6月の主な行事・祭り・他
おすすめ

●京都薪能  6. 1(金)〜6. 2(土)
  
平安神宮 

5:30PM開演(4:30PM開場)

左京区岡崎西天王町97
問:京都能楽会 075-771-6114

●平安神宮 神苑の無料公開  6. 8(金)

平安神宮

8:30AM〜4:30PM
白虎池に植えられた約200種、2千株の花菖蒲が見頃の時期を迎える。

左京区岡崎西天王町
問:075-761-0221 

●祇園放生会  6. 3(日)

祇園白川巽橋 辰己大明神 

生き物への感謝の意を込め、巽橋の上から舞妓さんも参加して2000匹の鯉の稚魚が白川に放流される。
香煎茶の無料接待や比叡山の大阿闍梨による奉修などが行われる。
放流 12:00PMすぎ〜
加持・奉納演奏 11:00AM〜2:00PM

東山区四条花見小路
問:祇園放生会実行委員会 075-701-5181

●沙羅の花を愛でる会  6. 15(金)〜6. 30(土)
  
東林院

9:30AM〜4:00PM
方丈前庭には樹齢300年の見事な古木が白い花を咲かせる。
期間中、花供養とお香を聞く会、琵琶の夕べなどの催しが予定されている。

料金 1,575円(抹茶付) 5,565円(抹茶と精進料理付)

右京区妙心寺町
問:075-463-1334 

●竹伐り会式  6. 20(水)

鞍馬寺 

2:00PM 竹伐り会式
青竹を大蛇になぞらえ、法師達が2人1組になって左右に分かれ、竹を伐る速さを競う。
早く伐った方の座に、今年一年間の豊作が約束されるといわれています。

左京区鞍馬本町1074
問:075-741-2003

●第25回京都五花街合同公演「都の賑い」  6. 16(土)〜6. 17(日)
  
祇園甲部歌舞練場

祇園甲部・宮川町・先斗町・上七軒・祇園東の五花街の芸舞妓約80名が一堂に会し、それぞれの舞を披露するとともに、呼び物の舞妓20名が舞う「舞妓の賑い」の華麗な舞台もお楽しみ頂けます。 

開催時間・営業時間
11時〜13時30分、14時30分〜17時 

お問い合わせ
公益財団法人京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)
 電話番号: 075-561-3901

●京都大アンティークふぇあ  6. 29(金)〜7. 1(日)
  
パルスプラザ大展示場 

10:00AM〜5:00PM
全国から参加した350店のディーラーが選び抜いた古美術品・アンティーク150万点以上展示即売。

伏見区竹田鳥羽殿町5
問:(株)吾目堂 077-522-2307
 

中・長期間

●嵯峨野トロッコ列車運転始動  3. 1(木)〜12. 29(土)

冬の間(12/30?2/末日)運休していたトロッコ列車が運転を開始。

定休日
水曜日(水曜日が祝日の場合は運転)
※ただし、春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・紅葉の時期には水曜日も運転 

料金
運賃(片道)
  大人 620円  小人 310円 

備考
きっぷ(指定席)のお求めはJR西日本の主な駅の「みどりの窓口」、全国の主な旅行会社等。 

お問い合わせ
テレホンサービス
 電話番号: 075-861-7444

●保津川下り運航  18. 3. 10(土)〜19. 3. 9(土)

 http://www.hozugawakudari.jp/

亀岡から京都・嵐山まで約16キロの渓谷を約2時間で下るスリルに富んだ船下り。
冬期はお座敷暖房船で運航される。

【運航日】
年末年始(12/29〜1/4)、荒天時を除く毎日運航
※暴風雨、増水時は運航中止となるため、事前に要確認

定休日
2月と9月に安全点検のため各1日運休有り 

料金
大人 4,100円  小人 2,700円(4歳?小学生) 

お問い合わせ
保津川遊船企業組合
  電話番号: 0771-22-5846  

●貴船の川床  5. 1(火)〜9. 30(日)

京の奥座敷、貴船の川床は市中より5?10℃気温が低く、清流貴船川のせせらぎを間近にして料理が楽しめる。 

備考 
期間はお店により異なる 

お問い合わせ 
貴船観光会  電話番号: 075-741-4444 

●鴨川納涼床   5. 1(火)〜9. 30(日)

鴨川西岸の二条から五条間の料理屋、旅館など約90余店が床を組んで夏の涼をとりながら、京料理だけでなく、フレンチ、イタリアン、中華など様々なジャンルの料理が楽しめる。 

