7月の主な行事・祭り・他 (日時・中止・延期など、総ての最終確認を自己責任でどぞ!
おすすめ

●祇園祭  7. 1(日)〜7. 31(火)
  
各山鉾町 八坂神社
東大路通四条角

約1100年前疫病の退散祈願をしたのが始まり。
7月1日吉符入から31日の夏越祭まで約1ケ月に渡って行われる。
祭のクライマックスは、17日の山鉾巡行。

平成26年から山鉾巡行は、17日の前祭(さきまつり)巡行(23基の山鉾)と24日の後祭(あとまつり)巡行(10基の山鉾)の2度の巡行が行われます。

●御手洗祭  7. 20(金)〜7. 29(日)
  
下鴨神社 http://www.shimogamo-jinja.or.jp

土用の丑の日に、境内にある御手洗池に足をひたすと諸病を海に流すといわれ平安朝以前から行われたみそぎ祓の風習が民間に伝わったもので、朝から老若男女が集まり、御手洗池で膝までひたる。

左京区下鴨泉川町59
問:075-781-0010 

●初タイアップ企画!夏限定!
  無鄰菴・旧三井家下鴨別邸・岩倉具視幽棲旧宅
  明治のプライベート空間をめぐりましょう

期間  7. 20(金)〜8.31(金)

日本が近代化に走る中、明治という時代を築いた人々は、一体どのような暮らしをしていたのでしょうか。この夏、激動の明治の幕開けを語る史跡「岩倉具視幽棲旧宅」、江戸期の大店から一大財閥へと成長した豪商が贅を尽くした建築「旧三井家下鴨別邸」、そして西欧各国との外交盛んな時期に現れた近代日本庭園「無鄰菴」の3つのプライベート空間をめぐりましょう。
 涼やかな木陰に目をこらせば、すぐそこに、まだ、当時の人々の生活の息づかいが感じられます。各施設では無料で施設のガイドを行っております。

以下URLより詳細をご確認いただけます。
  https://murin-an.jp/combination-ticket2018/ 
どうぞよろしくお願い申し上げます。 

料金
お一人1000円(通常料金 1120円のところ) 

会場
無鄰菴・旧三井家下鴨別邸・岩倉具視幽棲旧宅
 *各施設1回ずつ入場可能
 *開催期間中有効(日を分けてのご訪問が可能です)
 *旧三井家下鴨別邸では、本券にて通常公開部分の玄関棟、主屋1階、庭園をご見学いただけます。8月9日から28日まで開催の【京の夏の旅文化財特別公開〈主屋2階〉】をご見学される場合は、別途、見学料190円が必要となります。旧三井家下鴨別邸の受付にてお支払いください。  

問い合わせ
・無鄰菴 tel:075-771-3909
〒606-8437 京都市左京区南禅寺草川町31
・旧三井家下鴨別邸 tel:075-366-4321
〒606-0801 京都市左京区下鴨宮河町58番2
・岩倉具視幽棲旧宅 tel:075-781-7984
〒606-0017 京都市左京区岩倉上蔵町100

●火渡り祭  7. 28(土)  
  
狸谷山不動院 http://www.tanukidani.com/

約40名もの山伏が紫灯護摩供のあと、素足で火渡りを行い、これに続いて一般参拝者も火渡りを行います。
火渡りは7:00PM頃〜

左京区一乗寺松原町
問:075-722-0025

●千日詣り  7. 31(火)
  
愛宕神社(右京区) 

夕刻〜この日に参拝すると千日分のご利益があるとされ、山上の神社を目指す人の列が夜通し続きます。

右京区嵯峨愛宕町
問:075-861-0658

●●●●●●

中・長期間

●嵯峨野トロッコ列車運転始動   3. 1(木)〜12. 29(土)
 
 https://www.sagano-kanko.co.jp/ 

定休日  水曜日(水曜日が祝日の場合は運転) 
 ※ただし、春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・紅葉の時期には水曜日も運転 
 
