4月の主な行事・祭り・他  *日時・料金等は自己責任で確認のこと
おすすめ

●平安神宮紅しだれコンサート  4. 5(木)〜4. 8(日)
  
平安神宮
 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/kyo_np/info/moyoosi/2018benishidare/

6:00PM〜9:00PM(雨天決行)
平安神宮の東神苑と南神苑の紅しだれ桜をライトアップ。東神苑の貴賓館をステージにした幻想的で癒しを与えるコンサート。

入場料 2,000円
(演奏者は日により変わります)

岡崎西天王町
問:075-761-0221

●やすらい祭  4. 8(日)
  
今宮神社 

京の三奇祭のひとつ。
平安時代に流行した疫病をしずめるために行われたのが始まり。
花傘を中心に鉦(かね)や太鼓を打ち鳴らし、踊りながら町内を巡って神社に参ります。

北区紫野今宮町
問:075-491-0082

●賀茂曲水の宴  4. 8(日)
  
上賀茂神社  http://www.kamigamojinja.jp/

1:00PM〜
有名な「ならの小川」からの分水で行われる「曲水の宴」は平安時代末期の風趣に富んだ姿を残す渉渓園で行われる。
詩歌の吟詠、管弦の弾吹奏は平安の「雅」を再現。野点の席も設けられる。
拝観料 1,000円(お茶券付)

北区上賀茂本山339
問:075-781-0011

●太閤花見行列   4. 8(日)
  
醍醐寺 http://www.daigoji.or.jp/

1:00PM〜
慶長3年に行われた太閤秀吉観桜の様子を再現した行列が三宝院唐門を出て境内を練り歩きます。

伏見区醍醐東大路町22
問:075-571-0002 

●吉野太夫追善花供養  4. 8(日) 
  
常照寺  http://tsakae.justhpbs.jp/joshoji/toppage.html

島原の名妓、吉野太夫を偲ぶ典雅な催しで、近くの光悦寺から禿(かむろ)や男衆を従えた島原太夫の道中も見応えがあり、法要、吉野太夫墓前供養の他、野点茶会も行われる。

野点席9:00AM〜3:00PM
当日券 5,000円(8:30AMより受付)、前売券 4,500円の予定

北区鷹峯北鷹峯町
問:吉野太夫花供養保存会 075-492-6775 

●曲水の宴  4. 29(祝) 
  
城南宮 http://www.jonangu.com/

2:00PM 神苑・平安の庭
王朝時代を偲ばせる雅やかな行事。平安装束を身にまとった7人の男女が「楽水苑」のやりみずと呼ばれる小川のほとりに座り、川を流れ来る羽觴(うしょう=盃を運ぶ鳥形の船)が目の前に着くまでに歌を詠み終えます。
「楽水苑」は無料公開され、「白拍子の舞」も披露され、一層興味を添える。

伏見区中島鳥羽離宮町
問:075-623-0846 
 

中長期間

●嵯峨野トロッコ列車運転始動  3. 1(木)〜12. 29(土) 

 https://www.sagano-kanko.co.jp/ 

定休日 
水曜日(水曜日が祝日の場合は運転) 
※ただし、春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・紅葉の時期には水曜日も運転  

料金 
運賃(片道) 
  大人 620円 
  小人 310円  

備考 
きっぷ(指定席)のお求めはJR西日本の主な駅の「みどりの窓口」、全国の主な旅行会社等。  

お問い合わせ 
テレホンサービス 
 電話番号: 075-861-7444 
 

●保津川下り運航  17. 3. 10(金)〜18. 3. 9(金)
 
保津川下り運航 http://www.hozugawakudari.jp/

亀岡から京都・嵐山まで約16キロの渓谷を約2時間で下るスリルに富んだ船下り。
冬期はお座敷暖房船で運航される。
 
【運航日】
 年末年始(12/29〜1/4)、荒天時を除く毎日運航
※暴風雨、増水時は運航中止となるため、事前に要確認

定休日
2月と9月に安全点検のため各1日運休有り 

料金  大人 4,100円  小人 2,700円(4歳〜小学生) 

お問い合わせ
保津川遊船企業組合
  電話番号: 0771-22-5846  

●しょうざん渓涼床    4. 27(金)〜9. 30(日)

 http://www.shozan.co.jp/restaurant/yuka.html

洛北・鷹ヶ峰の広大な日本庭園を流れる清流・紙屋川の上に張り出した床で、京料理を堪能し、市内の喧噪を忘れ静かなひとときが満喫できます。

開催時間・営業時間
11時30分〜15時(ラストオーダー13時30分)
※11時30分〜13時、13時30分〜15時の二部制
17時〜21時30分(ラストオーダー19時45分) 

料金

  涼風膳 5,346円
  涼風三昧 7,128円
  涼風づくし 8,910円
 夜
  床会席 9,504円、11,880円、14,256円
※すべて税・サ込み 

備考
床料理と舞妓の夕べ
開催日 4/27、5/4、5/25、6/8、6/29、7/13、7/27、8/10、8/24、9/7
?部 17時〜19時、U部 19時30分〜21時30分 
 