お問い合わせ 
京都鴨川納涼床協同組合 http://www.kyoto-yuka.com/   
京都総合観光案内所 
電話番号: 075-343-0548 

●しょうざん溪涼床  4. 27(金)〜9. 30(日)

洛北・鷹ヶ峰の広大な日本庭園を流れる清流・紙屋川の上に張り出した床で、京料理を堪能し、市内の喧噪を忘れ静かなひとときが満喫できます。 

開催時間・営業時間 
11時30分〜15時(ラストオーダー13時30分) 
※11時30分〜13時、13時30分〜15時の二部制 
17時〜21時30分(ラストオーダー19時45分) 

お問い合わせ 
しょうざんリゾート京都  電話番号: 075-491-5101 

●高雄「川床」   4. 1(日)〜11. 30(金)

 http://www.kyo-takao.com 

紅葉の名所「高雄」。街中より3?5度気温が低く、花の床、納涼の床、紅葉の床といった四季折々の美しい情景のなかで京料理を賞味。 

備考 
夜の営業は6月上旬〜9月下旬のみ 
 ※期間はお店によって異なります。 

お問い合わせ 

もみぢ家 電話番号: 075-871-1005 

●京都伏見十石舟運航.   3. 24(土)〜12. 2(日)

江戸時代の伏見は、港町として賑わった。当時、資材や人を乗せていた舟を再現し、観光船として運航。 
月桂冠大倉記念館南側の乗船場から三栖閘門を往復する。三栖閘門で一旦下船し、三栖閘門資料館を見学後再び乗船。所要時間約55分。 

  http://kyoto-fushimi-kanko.jp/ship/

開催時間・営業時間 

10時発〜16時20分発まで(季節による変更有り) 

料金 
大人(中学生以上)1,200円  小人 600円 

お問い合わせ 
十石舟・三十石船乗船受付  電話番号: 075-623-1030 

開催場所  月桂冠大倉記念館裏 
 

月初〜月末

●両足院 半夏生の庭園特別公開   5. 19(土)〜6. 17(日)

両足院

10時〜17時(16時30分受付終了)

建仁寺の塔頭寺院。
通常は予約をしないと拝観できない庭園。
白砂と苔に青松が美しい唐門前庭、枯山水庭園の方丈庭園、京都府指定名勝庭園の池泉廻遊式庭園からなり、初夏の頃には半夏生が池辺を彩ります。

料金 600円

東山区小松町591
問:075-561-3216

●あじさい祭とあじさい苑の公開  6月上旬〜7月上旬
  
藤森神社 http://www.fujinomorijinjya.or.jp/

6月15日(金) あじさい祭 10:00AM〜
献茶、神楽の奉納が行われ、けまり奉納の日もある。

入苑料300円

伏見区深草鳥居崎町
問:075-641-1045 

●雷除大祭  6. 1(金)
  
北野天満宮 http://www.kitanotenmangu.or.jp/

1雷難・火難・五穀豊穣を祈願。
古くから信仰を受けており、現在も雷除けの祈願のため多くの参拝者が集います。

上京区馬喰町
問:075-461-0005

●貴船祭 6. 1(金)

貴船神社 http://www.kibune.jp/

11:00AM
貴船神社の例祭として一年でいちばん重要な祭り。
乙女舞も雅やかに舞われ、出雲神楽奉納と多彩な催しが行われます。

左京区鞍馬貴船町180
問:075-741-2016 

●宇治上神社献茶祭  6. 1(金)

宇治上神社

世界遺産である宇治上神社で、新茶の収穫に感謝する祭。
9:00AMから境内の名水「桐原水」でたてた新茶を神前に供える神事を拝殿で営み、参拝者や観光客向けに市茶道連盟が煎茶席で奉仕する。
社務所には点心席を設け、近くの源氏物語ミュージアムでも抹茶のお点前でもてなす。
3:00PMまで。

宇治市宇治山田
問:0774-21-4634

●京都薪能  6. 1(金)〜6. 2(土)

平安神宮 http://www.kyoto-kanze.jp/takiginoh.htm

18時開演(17時開場)

平安神宮の朱塗りの社殿がライトアップされると、特設の能舞台がかがり火のもとに現れ、観客は幽玄の世界に誘われます。

<料金>
 当日 5,000円
 前売 4,000円

雨天順延
当日の2:30PM頃迄に開催の予定をホームページでもお知らせします。

左京区岡崎西天王町97
問:京都能楽会 075-771-6114 

●アジサイ園の公開とライトアップ  6. 1(金)〜7. 8(日)
  