運賃(片道)  大人 620円  小人 310円 

お問い合わせ 
テレホンサービス  電話番号: 075-861-7444 

●保津川下り運航   18. 3. 10(土)〜19. 3. 9(土)

  http://www.hozugawakudari.jp/

亀岡から京都の嵐山まで約16キロの渓谷を約2時間で下るスリルに富んだ船下り。 
冬期(12月12日〜3月9日)はお座敷暖房船で運航される。 

【運航日】 
年末年始、荒天時を除く毎日運航 
※12月29日〜1月4日は運休 

暴風雨、増水時は運航中止となるため、事前に要確認 

料金 
大人 4,100円  小人 2,700円 

お問い合わせ 
保津川遊船企業組合  電話番号: 0771-22-5846 

●貴船の川床  5. 1(火)〜9. 30(日)

京の奥座敷、貴船の川床は市中より5〜10℃気温が低く、清流貴船川のせせらぎを間近にして料理が楽しめる。 

備考 
期間はお店により異なる 

お問い合わせ 
貴船観光会  電話番号: 075-741-4444 

●鴨川納涼床  5. 1(火)〜9. 30(日)

鴨川西岸の二条から五条間の料理屋、旅館など約90余店が床を組んで夏の涼をとりながら、京料理だけでなく、フレンチ、イタリアン、中華など様々なジャンルの料理が楽しめる。 

お問い合わせ 
京都鴨川納涼床協同組合 http://www.kyoto-yuka.com/   
京都総合観光案内所 電話番号: 075-343-0548 

●しょうざん溪涼床  4. 27(金)〜9. 30(日)

洛北・鷹ヶ峰の広大な日本庭園を流れる清流・紙屋川の上に張り出した床で、京料理を堪能し、市内の喧噪を忘れ静かなひとときが満喫できます。 

開催時間・営業時間 
11時30分〜15時(ラストオーダー13時30分) 
※11時30分〜13時、13時30分〜15時の二部制 
17時〜21時30分(ラストオーダー19時45分) 

お問い合わせ 
しょうざんリゾート京都  電話番号: 075-491-5101 

●高雄「川床」   4. 1(日)〜11. 30(金)

 http://www.kyo-takao.com

紅葉の名所「高雄」。街中より3〜5度気温が低く、花の床、納涼の床、紅葉の床といった四季折々の美しい情景のなかで京料理を賞味。 

備考 
夜の営業は6月上旬〜9月下旬のみ 
 ※期間はお店によって異なります。 

お問い合わせ 

もみぢ家 電話番号: 075-871-1005 

●京都伏見十石舟運航.   3. 24(土)〜12. 2(日)

江戸時代の伏見は、港町として賑わった。当時、資材や人を乗せていた舟を再現し、観光船として運航。 
月桂冠大倉記念館南側の乗船場から三栖閘門を往復する。三栖閘門で一旦下船し、三栖閘門資料館を見学後再び乗船。所要時間約55分。 

  http://kyoto-fushimi-kanko.jp/ship/

開催時間・営業時間 

10時発〜16時20分発まで(季節による変更有り) 

料金 
大人(中学生以上)1,200円  小人 600円 

お問い合わせ 
十石舟・三十石船乗船受付  電話番号: 075-623-1030 

開催場所  月桂冠大倉記念館裏 
 

月初〜月末

●京都大アンティークフェア  6. 29(金)〜7. 1(日)

全国からの出展数は350店。名実共に規模も大きく、西日本最大の骨董市。

開催時間・営業時間
10時〜17時(最終日は16時まで) 

お問い合わせ
株式会社吾目堂
  電話番号: 077-522-2307 

●丹波/亀岡ききょうの里  6. 23(土)〜7. 22(日)

光秀公ゆかりの桔梗が咲き乱れる「丹波/亀岡ききょうの里」。
全国的にもめずらしいピンクのききょうや沢ききょう、八重咲きのききょうも見られる。
地元野菜や特産品の販売も行われる。