月初〜月末

●滝の千年ツバキ  3月下旬〜4月上旬

 http://www.town-yosano.jp/wwwg/section/detail.jsp?common_id=441

京都府指定文化財・天然記念物「滝のツバキ」は樹齢1,200年、幹の周囲が3.26mにもなる巨大クロツバキで、「滝の千年ツバキ」の愛称で親しまれている。毎年春に濃紫紅の花を見事に咲かせる。また、多種の花が咲く椿散策道や、椿を花木にしている全国の市町村から集めた椿園もある。

お問い合わせ
与謝野町商工観光課 
電話番号: 0772-46-3269

●特別名宝展 嵯峨御所 大覚寺の名宝  

旧嵯峨御所 大覚寺門跡  http://www.daikakuji.or.jp/

大覚寺名宝展では、狩野山楽、永徳を始めとする狩野派の障壁画、平安・室町・鎌倉時代に造られた五大明王など旧嵯峨御所ならではの収蔵品をご覧いただけます。

開催時間・営業時間
9時〜16時30分

料金
大人800円  小・中学・高校生600円  (寺内拝観料を含む)

電話番号: 075-871-0071

●霊鑑寺春の特別公開   

霊鑑寺 https://www.kyokanko.or.jp/reikanji_haru2017/

30数種類の椿の見頃に合わせて庭園、文化財を特別公開。

左京区鹿ヶ谷御所ノ段町12
問:(財)京都市文化観光資源保護財団 TEL.075-752-0236

●京都府立植物園「桜ライトアップ」  3. 25(土)〜4. 9(日)

桜の美しさを日中はもとより、夜もお楽しみいただくために、園内の桜のうち約200本のシダレ桜・ソメイヨシノをライトアップします。春の宵闇に浮かびあがる桜の美しさを堪能。

開催時間・営業時間  日没〜21時(入園は20時まで)

入園料  一般 200円  高校生 150円

京都府立植物園内桜林、観覧温室前
  電話番号: 075-701-0141

●大徳寺塔頭・総見院春の特別公開  

 http://kyotoshunju.com

織田信長の菩提寺で、秀吉が創建。
信長公木像(重要文化財)が公開される。

開催時間・営業時間  10時〜16時 

料金
拝観料  大人 500円(今春のみ)  高校生 400円  中学生 300円 

京都春秋事務局
  電話番号: 075-231-7015

●松花堂つばき展  3. 30(金)〜4. 1(日)

松花堂庭園 http://www.yawata-bunka.jp/syokado/

内には茶花の代表ともいえる椿が200種近く植えられている。

入園料:600円
開園:9時〜17時
休園:毎週月曜日

八幡市八幡女郎花43
問:075-981-0010

●嵐電北野線 桜のトンネルライトアップ   3. 30(金)〜4. 1(日)

嵐電“桜のトンネル”ライトアップと「夜桜電車」の運行のお知らせ

 http://randen.keifuku.co.jp/news/

北野白梅町駅

嵐電「春の風物詩」となっている「桜のトンネルライトアップ」を今年も実施いたします。今年で11回目の実施となり、ライトアップに合わせて車内灯を消灯し、スピードを落としてライトアップ区間をゆっくりと走る「夜桜電車」の運行も行います。

ぜひ、車内から闇の中に浮かび上がる幽玄な夜桜をお楽しみください。

桜の開花に合わせて行われます。
鳴滝駅と宇多野駅の間は、路面の両側に見事な桜並木が続き、昼間ならまるで車内がほんのりピンクに染まるよう。
そして日が暮れると桜はライトアップされ、電車は車内灯を消して、幽玄の桜のトンネルをくぐります。

京都市北区
問:京福電車 075-801-5328

●鴨川さくらまつり

鴨川河川敷(三条大橋〜四条大橋間)
問:プラスワンネットワーク TEL.075-229-7713

●吉田キャンドルイルミネーション  4月上旬

吉田の瑠璃寺にあるしだれ桜のライトアップとキャンドルイルミネーションを実施。

樹齢300年といわれる古木と樹齢80年の二対の若木の桜で、観桜シーズンには桜が咲き乱れる。
なかでも樹齢300年といわれる古木は幹周囲2.52m、高さ7mにもなる。その景観の素晴らしさから舞鶴市の文化財にも指定された。

開催時間・営業時間  期間中 18時〜20時

舞鶴観光協会
  電話番号: 0773-75-8600 

●華道祭  4月上旬

 http://www.daikakuji.or.jp/

4/15が嵯峨天皇の命日にあたり、嵯峨天皇の遺をしのぶもので、献花法要が営まれます。
華展やお茶席もあります。

開催時間・営業時間  9時〜16時30分

参拝料 大人 500円 小・中学・高校生 300円

旧嵯峨御所 大覚寺門跡
  電話番号: 075-871-0071

●さくらまつり  4月上旬
  
笠置町産業振興会館周辺

問:http://kasagi.kyoto-fsci.or.jp/sakura.html

駅周辺をはじめ、あたり一面に咲き誇るサクラを、音楽をバックに楽しんでいただきます。

相楽郡笠置町

●高雄「山桜のライトアップ」  4月上旬

高雄周辺
紅葉で有名な高雄。春はそのもみじの新緑と共に咲く「山桜」「三つ葉山つつじ」など、綺麗です。

問:高雄保勝会 075-872-3636
18時〜20時30分(予定)