三室戸寺 

ライトアップは6/14〜6/29の土曜日・日曜日のみ。

5000坪の大庭園は枯山水・池泉・広庭からなり、30種10000株のあじさいは関西屈指のものです。
入山料 500円

宇治市莵道滋賀谷
問:0774-21-2067

●冨田屋 夏のしつらえ  6. 1(金)〜9. 30(日)

冨田屋 http://www.tondaya.co.jp/

伏見の両替商であった冨田屋が西陣に移転し、呉服商として商い始めたのは明治初期。
平成11年には国の登録有形文化財の指定を受け、それを機に予約開放されるようになった。
京の町家の衣替え。襖は簾にして風通しよく畳にはあじろを敷いて。

<時間>
11:00AM〜1:00PM

<内容>
「町家見学」+「しきたりのお話」

上京区大宮通一条上ル
問:075-432-6701

●信長忌  6. 2(土)

信長公の命日法要にあたり、信長公像、位牌などの通常非公開の本堂内・寺宝などが一般公開されます。

備考
信長公本廟所は通常公開しています。

お問い合わせ
信長公本廟所(寺町 阿弥陀寺)  電話番号: 075-231-3538 

イベント開催場所の詳細

開催場所
信長公本廟所(寺町 阿弥陀寺)

住所
京都市上京区寺町通今出川上ル鶴山町14

●華しょうぶの会  6. 2(土)〜6. 10(日)
  
しょうざんリゾート京都

手入れのゆきとどいた美しく広大な日本庭園での初夏の催しです。
緑ゆたかなお庭が紫、白、桃色と約3000本の花しょうぶで包まれ、普段は非公開の「翔鳳閣」で季節の京料理を賞味、そして「峰玉亭」でのお茶席は、訪れた人々を満足のゆく「京風情の世界」に誘います。

むらさき御膳 6,480円(入園料・お茶席・龍安寺特別拝観または聞香体験付き)
むらさき会席 10,800円(入園料・お茶席・龍安寺特別拝観または聞香体験付き)
胡蝶コース 8,640円(入園料・お茶席・龍安寺特別拝観または聞香体験付き)

北区鷹峯鏡石町
問:075-491-5101

●祇園放生会  6. 3(日)

祇園白川巽橋 辰己大明神

生き物への感謝の意を込め、巽橋の上から舞妓さんも参加して2000匹の鯉の稚魚が白川に放流される。
香煎茶の無料接待や比叡山の大阿闍梨による奉修などが行われる。
放流 12:00PMすぎ〜
加持・奉納演奏 11:00AM〜2:00PM

東山区四条花見小路
問:祇園放生会実行委員会 075-701-5181

●開山忌  6. 5(火)

建仁寺 http://www.kenninji.jp/

京都で最初に建てられた禅寺で、栄西により建立されました。
また栄西は日本に茶をもたらした茶祖としても知られています。
この日法堂で献茶式が行われます。

拝観料 500円

東山区大和大路四条下ル4丁目小松町584
問:075-561-0190 

●県まつり  6. 5(火)〜6. 6(水)
  
県神社

5日深夜から梵天渡御。
街には露店が出て賑わう。 
江戸時代南大阪・堺の町人を中心に信仰を集めて現在に至る。
「くらやみの奇祭」として有名。

宇治市宇治蓮華
問:0774-21-3014

●行者まつり  6. 7(木)
  
浄瑠璃寺

浄瑠璃寺には、頭巾をかぶり、高下駄を履いて岩座に腰掛けている木造の行者像が伝来しており、千三百年御遠忌に、行者像修復、そして岩座や前鬼後鬼の造像がなされ、第1回行者まつりが開かれた。
大日如来潅頂堂にての法要、法話等があり、地蔵堂界隈ではフリーマーケットも行われる。

相楽郡加茂町西小札場
問:0774-76-2390 

●三重塔(国宝)開扉  6. 8(金)
  
浄瑠璃寺

塔内に安置されている薬師如来坐像(重文・一木造・藤原時代)を拝むことができる。

相楽郡加茂町西小札場
問:0774-76-2390

●平安神宮 神苑の無料公開  6. 8(金)

平安神宮  http://www.heianjingu.or.jp/

8:30AM〜4:30PM
白虎池に植えられた約200種、2千株の花菖蒲が見頃の時期を迎える。

左京区岡崎西天王町
問:075-761-0221

●ホタル観察会  6. 9(土)

