授与されます。

※清水寺の入山料300円が必要

東山区清水1丁目(清水寺内)
問:075-541-2097

●豊国神社例祭・献茶祭  9. 18(火)〜9. 19(水)

豊国神社

祭神の豊臣秀吉の命日にあたる新暦の当日に営まれます。
18日は舞楽や巫女の神楽舞が奉納されます。
19日は薮内流家元による献茶式が行われます。
唐門は国宝。

東山区大和大路通正面東入ル茶屋町
問:075-561-3802

●平安神宮 神苑の無料公開   9. 19(水)

平安神宮 http://www.heianjingu.or.jp

8:30AM〜4:30PM
約3万3千平方メートルの池泉回遊式庭園で、萩やフジバカマなど秋の七草が見ごろ。

左京区岡崎西天王町
問:075-761-0221

●醍醐寺霊宝館 秋期特別公開  9月下旬〜12月初旬(予定)

醍醐寺  http://www.daigoji.or.jp/

醍醐寺の寺宝・伝承文化財は、約15万点におよび、古代、中世以来の貴重な宝物が静かに安置され、その一部が公開されます。

拝観料
1,500円

問い合わせ
075(571)0002 

●東寺「宝物館」秋期特別展  9. 20(木)〜11. 25(日)

 http://www.toji.or.jp/

日頃公開しない数多くの寺宝・国宝・重文のなかから抜粋して公開される、秋の特別展。

開催時間・営業時間

9時〜16時30分閉門(16時受付終了)

料金 500円(宝物館のみ)

お問い合わせ
東寺(教王護国寺)  電話番号: 075-691-3325

●上京薪能  9. 21(金)

白峯神宮

市民の薪能として、一部と二部に分かれ舞囃子、仕舞、琴と在洛諸派の能いずれかと、茂山社中の狂言などが演じられます。
※雨天の場合は河村能舞台で開演

料金は昨年度例 当日券 2,500円 前売券 2,000円
時間 一部 4:00PM〜(予定) 二部 6:00PM〜(予定)

問:上京区役所まちづくり推進課 075-441-0111
上京区今出川通り堀川東入飛鳥井町261

●水草展   9. 21(金)〜9. 23(祝)

京都府立植物園  http://www.pref.kyoto.jp/plant/

沈水性の水草の展示販売、水草を活用したジオラマ展示。

開催時間・営業時間
9時〜17時(入園は16時まで) 

料金
入園料
  一般 200円
  高校生 150円
  中学生以下無料
※障害者手帳を持参の方は無料
※府立陶板名画の庭との共通入園券有り
※70歳以上の方は証明提示で無料 

お問い合わせ
  電話番号: 075-701-0141

●お砂踏法要  9. 21(金)〜9. 23(祝)  

今熊野観音寺  http://www.kannon.jp/ 

9時〜16時 参拝者は、お授けを受け、用意された四国霊場ご法印のオイズルを着て、納札を各霊場に納め、巡拝します。
八十八カ所霊場を巡ったのと同様のご利益があるといわれています。

参拝冥加料 1300円

連絡先 Tel:075-561-5511

●神泉苑観月会  9. 22(土)

神泉苑(真言宗寺院) http://www.shinsenen.org/

本堂にて、観月法要ののち、龍王社拝殿での奉納演奏、舟中にて抹茶接待(有料)などが行われます。

お問い合わせ  
電話番号: 075-821-1466

●晴明神社例祭   9. 22(土)〜9. 23(祝)

晴明神社  http://www.seimeijinja.jp

22日 5:00PM〜 宵宮祭
23日 1:00PM〜 神幸祭
祭神は平安中期の天文学者であり、陰陽師の安倍晴明。
今日の日常生活の基準となる、暦術・年中行事・占法などを定めた陰陽道の祖として有名。

葭屋町通一条上る晴明町806-1
問:075-441-6460

●萩まつり   9. 22(土)〜9. 24(休)

梨木神社  http://nashinoki.jp/

境内には約500株の萩があり、虫籠に鈴虫を入れて神前に奉納。
萩の枝には訪れた人々の献句の短冊が吊され、拝殿で狂言、舞刀吹A琴の演奏などがあります。
期間中、お茶席も設けられます。