料金
 500円(中学生以上)
  ※小学生以下無料
  前売券 400円

開催場所
 谷性寺(光秀寺)門前

● 御戸代会(みとしろえ) 神事   7. 1(日)〜

上賀茂神社  http://www.kamigamojinja.jp/

10時〜 田植えが終了し、害虫を未然に防ぐための害虫駆除祈願の祭です。
神事のあと、13時から境内の庁ノ舎(ちょうのや)では観世流、大蔵流による能や狂言が奉納されます。

賀茂御戸代能「薪能」 18時〜

境内の細殿(重文)で行われます。

観世流能 当日4,000円(鑑賞講座付指定席当日券5,000円)神歌、仕舞、狂言の奉納もあります。
講演  15時〜 庁屋にて開催

Tel:075-781-0011

●風祭り  7. 1(日)〜15日(日) 受付18時〜

千本ゑんま堂 

梶の葉祈願(参加料2,000円・要予約)とともに、閻魔法王のライトアップや香を楽しむ会などが行われます。

問い合わせ 千本ゑんま堂 075-462-3332 

●冨田屋 縁結び西陣町家の七夕祭  7. 1(日)〜7. 7(土)

冨田屋 http://www.tondaya.co.jp/

七夕は織姫と彦星が一年に一回だけ逢えるというロマンチックなお祭りです。織物の町西陣では、織姫への信仰の篤さも人一倍です。西陣の呉服問屋である冨田屋も例外ではありません。七夕祭を企画いたしました。
色とりどりの織物の笹飾りと共に、七夕の願いをかけたお料理をいただきながら、織姫様に縁結びと幸せのお願いをしてみませんか。カップルで参加されるのも素敵です。

<時間>
11:00AM〜1:00PM
<内容>
「西陣のしきたりのお話」+「町家見学」+「竹飾り作り」+「七夕のお料理」
<定員>
20名(予約は2名以上)
<料金>
8,000円(税別)

※7/7のみ9,000円(税別)
12時〜17時

上記コースに加えて、白峯神社にて蹴鞠体験と小町踊りの法要見学があります。
12:00PM〜5:00PM

上記コースに加えて、白峯神社にて蹴鞠体験と小町踊りの法要見学があります。

上京区大宮通一条上ル
問:075-432-6701

●お車のジャンボ茅の輪くぐり  7. 1(日)〜7. 7(土)
  
城南宮  http://www.jonangu.com/

9時〜16時 第1駐車場
直径5メートル近い大型の「茅の輪」を設け、お祓いを受け自動車ごとくぐり抜けて交通安全を祈願する。観光バスも通り抜け可能。

伏見区中島鳥羽離宮町
問:075-623-0846

●祇園祭  7. 1(日)〜7. 31(火)
  
各山鉾町 八坂神社

約1100年前疫病の退散祈願をしたのが始まり。
7月1日吉符入から31日の夏越祭まで約1ケ月に渡って行われる。

平成26年から山鉾巡行は、17日の前祭(さきまつり)巡行(23基の山鉾)と24日の後祭(あとまつり)巡行(10基の山鉾)の2度の巡行が行われます。

TEL.075-561-6155
御池通有料観覧席の問合わせ先
<京都市観光協会>
TEL.075-752-0227

東大路通四条角
問:八坂神社

●七夕笹飾りライトアップ  7. 1(日)〜8. 15(水)
  
貴船神社  http://kifunejinja.jp/

平日 日没〜20時頃
土曜日、日曜日、祝日 日没〜21時頃

左京区鞍馬貴船町180
問:075-741-2016

●上七軒ビアガーデン  7. 1(日)〜9. 5(水)

  http://www.maiko3.com

打水された歌舞練場のお庭で夏の宵のひと時を心ゆくまでお楽しみください。
ゆかた姿の芸妓、舞妓がおもてなし。

盆休み有り(日程未定)

開催時間・営業時間
17時30分〜22時(ラストオーダー21時30分)