右京区梅ヶ畑

●冨田屋 花見の会  4月上旬〜4月中旬

西陣くらしの美術館 冨田屋 http://www.tondaya.co.jp/

※日程については要問い合わせ
日本独特の文化、花見。桜を愛でながらおいしい食事とお酒を大勢の人と一緒に楽しむ、日本を象徴する文化であり風習ではないでしょうか。町家見学の後、平野神社に移動し、花見の日本文化を満喫していただきます。
内容:「町家見学」+「平野神社にてお花見」+「花見弁当」

開催時間・営業時間
17時30分〜20時 

料金
会費 10,000円(税別) 

備考
要予約(受付は2名様から) 

お問い合わせ
西陣くらしの美術館 冨田屋
電話番号: 075-432-6701 

●長岡京春の観光まつり  4月上旬〜5月上旬

長岡天満宮

樹齢100〜150年のキリシマツツジが満開となります。
花が見ごろの時期には、たけのこの佃煮や竹製品など、特産物の販売も行われます。

長岡京市天神2丁目15-13
問:075-951-1025

●京都伏見三十石船運航  4月上旬の土・日・祝〜5月上旬

寺田屋浜 http://kyoto-fushimi-kanko.jp/

港町伏見を伝える三十石船。
春と秋に酒蔵と四季折々の表情が美しい水辺を巡ります。
寺田屋浜乗船場から三栖閘門を往復する。所要時間約40分。

開催時間・営業時間
9時35分〜15時35分発まで

料金
大人1,200円(中学生以上)・小人600円(小学生以下) 幼児300円(小学生未満) 

お問い合わせ
十石舟・三十石船乗船受付
電話番号: 075-623-1030

●清凉寺 霊宝館の特別公開  4月上旬〜5月下旬
  
清凉寺

9:00AM〜5:00PM
阿弥陀三尊像(国宝)、釈迦十大弟子像(重文)など多数公開。

拝観料
大人400円(本堂と合わせて拝観の場合700円)

右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町
問:075-861-0343 

●安楽寺春の特別公開   4月上旬〜6月上旬  の土・日・祝

安楽寺 http://anrakuji-kyoto.com

9:30AM〜4:30PM
桜の開花に合わせて公開され、以降つつじ、さつきと開花に合わせて特別に公開されます。
公開日は下記の通り。
※全ての日ではありません

桜(4月上旬の土曜日、日曜日)
つつじ(5月上旬の土曜日、日曜日、祝日)
さつき(5月下旬〜6月上旬の土曜日、日曜日)

左京区鹿ヶ谷御所ノ段町
問:075-771-5360
拝観料 400円

●松花堂つばき展  3. 30(金)〜4. 1(日)

松花堂庭園

内には茶花の代表ともいえる椿が200種近く植えられている。

入園料:600円
開園:9時〜17時
休園:毎週月曜日

八幡市八幡女郎花43
問:075-981-0010

●正法寺公開  3. 30(金)〜4. 1(日)

1191年開創。1546年、後奈良天皇の勅願寺となり、徳迎山と正法寺の勅額を賜う。現在の伽藍は、1630年、尾張藩祖 徳川義直の母(徳川家康公の側室 志水亀女)の菩提寺として再建された七堂兼備の大坊である。
公開日には重要文化財の建築物や大方丈の襖絵などが見学できる。

開催時間・営業時間
10時30分〜15時 

料金
700円 

電話番号: 075-981-0012 

●松花堂つばき展  3. 30(金)〜4. 1(日)

松花堂庭園 http://www.yawata-bunka.jp/syokado/

内には茶花の代表ともいえる椿が200種近く植えられている。

入園料:600円
開園:9時〜17時
休園:毎週月曜日

八幡市八幡女郎花43
問:075-981-0010

●京都さくらよさこい  3. 31(土)〜4. 1(日)

京都市役所前広場や御池通など京都市の中心街で繰り広げ、延べ200チーム 4,000名の華麗な演舞と、大人気企画「1時間総踊り」で春の京都を彩ります。

【開催場所】
京都市役所前広場、京都御池中学校、ゼスト御池、新風館、御池通、京都市美術館別館前、岡崎都市公園、平安神宮応天門(一部予定)

お問い合わせ
京都さくらよさこい実行委員会  http://www.sakuyosa.com

●八幡桜まつり  3. 31(土)〜4. 10(火)
  
 http://sp.jorudan.co.jp/hanami/

淀川河川公園背割堤地区
八幡市
問:八幡市商工観光課 075-983-1111 

1.4kmに及ぶ堤の両側には約250本のソメイヨシノが咲き誇り、さながら桜のトンネルをゆくようである。

駐車場あり
(八幡桜まつり期間中は、宇治川御幸橋の下流、北側の河川敷公園に臨時駐車場が設けられる。
普通車1,000円、大型バス3,000円)
※桜の開花時期は、特に混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用ください。 

●嵯峨大念仏狂言  4. 1(日)
  
清凉寺

1:30PM、2:30PM、3:30PM(3回)(予定)
郷土色豊かな念仏狂言で境内にある大念仏狂言堂で公開される。
出演者は、面を被り、鉦、太鼓、笛などの囃子に合わせて身振り、手真似で無言で演じられていく。(重要無形民族文化財)
この日の境内での見学は無料

右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町
問:075-861-0343 

●法然院春季伽藍内特別公開  4. 1(日)〜4. 7(土)
  