集合:JR奈良線「山城青谷」駅 20時
青谷川流域のゲンジボタルや青谷の里山に生息するヘイケホタルを観察します。
※電話、またはFAXで申込(6/9まで)
※先着10名

開催場所
青谷川流域、親水公園ほか 

城陽市観光協会 梅の郷青谷づくり事務局
  電話番号: 0774-56-5124

●冨田屋秘蔵の昔写真展   6. 9(土)〜6. 21(木)

冨田屋 http://www.tondaya.co.jp/

古き写真には、昔のきものや髪型、暮らしの様子が満ちあふれています。
なかでも冨田屋にわずかに保存されているガラス乾板の写真は非常に貴重なものとなっています。

10:00AM〜5:00PM

上京区大宮通一条上ル
問:075-432-6701

●青葉祭り  6. 10(日)
  
宝積寺 http://www.joho-kyoto.or.jp/~oyamazak/

11:00AM〜 弘法大師の誕生祝い
例年6月の第2日曜日に行われる。

乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原
問:075-956-0047

●田植祭  6. 10(日)
  
伏見稲荷大社 http://inari.jp/

祭典 1:00PM〜
田植神事 2:00PM頃〜
白衣に紺の手甲脚絆姿の早乙女30余名と三島初穂講中らの手により、田植えが行われます。

伏見区深草薮之内町
問:075-641-7331

●青葉祭り  6. 10(日)

宝積寺(宝寺)

11時〜 弘法大師の誕生祝い

住所
乙訓郡大山崎町大山崎銭原1  

●光秀公忌  6. 14(木)
  
谷性寺(光秀寺)

初夏の境内には明智光秀の紋所の桔梗が咲き乱れる。
明智光秀公の命日にあたるこの日は供養が行われる。

亀岡市宮前町猪倉
問:0771-26-2054

●嵐山若鮎祭  6. 14(木)

嵐山中の島公園

保津川の鮎の解禁にちなみ、若鮎の炭焼きの試食会が開催される。
問い合わせの上、往復ハガキで申し込みのこと。応募多数の場合は抽選。

右京区嵯峨天竜寺
問:嵐山保勝会 075-861-0012

●床料理とホタル観賞の夕べ  6. 14(木)〜6. 17(日)

しょうざんリゾート京都

ホタルの幻想的な舞をご覧いただきながら、初夏仕立ての京料理をお楽しみいただけます。

開催時間・営業時間
19時30分〜(21時前後に場内の照明を暗転にさせていただきます。) 

備考
天候により、ホタルが飛ばない可能性がありますので、予めご了承ください。 

お問い合わせ
  電話番号: 075-491-5101  

●八坂神社例祭  6. 15(金)
  
八坂神社 http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/

祭りでは「東遊」が舞われます。
東遊は平安時代から行われている歌舞で宮廷に取り入れられたものです。
本殿では和歌の披露も行われてます。

東山区祇園町北側
問:075-561-6155 

●青葉まつり  6. 15(金)
  
智積院 http://www.chisan.or.jp/sohonzan/

10:00AM〜
弘法大師、興教大師両祖の誕生会法要他、桃山時代の庭園、障壁画の無料公開が行われる。(9:00AM〜4:00PM)

東山区東大路通七条下ル東瓦町964
問:075-541-5361

●弘法大師 御誕生祭  6. 15(金)

旧嵯峨御所 大覚寺門跡

宝亀五年(774)にお生まれになったお大師様(弘法大師)の誕生をお祝いする法会です。
花御堂に稚児大師をお祀りし、当山門跡を導師に一山僧侶を挙げて厳修します。

開催時間・営業時間
10時〜16時30分

参拝料
 大人500円  小・中学・高校生300円

お問い合わせ
旧嵯峨御所 大覚寺門跡
  電話番号: 075-871-0071

●沙羅の花を愛でる会  6. 15(金)〜6. 30(土)
  
東林院 

9:30AM〜4:00PM

方丈前庭には樹齢300年の見事な古木が白い花を咲かせる。
12日には花供養とお香を聞く会も有。

会費 1,580円(抹茶付) 5,570円(抹茶と精進料理付)

24日には夜の特別公開として二胡の演奏と精進料理付き「沙羅の夕べ」も予定されています(要予約・会費10,000円)

右京区妙心寺町
問:075-463-1334

●和泉式部忌法要 奉納 謡曲「誓願寺」  6. 16(土)