上京区寺町通広小路上ル染殿町
問:075-211-0885

●観月の夕べ   9. 22(土)〜9. 24(休)

旧嵯峨御所 大本山大覚寺 http://www.daikakuji.or.jp

名月観賞の地、大沢池にて舟上より観月。
期間中、茶席や模擬店があり、雅やかな時間が過ごせます。

開催時間・営業時間
17時〜21時頃 

料金  未定 

お問い合わせ
旧嵯峨御所 大本山大覚寺(大沢池)
  電話番号: 075-871-0071

●藤袴と和の花展  9. 22(土)〜10. 8(祝)

梅小路公園 http://www.kyoto-ga.jp/

内容
絶滅寸前種のフジバカマをはじめとする京都の希少植物を含め、約160種・500鉢を朱雀の庭に展示。

問合わせ先
(財)京都市都市緑化協会:TEL.075-352-2500

京都市下京区観喜寺町 他

●亀岡「夢コスモス園」   9. 22(土)〜10. 28(日)

http://www.kameoka.info/feature/cosmos/

自然がいっぱい、緑がいっぱいの亀岡に、関西有数の規模を誇るコスモス園がオープンします。約4.5haの面積に20品種約800万本のコスモスが風にそよぐ姿は圧巻。

早咲きの品種もありますので、期間の初めにも楽しめます。よく目にするセンセーションのほか、「イエローキャンパス」「ハッピーリング」「ソナタ」「サイケ」など珍しい品種もあり、歩くほどに新しい発見があるでしょう。

園内では、丹波亀岡の味覚が一堂に集結する「丹波味わい市」や、ユーモラスな作品が盛りだくさんの「創作かかしコンテスト」など1日中楽しめるイベントがいっぱいです。

亀岡運動公園体育館横に、品種をそろえたコスモス園が広がる。
期間中、味わい市や地元産品直売市などを開催。

亀岡市吉川町・曽我部町
問:実行委員会事務局 0771-29-5152

●高瀬川舟まつり  9. 23(祝)

高瀬川一之船入付近

10:30AM〜4:00PM
高瀬川の水運の起点の「一之船入」付近で、先斗町の舞妓さんによるお茶の接待ほか、いろいろな催しがあります。

木屋町通二条下る
問:金茶寮 075-231-3722

●三重塔(国宝)開扉  9. 23(祝)

浄瑠璃寺

塔内に安置されている薬師如来坐像(重文、一木造、藤原時代)を拝することが出来る。

※晴天時のみ公開。

木津川市加茂町西小札場
問:0774-76-2390

●秋季彼岸会  9. 23(祝) 

三千院  http://www.sanzenin.or.jp/

曼荼羅の絵図に声明を唱え、ご先祖様へ感謝を捧げる法要。

開催時間・営業時間
11時〜(予定) 

お問い合わせ
三千院
電話番号: 075-744-2531  

●第16回西陣伝統文化祭「千両ヶ辻」  9. 23(祝)  午前10時〜午後4時半

 http://www.senryougatsuji.com/

「千両ヶ辻」は、江戸時代中期以降、一日に千両に値する生糸・織物を商った西陣の中心地でした。
 当時の活気に溢れた町並みを再現させるべく、毎年 晴明神社の晴明祭に合わせて伝統文化祭「千両ヶ辻」を開催しています。着物が似合う町で、着物でまち歩きいかがですか。

伝統と接する
*創業280年の老舗ほか各家のコレクション展示
*西陣織、和装品の展示・販売
*晴明神社 祭礼巡行

文化に触れる
*千両ヶ辻界隈の景観建造物を一部公開
*講演会(京都市考古資料館)開催
  「西陣の遺跡」(講師 末次由紀恵)
*西川影戀日本舞踊教室[れんの会]ワークショップ
*千両ヶ辻をきもので楽しむ
 着物ショー参加と西陣織問屋十代目特別講演、お食事付(予約・問い合わせ京都市観光協会)
*千両ヶ辻歴史年表の公開
*西陣千両ヶ辻文化検定
*同志社大学人力車友の会による人力車体験(和装の方無料)

町家を楽しむ
*京町家・坪庭に一般公開
*町家レストラン 食事処・茶房

料金
一部体験型のものは有料 

会場
千両ヶ辻

問い合わせ
1000ryougatuji@gmail.com(西陣伝統文化祭「千両ヶ辻』 実行委員会) 