備考
予約可能

お問い合わせ
上七軒歌舞練場
電話番号: 075-461-0148

●嵐山の鵜飼  7. 1(日)〜9. 23(祝)

かがり火の中、古式漁法の鵜飼の見物ができる。
また、屋形船の中で料理をいただくこともできる。

開催時間・営業時間

7/1〜8/31 19時〜21時
  乗合船は19時、20時
9/1〜9/15 18時30分〜20時30分
  乗合船は18時30分、19時30分

乗合船
  大人1,800円 小人900円
貸切船(予約制)
  10人乗 40,000円
  16人乗 52,000円
  20人乗 70,000円

備考
8/16は運休

お問い合わせ
嵐山通船(株)
電話番号: 075-861-0302 

●宇治川の鵜飼  7. 1(日)〜9. 30(日)

夏の夜の川面に、匠と鵜がおりなすドラマの世界。
情緒あふれる夏の風物詩として知られ、平安時代からの古い歴史をもち、今昔物語やかげろう日記にその風情が記されている。

開催時間・営業時間
19時出船(7月〜8月)
18時30分出船(9月) 

料金
貸切船
  10人乗り 27,500円
  15人乗り 41,250円
  20人乗り 55,000円
 乗合船
  大人 2,000円
  小学生 1,000円 

備考
増水時は運航できないので事前に問い合わせを。 

お問い合わせ
宇治川観光通船
  電話番号: 0774-21-2328
公益社団法人宇治市観光協会
  電話番号: 0774-23-3334

●清流園・香雲亭公開  7. 1(日)〜9. 30(日)

元離宮二条城  http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/

通常非公開の清流園・香雲亭で「京料理」の朝食を提供します。

1日限定40名(完全予約制)
 

開催時間・営業時間
8時30分〜9時30分 

料金
1名3,000円(税込)
※入城料は別途必要 

お問い合わせ
元離宮二条城事務所 電話番号: 075-841-0096

●国宝・二の丸御殿遠侍二の間特別入室  7. 4(水)〜8. 6(月)

元離宮二条城  http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/

二の丸御殿遠侍二の間にお入りいただき、障壁画(模写画)竹林群虎図を鑑賞していただきます。

定休日 火曜日 

開催時間・営業時間
8時45分〜18時10分(閉城19時) 

お問い合わせ
元離宮二条城事務所
  電話番号: 075-841-0096 

●精大明神例祭  7. 7(土)
  
白峯神宮

蹴鞠が行われ(2:30PM頃)、七夕小町踊、織姫舞(4:00PM頃)が披露されます。踊り手の少女達は、きらびやかな衣装を身につけます。

上京区今出川通り堀川東入飛鳥井町261
問:075-441-3810 

●七夕祭・えんむすび地主祭り  7. 7(土)

地主神社 http://www.jishujinja.or.jp/

東山区清水1丁目(清水寺内)
問:075-541-2097 

●御手洗祭・七夕祭  7. 7(土)

北野天満宮
http://www.kitanotenmangu.or.jp/

神前に菅公愛用と伝わる「松風の硯」を始め、水差し、昔は短冊の代用品とされた梶の葉、季節の野菜、御手洗団子などがお供えられます。楼門前広場では七夕の踊り(13時30分〜)などが行われます。

開催時間・営業時間
10時〜

お問い合わせ
電話番号: 075-461-0005

●七夕祭  7. 7(土)

石清水八幡宮  http://www.iwashimizu.or.jp/

七夕祭を斎行するほか、笹竹の設置・飾り付けを行います。祭典後、参列者には御神前にお供えした厄除けの菓子「索餅(さくべい)」と甘酒が配布されます。

開催時間・営業時間
10時〜
 (受付は9時45分までに、本殿むかって右側の「おふだ、お守り授与所」にお越しください。) 