平安時代、情熱の歌人といわれた和泉式部を偲び法要を勤め、金剛流今井清隆氏等による謡曲「誓願寺」の奉納・講演があります。

開催時間・営業時間
13時30分〜

お問い合わせ  電話番号: 075-221-0958

●第25回京都五花街合同公演「都の賑い」  6. 16(土)〜6. 17(日)
  
開催場所
ロームシアター京都 

祇園甲部・宮川町・先斗町・上七軒・祇園東の五花街の芸舞妓約80名が一堂に会し、それぞれの舞を披露するとともに、呼び物の舞妓20名が舞う「舞妓の賑い」の華麗な舞台もお楽しみ頂けます。 

開催時間・営業時間
14時〜16時30分 

お問い合わせ
公益財団法人京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)
 電話番号: 075-561-3901

●声明と三弦を聞く会  6. 17(日)
  
十輪寺

1:30PM〜
邦楽のルーツともいえる仏教音楽のしらべ“声明”を聞き、山里のお寺に流れる三弦と調和する音色を愉しみます。

西京区大原野小塩町
問:075-331-0154

●山門懺法  6. 18(月)

妙心寺 http://www.myoshinji.or.jp/

妙心寺山内の全僧侶が、観世音菩薩と十六羅漢が祀られている三門の楼上に集まり、法要をおこないます。
普段、非公開の三門内部には、飛天や鳳凰、龍の図が柱や梁に色鮮やかに描かれています、特別に拝観することができます。

時間 9:00〜10:00
料金 拝観料 300円

●三千院アジサイ祭  6月下旬〜7月上旬

http://www.sanzenin.or.jp/

一般種に加え山紫陽花、星紫陽花といった3,000株以上の紫陽花の開花に合わせて行われる。

開催時間・営業時間
8時30分〜17時

拝観料:700円

電話番号: 075-744-2531

●竹伐り会式  6. 20(水)
  
鞍馬寺

2:00PM 竹伐り会式

青竹を大蛇になぞらえ、法師達が2人1組になって左右に分かれ、竹を伐る速さを競う。
早く伐った方の座に、今年一年間の豊作が約束されるといわれています。

左京区鞍馬本町1074
問:075-741-2003

●正法寺公開  6. 23(土)〜6. 24(日)

1191年開創。1546年、後奈良天皇の勅願寺となり、徳迎山と正法寺の勅額を賜う。現在の伽藍は、1630年、尾張藩祖 徳川義直の母(徳川家康公の側室 志水亀女)の菩提寺として再建された七堂兼備の大坊である。
公開日には重要文化財の建築物や大方丈の襖絵などが見学できる。

開催時間・営業時間
10時30分〜15時 

料金  700円 

正法寺(八幡市)
  電話番号: 075-981-0012 

●ききょう園開園「丹波/亀岡ききょうの里」   6. 23(土)〜7. 22(日)

例年の見頃  7月中旬

谷性寺(光秀寺)周辺

光秀公ゆかりの桔梗が咲き乱れる「丹波/亀岡ききょうの里」全国的にもめずらしいピンクのききょうも見られます。

料金
500円(中学生以上)
※小学生以下無料
前売券 400円

亀岡市宮前町猪倉
問:JR亀岡駅観光案内所 0771-22-0691

●あじさいまつり   6. 24(日)
  
楊谷寺(柳谷観音)

約4,000株のあじさいの観賞、お茶席、屋外コンサート、特産物の販売、花市、寺宝展の開催など

長岡京市浄土谷堂ノ谷2
問:075-956-0017 

●御誕辰祭・大茅の輪くぐり  6. 25(月)

北野天満宮 http://www.kitanotenmangu.or.jp/

9時 御誕辰祭神事
この日は御祭神菅原道真公の誕生日に当たり、本殿で菅公生誕を祝う神事。
大茅の輪くぐり 楼門に茅で作った直径5mの京都最大の大茅の輪が掲げられ、輪をくぐると無病息災でいられると言われている。

電話番号: 075-461-0005

●冨田屋 夏越祓と水無月  6. 25(月)〜6. 30(土)

冨田屋 http://www.tondaya.co.jp/

6月30日は水無月を食べる日。
これは6月までの半年間の罪や汚れを祓う「夏越祓」からきています。
残りの半年の無病息災を願い、水無月を食べると夏を元気に過ごせるという言い伝えがあります。

<時間>
11時〜13時
<内容>
「町家見学」+「しきたりと夏越の話」+「お茶席」+「点心」
<料金>
8,000円(税別) 
<定員>
20名(予約は2名以上)