●観月の夕べ  9. 23(祝)〜9. 24(休)

けいはんな記念公園「水景園」
 https://keihanna-park.net/

日本庭園「水景園」内の「観月楼」「観月橋」をライトアップし、庭園から月を眺めながら、夕べの風情を楽しむ。
水景園を無料開放し、月の音楽会や月の天体観測、月のアート展など、月をテーマにしたイベントを開催。

お問い合わせ
けいはんな記念公園「水景園」
  電話番号: 0774-93-1200 

●京都府立植物園 「名月観賞の夕べ」  9. 24(休)

府立植物園  http://www.pref.kyoto.jp/plant/

秋の一夜に植物園を夜間開放し、爽やかな風と心地よい芝生が生える大芝生地で中秋の名月を観賞。
園内大芝生地では野外音楽会(18時30分〜20時30分)を実施。

料金  入園料 無料

お問い合わせ

京都府立植物園 
電話番号: 075-701-0141

●名月管絃  中秋の名月  9. 24(休)

下鴨神社 http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

昭和38年から一般に公開された管絃祭。橋殿では舞楽、管弦、平安貴族舞、琴の奉納が行われます。斎庭では観月茶席が設けられます。

料金  茶席券 1,000円(予定)

お問い合わせ 
電話番号: 075-781-0010

●賀茂観月祭  9. 24(休)  

賀茂別雷神社(上賀茂神社) http://www.kamigamojinja.jp/

太鼓奉納などがあり、月見だんご(先着300名)、にごり酒の接待も予定。

開催時間・営業時間
17時30分〜 

お問い合わせ
  電話番号: 075-781-0011

●名月祭  9. 24(休)

平野神社 http://www.hiranojinja.com

神事(18時30分〜)の後、民謡、舞踏、雅楽の演奏が行われ、抹茶の接待(有料)も行われます。

お問い合わせ 電話番号: 075-461-4450

住所
京都市北区平野宮本町 

●明月祭(芋名月)  9. 24(休)

北野天満宮 http://www.kitanotenmangu.or.jp/

十五夜の名月を観賞する祭で、神前にずいきや里芋、月見団子などを供えることから別名「芋名月」とも呼ばれています。

お問い合わせ 
電話番号: 075-461-0005

住所
京都市上京区馬喰町

●祇園社観月祭   9. 24(休)

八坂神社 http://www.yasaka-jinja.or.jp/

舞殿にて、 祇園社観月祭が執り行われ、舞楽や箏曲などのさまざまな奉納行事もあります。

連絡先
075-561-6155

●観月会  9. 24(休)

智積院  http://www.chisan.or.jp/

僧侶による声明公演・月輪観(がちりんかん)(瞑想体験)と、お月見コンサートの二部構成で行われます。 

料 金
チケット(月見弁当・お茶付)前売3,700円(定員400名)※当日は4,200円(枚数限定) 

智積院会館宿泊パック 9,000円(1室2名以上)
※チケットにはすべて月見弁当・お茶付き。(上記金額は、昨年のものです。)

問合せ
075-541-5361 

●観月祭   9. 24(休)

松尾大社 http://www1.neweb.ne.jp/wa/matsuo/

筑紫舞や琴古流尺八、和太鼓の演奏。
観月祭俳句大会(当日受付、200円)も開催され、月見酒・月見酒まんの接待(先着500名)も有。

拝観料 大人 1,000円 高大生 500円

西京区嵐山宮町
問:075-871-5016

●御香宮神能  9. 24(休)

御香宮の能舞台で行われる能・仕舞・狂言。
歴史も古く、親しまれている催事です。

開催時間・営業時間  17時〜20時頃

料金
3,000円

お問い合わせ
電話番号: 075-611-0559

●櫛祭   9. 24(休)  

安井金比羅宮

1:00PM〜
女性の髪を美しく飾り、彩りを添える櫛に感謝し、供養する祭。
2:00PM〜
女性達による時代風俗行列が祇園界隈を練り歩きます。(巡行は雨天の場合中止)

東山区東大路松原上る
問:櫛祭実行委員会(エメラルド美容室) 075-551-0127

●ぜんそく封じ へちま加持   9. 24(休)  
     