法然院 http://www.honen-in.jp

9:30AM〜4:00PM
本堂内にある本尊阿弥陀如来座像、狩野光信による襖絵などが公開。

左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
問:075-771-2420

●平安神宮観桜茶会  4. 1(日)〜4. 15(日)
  
平安神宮 http://www.heianjingu.or.jp

8:30AM〜4:00PM頃(茶席受付終了)
小説「細雪」にも讃えられた桜の名所。
茶亭や橋殿を配した池泉回遊式庭園には200本ほどの桜があり、中でも水面に花影を映したベニシダレザクラは必見。

料金 
神苑入苑料 600円 お茶券 600円

左京区岡崎西天王町
問:075-761-0221

●京おどり  4. 1(日)〜4. 16(月)
  
宮川町歌舞練場

12:30PM、2:30PM、4:30PM
宮川町の芸妓・舞妓が総力を挙げての春の祭典。

料金は
4,800円(茶券付一等席券)
4,200円(一等席券)
2,800円(茶券付二等席券)
2,200円(二等席) 
1,000円(二等席学生割引)
600円(お茶券)

座席は全席指定

東山区宮川筋
問:075-561-1151 

●都をどり  4. 1(日)〜4. 24(火)
  
祇園の芸妓・舞妓が演ずる京舞、咲き誇る艶麗な桜と美を競うように豪華な舞台が繰り広げられる。

開演時間
12時30分、14時20分、16時10分
 (公演時間はすべて50分程度)

料金
特等 4,600円
壱等 3,500円
※全席指定席 

備考
祇園甲部歌舞練場が休館中のため、京都芸術劇場 春秋座で開催されます。 

お問い合わせ
「都をどりin春秋座」予約係
電話番号: 075-541-3391

●建礼門院特別展  4. 1(日)〜5. 15(火)

長楽寺 http://www.age.ne.jp/x/chouraku/

9時〜17時
建礼門院ゆかりの品々、多数の遺宝の拝観。
拝観料:650円

東山区八坂鳥居前東入ル円山町626
問:075-561-0589

●仁和寺霊宝館春の公開   4. 1(日)〜5. 27(日)  

仁和寺 http://ninnaji.jp/

9時〜17時閉館(16時30分受付終了)
国宝の阿弥陀如来三尊像をはじめとする名宝の数々。
料金:大人500円

右京区御室大内33
問:075-461-1155

●松尾大社例祭 4. 2(月)   
  
松尾大社 http://www.matsunoo.or.jp

10:00AM〜
醸造祖神が祭神として有名な「酒の神様の社」。
本殿で神事が行われた後、茂山社中の狂言奉納と金剛流社中の謡曲を鑑賞することができる。

西京区嵐山宮町
問:075-871-5016

●清水 青龍会 ─観音加持─ 4. 3(火)
  
清水寺 http://www.kiyomizudera.or.jp/

2:00PM〜
大群会行の行道が奥之院「八功徳水の儀」に始まり、境内、門前町を練り〜観音加持〜を施します。
入山料 300円

東山区清水1丁目
問:075-551-1234

●開山祥忌  4. 3(火)

 http://www.obakusan.or.jp/

10時30分から開山堂で古式にのっとった中国式法要が営まれる。
萬福寺を開山した隠元禅師の祥月命日にあたる。

拝観料:500円

黄檗山萬福寺
電話番号: 0774-32-3900

●平安神宮紅しだれコンサート  4. 5(木)〜4. 8(日)
  
平安神宮 http://www.heianjingu.or.jp/

6:00PM〜9:00PM(雨天決行)
平安神宮の東神苑と南神苑の紅しだれ桜をライトアップ。
東神苑の貴賓館をステージにした幻想的で癒しを与えるコンサート。

公開時間 18時15分〜21時(最終入場20時30分)
演奏は18時40分〜19時20分と19時50分〜20時30分

入場料 2,000円(前売1,700円)
(演奏者は日により変わります)

岡崎西天王町
問:075-761-0221

●冨田屋 非公開文化財町家の大将さん  4. 6(金)〜5. 31(木)

冨田屋 http://www.tondaya.co.jp/

5月5日は端午の節句、男の子の無事の成長を祈るお祭りです。
西陣では、「大将さん」のお祭りと呼ばれ、武者人形やかぶとを飾ってお祝いをします。冨田屋でも、武者人形とかぶとを飾ってお祝いをしてきました。代々伝わる精悍な武者人形は一見の価値ありです。
内容:「町家体験」+「しきたりのお話」+「祝い弁当」

開催時間・営業時間  11時〜13時

料金  会費 8,640円(税別)

お問い合わせ
西陣くらしの美術館 冨田屋
 電話番号: 075-432-6701
 京都市上京区大宮通一条上ル

●「五月節句」展と「嵯峨人形」展   4. 6(金)〜5. 31(木)

博物館さがの人形の家

「五月節句」展
子供の日に飾る鎧や、非常に珍しい菖蒲兜・檜兜を展示します。
「嵯峨人形」展 
人形の王様と言われ、木彫で衣裳部分には、細かく美しい彩色が施されています。

定休日
月曜日(祝日の場合は翌日) 

開催時間・営業時間
10時〜17時 

入館料
  一般 800円  中学・高校生 500円  小学生 200円 

お問い合わせ
博物館さがの人形の家
  電話番号: 075-882-1421 

●油座のまつり (日使頭(ひのと)祭)  4. 7(土)
  