西陣くらしの美術館 冨田屋 電話 075-432-6701
京都市上京区大宮通一条上ル

●天得院「桔梗を愛でる特別公開」  6. 25(月)〜7. 10(火)

東福寺(天得院)  http://www.tentokuin.jp/

9:30AM〜4:00PM

東福寺の塔頭・天得院で桔梗の開花に合わせて公開されます。
枯山水の庭に杉苔に覆われた中の桔梗の花が美しい。

拝観料
一般(大学生以上)500円
中学・高校生 300円
小学生以下無料(保護者同伴)
 花精進 3,780円(税込、11時〜14時、要予約)
 抹茶とお菓子 800円(終日)
 冷たいお善哉 800円(税込、終日)
 和パフェ 1,000円(税込、終日)

東山区本町
問:075-561-5242

●京都大アンティークふぇあ  6. 29(金)〜7. 1(日)

(株)吾目堂
http://www.gomoku-do.com/

10時〜17時
全国から参加した350店のディーラーが選び抜いた古美術品・アンティーク150万点以上展示即売。

パルスプラザ大展示場
伏見区竹田鳥羽殿町5

問合わせ先 (株)吾目堂 077-522-2307

●しょうぶ祭り  
  
宝泉寺 https://yaokami.jp/1266158/

右京区京北下熊田町
問:0771-52-0407

●夏越祓  6. 30(土)
  
上賀茂神社

半年間の罪の汚れを祓い、残り半年を無事に送れるよう神に祈る行事。
境内を流れる「楢(なら)の小川」で人形流しがあります。(8:00PM〜)

北区上賀茂本山339
問:075-781-0011 

●夏越の祓  6. 30(土)
  
城南宮 http://www.jonangu.com/

3:00PM 会場 社頭特設斎場
人形を「禊の小川」に流す。
こうして半年の間の罪や穢れを祓い捨てて心身を清浄にし、半年の無病息災を祈願する。
「茅の輪くぐり」と「人形ながし」は6/25〜6/30日の9:00AM〜4:00PM

伏見区中島鳥羽離宮町
問:075-623-0846 

●夏越の祓  6. 30(土)

地主神社
電話:075-541-2097

○茅の輪くぐり  本殿前にて(午後3時〜)
○悪疫退散・厄除招福祈願
○人形祓い

●夏越の祓  6. 30(土)

白峯神宮 
電話:075-441-3810

○夏越大祓(午後5時〜)
○茅の輪くぐり・人形祓い
○水無月の授与

●夏越の祓 貴船神社  6. 30(土)

電話:075-741-2016

○大祓い(午後3時〜)
○茅の輪くぐり(25日〜30日)
○水神(貴船川)に人形を流し半年の罪や汚れを清めます。

●夏越の祓  6. 30(土)

車折神社
電話:075-861-0039

○水無月祓い(午後6時頃)
○茅の輪くぐり(1〜30日)
○参詣者が半年の罪や汚れを移した人形を献納します。

●夏越の祓  6. 30(土)

上賀茂神社 
電話:075-781-0011

○祭典(午前10時〜)
○人形流し(午後8時〜)
○茅の輪くぐり

●夏越の祓  6. 30(土)

野宮神社
電話:075-871-1972

○大祓い(午後2時〜)
○茅の輪くぐり(中旬〜30日)

●水無月の大祓式  6. 30(土)

石清水八幡宮
八幡市八幡高坊30
問:075-981-3001

3:00PM〜
私たちが様々な生活の中で、知らず知らず犯してしまった諸々の罪やけがれを祓い除くための儀式。
特に水無月の大祓式は「夏越しの大祓」とも呼ばれ、暑さ厳しい夏を元気に乗り越えられるよう祈る儀式でもあります。当宮では「人形(ひとがた)」をお配りし、諸々の罪・けがれを人形に移してお納め頂きお祓い致します。

茅の輪は6/15〜6/30まで設置していますので、茅の輪くぐりができます。


●宇治川の鵜飼   7. 1(日)〜9. 30(日)
  
宇治川

7:00PM出船。夏の夜の川面に、匠と鵜がおりなすドラマの世界。
情緒あふれる夏の風物詩として知られ、平安時代からの古い歴史をもち、今昔物語やかげろう日記にその風情が記されている。

貸切船 10人乗り 25,000円  15人乗り 37,500円  20人乗り 50,000円
乗合船 大人 1,800円  小学生 900円

宇治市宇治塔川
問:宇治川観光通船 0774-21-2328
 


 
- back -