料金
参列料 1人1,000円 

備考
礼を失しない服装でご参列ください。 

お問い合わせ
  電話番号: 075-981-3001

●高台寺七夕会/夜間特別拝観  7. 7(土)〜7. 8(日)
  
高台寺 http://www.kodaiji.com

5:00PM〜9:30PM(受付終了)
幽玄な高台寺の境内としつらえられた七夕飾りをライトアップ。

東山区高台寺下河原町
問:075-561-9966 

●暁天講座  7. 7(土)〜7. 9(月)

百萬遍知恩寺 http://hyakusan.jp/

毎年この時季に行われる。
午前6時よりお勤め。
午前6時30分より1時間の講話。
法主台下・百萬遍布教師会・知恩寺もしくは京都の文化に携わる方などを講師に迎え、日替わりで講話を行う。
講話の終了後には「いもがゆ」の接待があり、「利剱名号」のお守りも授与される。

電話番号: 075-781-9171 

●観蓮会  7. 7(土)〜7. 29(日)

法金剛院  

7:00〜16:00
料金:大人 400円 高校生以下 300円

蓮の寺として有名な法金剛院では蓮の花が見頃となり、特に早朝が一層美しく見られるこの時期にあわせて、観蓮会が行われます。 

●三重塔(国宝)開扉  7. 8(日)
  
浄瑠璃寺

塔内に安置されている薬師如来坐像(重文・一木造・藤原時代)を拝することができる。

相楽郡加茂町西小札場
問:0774-76-2390 

●貴船の水まつり  7. 9(月)

貴船神社  http://kibune.jp/jinja/

古来の雨乞神事に由来し、水の恵みに感謝する祭典。
献茶式(10時〜)の後、舞楽が奉納(11時〜)され、生間流家元の式庖丁(11時15分〜)が行われます。お茶席(3,000円)も設けられます。

お問い合わせ
電話番号: 075-741-2016

●お寺さんの陶器市  7. 9(月)〜7. 12(木)

千本釈迦堂  http://www.daihoonji.com
Tel:075-461-5973

10時〜20時 日常生活に身近な陶器に感謝し、陶芸界の発展を願う祭事です。
10日の14時より陶器法要が行われ、期間中は陶器市が開催され、多くの参拝者が訪れます。

●ハス酒を楽しむ会  7. 13(金)

三室戸寺 http://www.mimurotoji.com/

蓮の葉に酒を注ぎ、茎より酒を飲む珍しい体験ができます。
健康・長寿に効ありと伝えられています。
※先着300名
9:00AM〜0:00PM

宇治市莵道滋賀谷
問:0774-21-2067

●「祇園会 屏風飾り」展   7. 14(土)〜7. 16(祝)

 杉本家住宅 http://www.sugimotoke.or.jp/

【日時】
14日 16時30分〜21時(閉館)
15・16日 10時〜21時(閉館)

【料金】
大人 1,500円
高校生以下 800円

お問い合わせ
公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会
  電話番号: 075-344-5724

●夏期ゑんま詣特別拝観  7. 14(土)〜7. 16(祝)

六道珍皇寺  http://www.rokudou.jp

・藤原期の重文本尊薬師如来像の特別公開
・閻魔大王蔵、小野篁像、他寺宝の特別公開
・小野篁卿「冥途通いの井戸」、「黄泉がえりの井戸」の特別公開
・ゑんま詣特別記念金紙墨書朱印の授与(有料)
・百人一首かるた風見開き金仕立墨書朱印の授与(有料)
・閻魔詣記念見開き金仕立墨書朱印の授与(有料)

開催時間・営業時間  9時〜16時

電話番号: 075-561-4129  

●天橋立まち灯り(天橋立砂浜ライトアップ)  7. 14(土)〜9. 2(日)

天橋立

期間中、19時から22時までの間、毎日、天橋立砂浜をライトアップします。砂浜はブルーに浮かび上がり、煌めく水面、天橋立の幻想的な空間が広がります。
また、日曜日には「天橋立まち灯りぶらり散策」を開催予定。飲食店などの夜間営業、ライブイベント、ナイトクルージング(丹後海陸交通)など様々な催しが行われます。 