離宮八幡宮

11:00AM 湯だての神事 雅楽奉納
平安初期から油の発祥地となり中世にかけて離宮八幡宮は“山崎の油座”として栄えた。

乙訓郡大山崎町大山崎西谷
問:075-956-0218 

●亀岡さくらまつり  4. 7(土)

亀岡市内の桜の名所である「七谷川周辺」と「南郷公園」を舞台にさくらまつりを開催。
ステージイベントや飲食ブースをはじめ、抹茶席などが出展され、花見をより一層盛り上げる。

開催時間
10時〜15時 

お問い合わせ
亀岡さくらまつり実行委員会(事務局:亀岡市都市整備課)
  電話番号: 0771-25-5071 

●宇治川さくらまつり  4. 7(土)〜4. 8(日)

陶器まつり、宇治川春の市など行事多彩。

開催時間・営業時間
10時〜16時 

京都府立宇治公園(中の島)
問:(社)宇治市観光協会 TEL.0774-23-3334

●大野ダムさくら祭り  4. 7(土)〜4. 15(日)
  
大野ダム公園

1,000本桜の下で、桜食堂やグルメ街道、特産館が開設しており、虹の湖でのボート遊びや、対岸でのパターゴルフが楽しめる。
ライトアップで幻想的な音楽とともに浮かび上がる夜桜が見どころ(9:00PMまで)。

南丹市美山町樫原
問:大野振興会 0771-75-9110

●桜まつり  4. 7(土)〜4. 8(日)

向日神社

市民の木である桜の開花期に合わせ、毎年4月上旬の土曜日・日曜日に、向日神社の参道や境内をうずめる満開の桜の下で開催されます。祈願祭や野点、生け花展、琴・太鼓の演奏など、多彩な催しが行われます。

お問い合わせ
向日市商工会
  電話番号: 075-921-2732

●釈尊降誕花まつり  4. 8(日)
  
霊山観音教会  http://www.ryozen-kwannon.jp/

法要が行われ、野点の茶席も設けられ、高台寺から清水に続く東山の華やぎの一大スポットが終日賑わいます。
拝観料 200円

東山区下河原526-2
問:075-561-2205 

●やすらい祭  4. 8(日)
  
今宮神社

京の三奇祭のひとつ。
平安時代に流行した疫病をしずめるために行われたのが始まり。
花傘を中心に鉦(かね)や太鼓を打ち鳴らし、踊りながら町内を巡って神社に参ります。

北区紫野今宮町
問:075-491-0082

●賀茂曲水の宴  4. 8(日)
  
上賀茂神社 

1:00PM〜
有名な「ならの小川」からの分水で行われる「曲水の宴」は平安時代末期の風趣に富んだ姿を残す渉渓園で行われる。
詩歌の吟詠、管弦の弾吹奏は平安の「雅」を再現。野点の席も設けられる。
拝観料 1,000円(お茶券付)

北区上賀茂本山339
問:075-781-0011

●吉野太夫追善花供養  4. 8(日)

常照寺

島原の名妓、吉野太夫を偲ぶ典雅な催しで、近くの光悦寺から禿(かむろ)や男衆を従えた島原太夫の道中も見応えがあり、法要、吉野太夫墓前供養の他、野点茶会も行われる。
野点席9:00AM〜3:00PM
当日券 5,000円(8:30AMより受付)、前売券 4,500円の予定

北区鷹峯北鷹峯町
問:吉野太夫花供養保存会 075-492-6775 

●太閤花見行列  4. 8(日)
  
醍醐寺 http://www.daigoji.or.jp/

1:00PM〜
慶長3年に行われた太閤秀吉観桜の様子を再現した行列が三宝院唐門を出て境内を練り歩きます。

伏見区醍醐東大路町22
問:075-571-0002

●山崎聖天花まつり  4. 8(日)
  
観音寺(大山崎)

11:00AM  法要ならびに雅楽舞楽
        奉納・御神酒接待
12:00PM 六斉念仏おどり

大山崎町字大山崎
問:075-956-0016

●山科毘沙門堂観桜会  4. 8(日)
  
毘沙門堂

10:00AM〜3:00PM

洛東・山科の古刹の観桜会。
茶会や大正琴の生演奏もあります。
拝観料 500円
茶券 600円(予定)

山科区安朱稲荷山町
問:075-581-0328

●三重塔(国宝)開扉  4. 8(日)
  
浄瑠璃寺

塔内に安置されている薬師如来坐像(重文・一木造・藤原時代)を拝むことができる。

晴天時のみ

木津川市加茂町西小札場
問:0774-76-2390 

●えんむすび祈願 さくら祭  4. 8(日)
  
地主神社 http://www.jishujinja.or.jp/

白川女による地主桜の献花と献茶が行われ、謡曲「田村」「熊野(ゆや)」の奉納等が行われる

拝観料等
清水寺の入山料300円が必要

東山区清水1丁目(清水寺内)
問:075-541-2097

●鞍馬山の花供養  4. 8(日)〜4. 22(日)
  