赤山禅院 http://www.sekizanzenin.com/

赤山禅院は比叡山延暦寺の別院で、赤山苦行の霊場としても有名。
毎年中秋の名月に合わせて催される天台の秘法「へちま加持」は日中多くの参拝者が訪れます。
比叡山の大阿闍梨が加持した「へちまの御符」を持ち帰り祈願するとぜんそくに効き目があるといわれています。
当日はお札の授与と、粗飯、へちま汁、抹茶の接待が盛大に行われます。 

当日は無料送迎バスあり 加持料 3,000円

左京区修学院開根坊町 
問:075(701)5181

●特別企画 夜の無鄰菴へようこそ 「東山の名月をながめる会2018」  9. 24(休)

9月24日(月・祝) 19:00〜21:00 18:45 開場

以下URLより講座詳細をご確認いただけます。
 https://murin-an.jp/events/20180924/
 
9月24日、無鄰菴に集う日本文化の様々なジャンルをクロスオーバーして名月を味わう京都ならではの究極の「庭遊び」のイベントを開催。

中秋の名月に合わせ、夜の庭園で日本文化のいくつものジャンルを織り交ぜ、庭と一体となって楽しむ大人気企画です。京都でしか実現できない、最高に贅沢な名月の夜のひと時を提供します。今年は悠久の時を感じさせるしかけでいっぱいです。夜風に揺れる着物で月を想わせる柄ゆきや織りについて学び、茶席を楽しみ、最後に明かりを消して篠笛の演奏とともに名月を眺めます。

きもの:呉服おぎはら 荻原葉子 最高級の着物の展示と、きものの楽しみ方を伝えるミニレクチャー
和菓子:御菓子司 末富 
お点前:千葉宗幸 月にちなんだモダンな和菓子を特別夜茶席にてご提供
音楽:篠笛 佐藤和哉 今夜のクライマックス。月明かりの中で幻想的な演奏

 定 員 70 名(要予約・先着順) 

料金
4,500 円(茶席限定50 席、バーカウンターは別料金) 
会場
夜の無鄰菴

問い合わせ
無鄰菴 tel:075-771-3909
京都市左京区南禅寺草川町31

●豊国神社で秀吉づくしの特別プログラム  9. 24(休)

<午前の部> 9:30〜12:30 (受付開始9:00〜)
<午後の部> 14:00〜17:00 (受付開始13:30〜)
 
【1日限りの特別企画】お早目のお申し込みを!
豊臣秀吉を祀る豊国神社で、国宝の唐門をはじめとした秀吉ゆかりの社宝の数々とともに、秀吉の七回忌の臨時祭礼を描いた「豊国祭礼図屏風」の高精細複製「伝匠美」を間近に解説付きで鑑賞します。豊国神社御用達 京菓子司 甘春堂での和菓子作り体験も秀吉がテーマ。はじめから終わりまで、秀吉づくしの3時間です。

 *事前申込みが必要です。
◆拝殿での特別参拝と国宝の唐門をはじめとした社宝の解説付き鑑賞
◆京都国立博物館 山本英男先生の解説で、重要文化財「豊国祭礼図屏風」(伝匠美)を間近で鑑賞
◆京菓子司 甘春堂で秀吉にちなんだ和菓子作り体験
※DNPデジタル高精細複製 伝匠美?
大日本印刷株式会社(DNP)が、文化財の「保存と公開の両立」を目的として開発した高精細複製です。高精細デジタル技術と伝統工芸の技を融合させることで、精緻な再現性と耐久性を実現しています。 

【プログラムの詳細・お申込み:https://kyo-asobi.kyoto/program/prg000013.html

料金
5,500円(税込) 

会場
豊国神社 (京都市東山区茶屋町530) 

問い合わせ
京あそび事務局
  Tel:075-223-0155 (平日10:00〜17:00) 
 Mail:bunkataiken@kyo-asobi.kyoto 

●相国寺 秋の特別拝観   9. 25(火)〜12. 15(土)