天橋立まち灯り(天橋立砂浜ライトアップ)
  毎日 19時〜22時
 天橋立まち灯りぶらり散策
  毎週日曜日開催予定 

お問い合わせ
天橋立観光案内所
  電話番号: 0772-22-8030 

●御田祭  7. 15(日)
  
松尾大社 http://www1.neweb.ne.jp/wa/matsuo/

10:00AM〜
3人の植女が早稲、中稲、晩稲を手に、荘夫の肩に乗り境内を3周します。
神前には夏野菜が添えられ、謡曲の奉納もあります。

西京区嵐山宮町
問:075-871-5016 

●ひよし夏まつり2018花火大会  7. 15(日)

朝市、ダム見学会、夜店、花火大会

お問い合わせ
日吉町観光協会
  電話番号: 0771-72-0196

●虫送り  7. 15(日) 20時頃〜(雨天順延)
 
左京区久多

上の町、中の町、宮の町、下の町、川合町の5つの町が合同で行う。
各自手に松明を持ち、鉦と太鼓を打ち鳴らしながら害虫を下流へと追いやります。
(午後8時頃〜)

電話:075-748-2020 (左京区役所久多出張所)

●新選組隊士等慰霊供養祭  7. 16(祝)

 http://www.mibudera.com

毎年7月16日に池田屋騒動の日を卜として、郷土の治安と平和を願い、佐幕、勤皇両志士の慰霊のために、壬生寺が主催し供養祭を執り行っている。また、技芸奉納を行い、参列者同士の交流・親睦と供養祭の普及をはかる。(一般有志者の参加自由)

〈第一部〉
壬生塚にて、読経・一般焼香
〈第二部〉
壬生寺会館ホールにて、詩吟奉納(深山流吟詠会ほか)、剣技奉納(士気の会ほか)、歌謡ショー(三橋美智也音楽事務所後援) 

開催時間・営業時間
13時30分〜

お問い合わせ
壬生寺境内の壬生塚、壬生寺会館ホール
 電話番号: 075-841-3381

●芦生の森をハイキング三昧  

1泊2日で芦生の森を満喫。

1泊4食付 25,700円(参加費・保険・園部駅送迎込)

美山町自然文化村
  電話番号: 0771-77-0014

●例祭・お涼み  7. 20(金)

城南宮 http://www.jonangu.com/

9時 祭典
夕刻には本殿前に「方除安全」「無病息災」の木札を収めた2本の氷柱を供え、参拝者は氷柱に触れ暑気を払って祈願する。
また18時〜20時30分まで神楽殿の表舞台において「お涼み神楽」を奉納、誰でも自由に拝観できる。

伏見区中島鳥羽離宮町7
問:075-623-0846

●ほうろく灸祈祷  7. 20(金)

開催場所 : 三宝寺 
開催時間 : 営業時間 9時〜16時 

土曜の丑の日に行う日蓮宗の祈祷です。呪文を書いた「炮烙」を頭にのせ、もぐさを置いて火をつけ木剣にて九字を切り、悪邪霊を除くもので、暑気払い、中風封じに効くといわれています。

料金 
ほうろく灸 2,000円
きゅうり封じ 1,000円
紫陽花祈祷 2,000円 

●天橋立「炎の架け橋」  毎年7月20日 7:30PM〜8:00PM
  
天橋立大天橋
宮津市天橋立
問:天橋立「炎の架け橋」実行委員会事務局(宮津市産業振興室内) 0772-22-2121 

花火の打ち上げを合図に天橋立大天橋から府中側約2.6 kmに用意された松明200本に火を灯し、約30分間日本三景天橋立を幻想的に映し出す。

●きゅうり封じ  7. 20(金)〜7. 21(土)
 