鞍馬寺

幼少「義経」・牛若丸を語った謡曲「鞍馬天狗」でも有名な「雲珠(うず)」と形容される桜が咲きそろいます。
「うず」とは馬の鞍につける宝珠の形をした飾りで、山桜を中心に、それを彷彿とさせる桜が鞍馬の山のあちこちに・・・

愛山費 200円

左京区本町
問:075-741-2003

●二条城観桜茶会  4. 9(月)

二条城清流園

9:00AM〜3:00PM予定
徳川家康が将軍の居館として造営した二条城での観桜会。
普段は入れない庭園“清流園”で開かれ茶席二席、点心席が設けられる。
茶券 3,500円(予定)(入城料含む)

中京区堀川通り御池上ル
問:元離宮二条城事務所 075-841-0096

●桜花祭  4. 10(火)
  
平野神社 http://www.geocities.jp/daa01397/

桜の名所として知られ、鳳車、神馬、花山車が平野、衣笠一帯を巡行する。

北区平野宮本町
問:075-461-4450

●山吹まつり  4. 10(火)〜5. 5(祝)

松尾大社 http://www1.neweb.ne.jp/wa/matsuo/

境内には約3000株の山吹の花があります。
緑の中に咲く鮮やかな黄色の山吹が、こぼれんばかりに咲き誇ります。

西京区嵐山宮町
問:075-871-5016

●中酉祭  4. 11(水)

松尾大社 http://www1.neweb.ne.jp/wa/matsuo/

11時〜
醸造感謝祭とも呼ばれ、全国から醸造家多数が参拝。
酒造りは「酉の日」に終えるという習わしから生まれた祭は、盛大な催事が行われます。

西京区嵐山宮町
問:075-871-5016

●方除大祭  4. 13(金)〜4. 15(日)

城南宮 http://www.jonangu.com/

神苑の紅枝垂桜が盛りの頃に行われる大祭。期間中、郷土芸能の奉納(10時30分〜、13時30分〜)などがある。

神苑拝観:500円

電話番号: 075-623-0846

●六角堂夜の特別拝観 花と光の幻想空間  4. 13(金)〜4. 15(日)

 https://www.ikenobo.jp/rokkakudo/yakan.html

時間 18:00〜21:00
拝観料:無料

『いけばな発祥の六角堂 花と光の幻想空間』は、1400年の歴史を誇るいけばな発祥の地・六角堂で、境内にある『山門』『本堂』『池』などを舞台に、歴史ある六角堂の和空間を、次期家元・池坊由紀の5メートルを越える超大作いけばな作品で華麗に演出する。また、后を探していた嵯峨天皇が「六角堂の柳」で絶世の美女と出会ったという古くから伝わる逸話にちなみ、「縁結び」をテーマにしたいけばなも特別に展示。 

会場:紫雲山頂法寺 六角堂

●白峯神宮春季例大祭  4. 14(土)

 http://shiraminejingu.or.jp/

摂社、精大明神は蹴鞠道の神であることから、これにちなんで例大祭後、境内において蹴鞠神事の奉納がある。また、けまり体験ができます。

備考
雨天決行 

お問い合わせ
電話番号: 075-441-3810
京区今出川通り堀川東入飛鳥井町261

●嵯峨大念仏狂言   4. 14(土)〜4. 15(日)

郷土色豊かな念仏狂言で境内にある大念仏狂言堂で公開される。出演者は、面を被り、鉦、太鼓、笛などの囃子に合わせて身振り、手真似で無言で演じられていく。(重要無形民族文化財)
この日の境内での見学は無料

開催時間・営業時間  13時30分、14時30分、15時30分(3回)

お問い合わせ
清凉寺(嵯峨釈迦堂)
電話番号: 075-861-0343

●桜まつり  4. 14(土)〜4. 15(日)

宝泉寺

京紅しだれ美宝寿観音ざくらが見頃となる。
◎四国八十八ヶ所巡拝お砂ふみ(無料)
◎病除け祈祷 秘法お砂灸同時実施(4/15、4/16)
◎花店名物 うまいものまんぷく120円均一バザー開催(名物お土産、さんしょみそなど)

お問い合わせ
京都市右京区京北下熊田町
電話番号: 075-852-0407

●日吉窯元まつり  4. 14(土)〜4. 15(日)

地元の小学校で開催される陶器市では、超お買い得品や掘り出し物が目白押しです。
第18回では、陶磁器以外の作品も展示販売する手作り市も開催します。

開催時間・営業時間  10時〜17時 

京都日吉製陶協同組合
  電話番号: 075-533-1440

開催場所
東山区今熊野日吉町、南日吉町一帯 

●首塚大明神例祭  4. 15(日)

首塚大明神

源頼光が退治した酒呑童子を祀る。首から上の病にきくといわれ多くの参拝者で賑わう。

開催時間・営業時間  9時〜15時

住所
京都市西京区大枝

●茶宗明神社春季大祭  4. 15(日)

茶宗明神社

茶業関係者が茶宗明神として祀られた茶祖・永谷宗円に感謝を捧げる祭。

開催時間
午前 献茶式
午後 福引き  

お問い合わせ
茶宗明神社
  電話番号: 0774-88-6638

●春の例祭  4. 17(火)

御香宮神社 http://www.kyoto.zaq.ne.jp/gokounomiya/

祭神神功皇后の命日にちなんで催されます。

開催時間・営業時間   10時〜

電話番号: 075-611-0559 

●御影供(みえく)  4. 17(火)