相国寺 http://www.shokoku-ji.or.jp/

10:00AM〜4:00PM
相国寺は足利三代将軍義満が、後小松天皇の勅命を受け、明徳3年に完成した一大禅苑である。

拝観場所:法堂、方丈、浴室
拝観料:一般・大学生 800円 65才以上・中学生 700円

備考
予告なく拝観休止または拝観場所を変更する場合有り

上京区今出川通烏丸東入ル相国寺門前町701
問:075-231-0301

●御香宮神幸祭   9. 29(土)〜10. 7(日)

御香宮神社 http://www.kyoto.zaq.ne.jp/gokounomiya/

「伏見祭」といわれる洛南の大祭。
室町時代の風流傘の伝統を今に伝える「花傘祭」ともいわれています。
花傘総参宮は9/29と10/6の18時頃から。10/7は早朝より神輿をはじめ、獅子若などの行列が氏子区域を巡行する。

伏見区御香宮門前町
問:075-611-0559

●煎茶献茶祭  9. 30(日)

平安神宮 http://www.heianjingu.or.jp

煎茶道六流派の各家元が毎年輪番でご神前にて厳かにお点前を披露(一般の方は参列できません)。
祭儀終了後、境内各所にて協賛茶席が設けられます。

お茶席券2席付 2,000円
10:00AM頃〜3:00PM受付終了

左京区岡崎西天王町97
問:075-761-0221

●芦生の森でエコキャンプ  

 http://miyama-kajika.com/tours/ashiu/
 http://miyama-kajika.com/

芦生の森でキャンプ。
1泊2日の芦生の森で一夜を過ごすプログラムです。
食事はスタッフが作ります。
テント泊です。
ゴミは全て持ち帰ります。

美山町自然文化村
  電話番号: 0771-77-0014
 
 

_/_/_/_/_/

●大徳寺本坊特別公開  2018年10月5日〜10月28日

京都春秋事務局 http://kyotoshunju.com

国宝の方丈、狩野探幽筆「方丈障壁画」の他、唐門、法堂の天井龍も公開予定。

開催時間・営業時間
9時30分〜16時(受付終了)
※法務により休止の時間もあります。 

拝観料
  大人 800円 
  中学・高校生 500円
  小学生以下無料(保護者同伴に限る

京都春秋事務局
電話番号: 075-231-7015

●正法寺公開  10. 27(土)〜10. 28(日)  11. 24(土)〜11. 25(日)

正法寺(八幡市) http://shoboji.or.jp

1191年開創。1546年、後奈良天皇の勅願寺となり、徳迎山と正法寺の勅額を賜う。現在の伽藍は、1630年、尾張藩祖 徳川義直の母(徳川家康公の側室 志水亀女)の菩提寺として再建された七堂兼備の大坊である。
公開日には重要文化財の建築物や大方丈の襖絵などが見学できる。

開催時間・営業時間  10時30分〜15時 

料金  700円 

お問い合わせ
  電話番号: 075-981-0012

●比叡山スタンプラリー  10月頃

比叡山延暦寺ほか  http://www.hieizan.or.jp/

比叡山の諸堂と周辺の観光スポットを巡る壮大なスタンプラリー。
達成者には絵皿や記念品などが用意されています。

問い合わせ
奥比叡ドライブウェイ 077-578-2139

音楽演奏やお茶会も開催予定。

●和太鼓と舞の夕べ 

  http://www.miyamanavi.net/news08b/

古き良き日本の原風景の色濃く残る山里、京都美山町の観光情報サイト。自然豊かな京都美山町の見どころはもちろん、宿泊施設やグルメなどを紹介します。

●萩まつり   萩鑑賞会  

* 萩観賞会(萩まつり)につきまして、お知らせいたします。 

 毎年、9月の中・下旬頃に開催してまいりました萩観賞会(萩まつり)は、地域のみな様方や法人・個人を問わず応援くださった方々のおかげがあり、昨年第48回を数えるまで半世紀の永きにわたり開催し続けてこられましたが、諸般の事情により今年から開催を中止することとなりました。 
 この場をお借りして長年のご厚誼に深謝申し上げます。ありがとうございました。 

霊山観音 http://www.ryozen-kwannon.jp/

11時〜15時 東山の麓、幕末の動乱に殉じた志士らが眠る霊山のふもとで行われる興趣ある祭典です。
料金 2000円(お守り・福引・食事・高台寺の拝観券等付)

連絡先 Tel:075-561-2205

- back -