神光院

7:00AM〜4:30PM
きゅうりによる疫病除け、祈祷が行われる。
氏名、年齢、住所、病名を記入した紙にきゅうりを包み家に持ち帰り、身体の悪いところをなでて庭などに埋めると病気を封じ込めると言われている。

開催時間・営業時間
8時〜16時30分 

御祈祷代 1,500円(きゅうり代込) 

北区西賀茂神光院町
問:075-491-4375

●御手洗祭  7. 20(金)〜7. 29(日)
 
下鴨神社 http://www.shimogamo-jinja.or.jp

土用の丑の日に、境内にある御手洗池に足をひたすと諸病を海に流すといわれ平安朝以前から行われたみそぎ祓の風習が民間に伝わったもので、朝から老若男女が集まり、御手洗池で膝までひたる。

左京区下鴨泉川町59
問:075-781-0010

●重要文化財 旧三井家下鴨別邸 夏の夜間開館  7. 20(金)〜7. 29(日)

受付:17時30分〜20時30分

下鴨神社の年中行事「御手洗祭」の開催に合わせ、初の夜間開館を開催。通常公開している建物1階部分に加えて、庭園に出て、内からの灯りで暗闇に浮かび上がる重要文化財の建物をご覧いただきます。邸内のカフェスペースでは、冷たいお飲み物をご用意。御手洗祭のお帰りに、お立ち寄りください。

入館料
1,000円(ワンドリンク付き) 

会場
旧三井家下鴨別邸

問い合わせ
旧三井家下鴨別邸 075-366-4321 

●初タイアップ企画!夏限定!
  無鄰菴・旧三井家下鴨別邸・岩倉具視幽棲旧宅
  明治のプライベート空間をめぐりましょう

  期間  7. 20(金)〜8.31(金)

日本が近代化に走る中、明治という時代を築いた人々は、一体どのような暮らしをしていたのでしょうか。この夏、激動の明治の幕開けを語る史跡「岩倉具視幽棲旧宅」、江戸期の大店から一大財閥へと成長した豪商が贅を尽くした建築「旧三井家下鴨別邸」、そして西欧各国との外交盛んな時期に現れた近代日本庭園「無鄰菴」の3つのプライベート空間をめぐりましょう。
 涼やかな木陰に目をこらせば、すぐそこに、まだ、当時の人々の生活の息づかいが感じられます。各施設では無料で施設のガイドを行っております。

以下URLより詳細をご確認いただけます。
  https://murin-an.jp/combination-ticket2018/ 
どうぞよろしくお願い申し上げます。 

料金
お一人1000円(通常料金 1120円のところ) 

会場
無鄰菴・旧三井家下鴨別邸・岩倉具視幽棲旧宅
 *各施設1回ずつ入場可能
 *開催期間中有効(日を分けてのご訪問が可能です)
 *旧三井家下鴨別邸では、本券にて通常公開部分の玄関棟、主屋1階、庭園をご見学いただけます。8月9日から28日まで開催の【京の夏の旅文化財特別公開〈主屋2階〉】をご見学される場合は、別途、見学料190円が必要となります。旧三井家下鴨別邸の受付にてお支払いください。  

問い合わせ
・無鄰菴 tel:075-771-3909
〒606-8437 京都市左京区南禅寺草川町31
・旧三井家下鴨別邸 tel:075-366-4321
〒606-0801 京都市左京区下鴨宮河町58番2
・岩倉具視幽棲旧宅 tel:075-781-7984
〒606-0017 京都市左京区岩倉上蔵町100

●きゅうり封じ  7. 21(土)  12時〜19時 ・22日(日)6時〜18時

五智山蓮華寺  http://rengezi.com/

きゅうりによる疫病除け祈祷(両日ともにきゅうり代込1000円)

電話:075-462-5300

●本宮祭  7. 21(土)〜7. 22(日)