海住山寺

本尊(十一面観音菩薩)大法要
大般若転読

開催時間・営業時間  11時開始 

電話番号: 0774-76-2256

●蟹供養放生会  4. 18(水)
  
蟹満寺
木津川市山城町綺田
問:0774-86-2577 

1:00PM開始
娘が助けた蟹が、蛇から求香垂ウれて困っている娘を救うため蛇を噛み殺して恩返しをしたという縁起による。

●大厄除追儺式(鬼くすべ)  4. 18(水)

宝積寺(宝寺) 

本堂で護摩が焚かれ、赤青黄の五匹の鬼が焙り出される「鬼くすべ」の行事が行われる。

開催時間・営業時間  14時〜 鬼くすべ

お問い合わせ
電話番号: 075-956-0047 
乙訓郡大山崎町大山崎銭原1

●清凉寺 御身拭式   4. 19(木)

嵯峨のお寺で年1回行われる、釈迦如来立像を拭い清める儀式です。

右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
問:075-861-0343

●長岡京きりしま・ぼたんまつり  4月下旬

長岡天満宮 http://www.nagaokakyo-kankou.jp/index.html

樹齢150年のきりしまつつじの観賞、野点茶席、生花展、きりしまつつじの苗木・特産物の販売、長岡京音頭披露、子供向けイベント。

長岡京市天神2丁目
問:075-951-1025 

●長岡京春の観光まつり 〜たけのこフェスタ〜   4月下旬予定

長岡天満宮

朝掘りたけのこ、たけのこ特産品・加工品、竹製品、観光グッズなどの販売。長岡京音頭の披露。献花祭、野点、生花展等。

長岡京市観光協会
電話番号: 075-951-4500

●京都・大原 宝泉院「春の夜灯り」  4月下旬〜5月上旬

お香の薫りと声明の響き、水琴窟の音が幻想空間を演出。

開催時間・営業時間
18時〜20時30分(受付終了) 

お問い合わせ
電話番号: 075-744-2409 

●青蓮院夜の特別拝観  4月下旬〜5月上旬
  
青蓮院 http://www.shorenin.com/

6:30PM〜9:30PM受付終了

泉回遊式庭園(伝相阿弥作)が蝋燭の炎で東山の麓に幽玄に浮かび上がる。

拝観料 大人 800円 小中高生 400円
(30名様以上は団体料金)

東山区粟田口三条坊町
問:075-561-2345

●長岡京春の観光まつり 〜乙訓寺〜   4月下旬〜5月上旬

2,000株のボタンが大輪の花を咲かせます。(見頃4月下旬)

開催時間・営業時間
8時〜17時 

料金
入山料 500円 

お問い合わせ
長岡京市観光協会
電話番号: 075-951-4500

住所
長岡京市今里3丁目14-7 

●乙訓寺ぼたんめぐり   4月下旬〜5月上旬

長岡京市観光協会主催の長岡京きりしま・ぼたんまつりに引き続き、ぼたんの観賞やお抹茶(有料)も楽しめる。
入山料 300円

長岡京市今里3丁目
問:075-951-5759

●春から秋の芦生ネイチャーガイドハイキング   4月下旬〜11月下旬 予定

芦生研究林

由良川源流域に広がる広大な原生林が満喫できる。
参加費 7,560円(ガイド付)

南丹市美山町芦生
問:美山町自然文化村 TEL.0771-77-0014

●正御影供   4. 21(土)

東寺(教王護国寺) http://www.toji.or.jp/

空海の命日にあたり、灌頂院の閼伽井(あかい)に絵馬が掲げられる習わし。
法要は10:00AM〜行われ、この日は御影堂を開扉し、一山の僧により勤行式が行われます。

南区九条町1
問:075-691-3325

●戒壇めぐりと一初(いちはつ)観賞会  4. 21(土)〜5. 5(祝)

得浄明院

長野県の善光寺の別院。
アヤメ科の中でも最も早く咲くイチハツ約200株を本堂のそばに植え公開しています。
落ち着いた色の花が見せるしっとりとした風情が楽しめます。

9時30分〜16時
拝観料 500円 

東山区知恩院山内林下町
問:075-561-3767

●つつじ・しゃくなげ園開園  4. 21(土)〜5. 13(日) 
  
三室戸寺

8:30AM〜4:30PM
境内の南側に約20,000株の平戸つつじと約1,000株のしゃくなげが美しい花を咲かせます。
入山料 500円(庭園入園料含)

宇治市莵道滋賀谷
問:0774-21-2067

●神幸祭  4. 22(日)

松尾大社  http://www.matsunoo.or.jp

千年の伝統を持つ神幸祭として知られ、11時頃神興6基が境内を出、正午頃桂離宮の東北方から桂川を船で渡り、3ヶ所に駐輦される。

電話番号: 075-871-5016

●法然上人御忌大会   4. 23(月)〜4. 25(水)

百萬遍知恩寺

11:00AM〜
法然上人誕生の地。
病気平癒を祈願しながら念珠繰りをします。

左京区田中門前町103
問:075-781-9171

●吉祥院天満宮春季大祭(春の六斎念仏)  4. 25(水)