伏見稲荷大社 http://inari.jp/

21日宵宮祭 18時〜
22日 9時〜

稲荷大社の御分霊をお祀りしている全国の崇敬者が本宮の稲荷大社に参拝します。
宵宮祭では、境内や稲荷山にある多数の灯籠に火をともす「万灯の神事」が行われる。
提灯で形どった大鳥居が夜空に浮かび、稲荷大社一帯が万灯の渦と化す。

伏見区深草薮之内町
問:075-641-7331

●祇園祭還幸祭 神泉苑拝礼 7. 24(火)

御旅所を出発した中御座の神輿が巡行の途中、祇園祭の発祥地・神泉苑にて御祓いを受け八坂神社へと戻られる。
神泉苑では18時頃から、よかろう太鼓の奉納があり、神輿を出迎える。

 http://www.shinsenen.org/

開催時間・営業時間
18時〜19時 

お問い合わせ
神泉苑(真言宗寺院)
  電話番号: 075-821-1466 

●真如堂寺宝虫払会  7. 25(水)
  
真如堂 http://shin-nyo-do.jp/

宝蔵に納められている寺宝を本堂で虫干する行事で法要と宝物の一般公開が行われます。
「真如堂緑起絵巻」をはじめ寺宝200点は見もの。暑気普垂「の「びわ湯」の接待もあります。(無料)
※雨天中止
拝観料 500円

左京区浄土寺真如町82
問:075-771-0915

●鹿ヶ谷カボチャ供養  7. 25(水)
  
安楽寺 http://anrakuji-kyoto.com

夏の土用に鹿ヶ谷カボチャを食すれば、中風にかからぬとの言い伝えから参拝者にかぼちゃが接待される。
当日は寺宝も一般公開されます。
拝観料 400円

左京区鹿ヶ谷御所ノ段町
問:075-771-5360 

●朝顔展  7. 27(金)〜7. 31(火)

京都府立植物園  http://www.pref.kyoto.jp/plant/

毎日鉢の入れ替えを行い、延べ約1,000鉢を展示。

開催時間・営業時間  7時〜12時 

料金
入園料
  一般 200円
  高校生 150円
  中学生以下無料
※障害者手帳を持参の方は無料
※府立陶板名画の庭との共通入園券有り
※70歳以上の方は証明提示で無料 

電話番号: 075-701-0141

●狸谷山火渡り祭  7. 28(土)
  
狸谷山不動院 http://www.tanukidani.com/

約40名もの山伏が紫灯護摩供のあと、素足で火渡りを行い、これに続いて一般参拝者も火渡りを行います。
火渡りは7:00PM頃〜

左京区一乗寺松原町
問:075-722-0025 

●伊根祭  7. 28(土)〜7. 29(日)
  
八坂神社(伊根町)

300年余り続く、別名「海の祇園祭」と呼ばれ、大漁を祈願します。
宵宮は提灯を掲げた舟が伊根湾を渡り、例祭では祭礼船・神楽船が伊根湾で海上渡御を行います。
八坂神社では、太刀振などを奉納します。大祭の時には船屋台の上で、歌舞伎の上演が行われます。

与謝郡伊根町伊根湾
問:伊根町観光協会 0772-32-0277

●酒蔵通り花燈路ライトアップ   不明

伏見酒蔵通り周辺

6:30PM〜9:00PM頃
月桂冠大倉記念館、南浜界隈の酒蔵が立ち並ぶ酒蔵通りを花燈路でライトアップ。

伏見区南浜町
問:伏見夢百衆 075-623-1360

●夏越の祓 茅の輪くぐり  7. 31(火)
  
向日神社

5:00PM〜
平安時代からのならわしで人型をした紙に願事と名前を書き、お祓いをした後、境内に設けられたチガヤで作った輪をくぐり、無病息災を祈る。

向日市向日町北山
問:075-921-0217

●千日詣り  7. 31(火)
  
愛宕神社(右京区)
右京区嵯峨愛宕町
問:075-861-0658 

夕刻〜この日に参拝すると千日分のご利益があるとされ、山上の神社を目指す人の列が夜通し続きます。
 

- back -