吉祥院天満宮

六斎念仏は、吉祥院六斎念仏踊として継承され舞楽殿で奉納される。
鉦(かね)や笛に合わせて太鼓の曲打ちや獅子舞が演じられる。(重要無形民俗文化財)

開催時間・営業時間  20時頃〜21時すぎ

お問い合わせ
電話番号: 075-691-5303

●春の大原女まつり  4.28(金)〜5.15(火)

 http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/info/4065/

「平家物語」で知られる京の洛北の大原は「大原女」の里として有名。例年様々な催しを予定。
大原女時代行列 4/29予定

大原観光保勝会(日曜日・祝日を除く10時〜14時)
電話番号: 075-744-2148

●六道珍皇寺  春期特別拝観  4. 28(土)〜5. 6(日)

美人画の巨匠「上村松園」奉納秘蔵絵画の特別公開
堂本印象画伯の奉納絵画の特別公開
藤原期(平安後期)作の重文本尊薬師如来像の特別公開
小野篁・冥官・獄卒血像〈江戸時代)の特別公開
閻魔大王坐像(平安時代)の特別公開
小野篁卿冥途通い・黄泉がえりの井戸の特別公開
記念オリジナル若草色紙金泥朱印の授与(有料)

お問い合わせ
電話番号: 075-561-4129 

住所
京都市東山区松原通東大路西入る

●大徳寺真珠庵 坐禅会  2018年4月28日・5月26日 開催

とんちで有名な一休宗純禅師を開祖とする臨済宗大本山大徳寺塔頭寺院。
通常非公開の境内で静寂の中、住職による坐禅指導。
坐禅の説明と坐禅(50分)、呈茶(20分)、文化財特別拝観(30分)

開催時間・営業時間  10時〜(所要時間約2時間) 
料金  3,000円 

最小催行人数5名、最大30名
要予約(ホームページもしくは、メール、電話にて)

 http://kyotoshunju.com
 http://kyotoshunju.com/?temple=daitokuji-shinjuan

京都春秋事務局
電話番号: 075-231-7015

●曲水の宴  4. 29(祝)
  
城南宮 http://www.jonangu.com/

2:00PM 神苑・平安の庭
王朝時代を偲ばせる雅やかな行事。平安装束を身にまとった7人の男女が「楽水苑」のやりみずと呼ばれる小川のほとりに座り、川を流れ来る羽觴(うしょう=盃を運ぶ鳥形の船)が目の前に着くまでに歌を詠み終えます。
「楽水苑」は無料公開され、「白拍子の舞」も披露され、一層興味を添える。

伏見区中島鳥羽離宮町
問:075-623-0846

●飛行神社年次祭  4. 29(祝)

明治24年(1891)、二宮忠八はゴム動力によるプロペラ式模型飛行機(カラス型飛行機)を世界で初めて発明した。忠八が日本航空界のパイオニアといわれるゆえんである。その忠八が航空殉難者を合祀する。

資料館
大人300円  小・中学・高校生200円

飛行神社
電話番号: 075-982-2329 

●志明院大祭「しゃくなげ祭」  4. 29(祝)

修験道の古式に従い儀式が行われ護摩壇に点火される。参拝者一同の祈願護摩木も燃やされ、その後、おき火になったところを素足で歩く『火渡り行』がある。火渡り終了後、供養の餅まきなどがある。また、天然記念物のシャクナゲが有名で「しゃくなげ祭」ともいわれている。

開催時間・営業時間

13時〜

電話番号: 075-406-2061

●秘仏不動明王御開帳護摩供  4. 29(祝)

志明院

秘仏不動明王の御開帳と護摩木に願い事を書いて焚く。

開催時間・営業時間  13時〜 

電話番号: 075-406-2061

●足利尊氏公忌法要  4. 29(祝)

足利尊氏の法要。同日、子安地蔵(重文)の供養につづいて足利尊氏の遺志に基づき600年以上も続けられてきた施餓鬼も行われる。足利尊氏の母清子が子安地蔵に祈願して尊氏を安産したことから、子安延命地蔵尊として法要を行う。

お問い合わせ
電話番号: 0773-44-1565 

住所
綾部市安国寺町寺ノ段1

●比叡山桜まつり 「萌桜会」  4. 29(祝)〜5. 7(月)

比叡山延暦寺 http://www.hieizan.or.jp/

西塔地域にて坐禅体験ができます。

お問い合わせ
電話番号: 077-578-0001


●直指庵春の道場(阿弥陀堂)特別公開  

直指庵  http://www5e.biglobe.ne.jp/~jikisian/

阿弥陀如来坐像をお祀りする道場(阿弥陀堂)内での寺宝の展示。

開催時間・営業時間
拝観 9時〜16時30分
公開 10時〜16時 

料金
拝観料 500円 

お問い合わせ
電話番号: 075-871-1880 

住所
京都市右京区北嵯峨北ノ段町3

●石清水灯燎華(いわしみずとうりょうか)  5月3日〜5日の3日間

 http://www.iwashimizu.or.jp

境内にある数百基におよぶ石灯籠や釣り灯籠が灯され、重要文化財である朱塗りの御社殿や御神木桜などがライトアップされます。本殿拝観では神主による説明のほか、貴重な文化財を期間中限定で見ることができます。さまざまな灯りが織りなす壮麗で幽玄な景観が楽しめます。※日によって内容が異なる場合があります。
 


 
 
- back -