2018/02月の主な行事・祭り・他  *日時・料金などの最終確認は、自己責任です*
おすすめ

主な節分会

http://www.ne.jp/asahi/kiwameru/kyo/shun/setsubun.htm

●壬生寺節分会   2. 3(土)
  
壬生寺 http://www.mibudera.com/ 

境内で炮烙(ほうらく・素焼きのお皿)を求め、家族、知人の年齢・性別を墨書して寺に奉納します。
壬生狂言は2、3日1:00PM〜8回行われる(無料)4日はぜんざいの無料接待あり(先着1,000名)

中京区坊城通仏光寺上ル
問:075-841-3381

●吉田神社節分祭   2. 3(土)〜2. 4(日)

吉田神社  http://www.yoshidajinja.com/

吉田神社独特の厄除け法で厄塚により一年の無病息災を祈願します。
2日 6:00PM 追儺式
3日 11:00PM 火炉祭

左京区吉田神楽岡町
問:075-771-3788 

●追儺式鬼法楽   2. 3(土)

廬山寺  http://www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/

中国から伝来したと伝えられる通称「鬼おどり」が15時から始まり、太鼓、法螺の音を合図に赤鬼、青鬼、黒鬼は足拍子をとって本堂前を3度踊り回る。この鬼たちは邪気払いの法弓と紅白の蓬莱豆と護摩供養によって魔力を失い“福は内、鬼は外”の大声に追われ門外に逃げ去るという伝統の鬼法楽。

上京区寺町通広小路上ル北之辺町397
問:075-231-0355

●六波羅蜜寺節分会   2. 3(土)
  
六波羅蜜寺 http://www.rokuhara.or.jp/

4:00PMより行われる六斎念仏は開山空也上人の念仏踊りより千年来の伝統を持つ重要無形民俗文化財。
福豆まき、昆布茶と清酒の接待もある。

東山区五条大和大路上ル東入る
問:075-561-6980 

●針供養  2. 8(木)  
  
虚空蔵法輪寺 

手芸、芸能上達の守護仏として信仰。
針供養法要は1:00PM〜
甘酒の接待あり(志納)

西京区嵐山虚空蔵山町68-3
問:075-861-0069

●梅まつり  2月下旬〜3月下旬
  
青谷梅林 

城陽の梅を使った特産品の販売。
各イベントは詳細未定。
10:00AM〜3:00PM

城陽市
問:城陽市産業活性室 0774-56-4019,4005

●枝垂梅と椿 春の山まつり  2.18(日)〜3.22(木)
  
城南宮 http://www.jonangu.com/ 

神苑・楽水苑では「源氏物語」に登場する100余種の草木が四季を装います。
神苑内の150本余の紅白のしだれ梅が2月下旬より咲き揃い、後を追うように300本ものさまざまな椿の花が開花。
※毎日10時と14時には神職の案内もあります。

伏見区中島鳥羽離宮町
問:075-623-0846

●五大力尊仁王会   2. 23(金)
  
醍醐寺 http://www.daigoji.or.jp/ 

「五大力さん」の名で親しまれる五大堂での山伏たちによる法要。当日、五大力餅と呼ばれる大鏡餅を持ち上げる力くらべが名物で、持ち上げ時間を競うもの。

伏見区醍醐東大路町22
問:075-571-0002

●梅花祭  2. 25(日)
  
北野天満宮 http://www.kitanotenmangu.or.jp/ 

10:00AM〜 祭典
10:00AM〜3:00PM 野点茶会
祭神菅原道真公の命日にあたり、梅の花をこよなく愛でた道真を偲び祭典が行われる。
茶拝服券1,500円(宝物拝観と御供物引換券付)

上京区馬喰町
問:075-461-0005
 

中長期間  

●保津川下り運航  17. 3. 10(金)〜18. 3. 9(金)

亀岡から京都・嵐山まで約16キロの渓谷を約2時間で下るスリルに富んだ船下り。
冬期はお座敷暖房船で運航される。

【運航日】
年末年始(12/29〜1/4)、荒天時を除く毎日運航
※暴風雨、増水時は運航中止となるため、事前に要確認

定休日
2月と9月に安全点検のため各1日運休有り 

料金
大人 4,100円 小人 2,700円(4歳〜小学生) 

お問い合わせ
保津川遊船企業組合  http://www.hozugawakudari.jp/
電話番号: 0771-22-5846 
 

月初〜月末

●鴨東まちなか美術館  -不明-

祇園縄手通・古門前通・新門前通周辺

祇園縄手周辺には多くの骨董・古美術を商うお店が多くあります。約50店舗のお店が参加し、各お店のショーウィンドウに、お店自慢の1品を展示していただき、みなさんに鑑賞していただくイベントです。気に入った作品があれば購入も可能。

開催時間・営業時間

各店舗により異なる

お問い合わせ
祇園縄手繁栄会  電話番号: 075-561-0970 

●雪灯廊  1. 27(土)〜2. 3(土)

 http://www.miyamanavi.net/wp/wp-content/uploads/yukitourou4.jpg

美山町北

集落内の道端をろうそくの炎で幻想的に照らします。(予定)
18時30分〜花火(予定)

南丹市美山町北
問:美山町自然文化村
TEL.0771-77-0014

●美山の四季まるごと撮影「かやぶきの里雪灯廊」   

予約制
撮影テーマ(予定)
「かやぶきの里雪灯廊」

料金

参加費:5,500円(保険料・弁当代・送迎込み・税込み)

備考

都合により日程を予告なしに変更する場合がありますのでご予約の際は必ずお確かめください。
 ※京都駅まで送迎有

お問い合わせ
美山町自然文化村
電話番号: 0771-77-0014 

●湯立神事  2. 1(木)
  
石清水八幡宮 http://www.iwashimizu.or.jp/ 

春を呼ぶ節分行事で男山五水の一つ「石清水」から汲み上げた御神水を釜で沸かしご神前に献上、神楽女が笹の葉で釜の熱湯を激しく振りまき、厄除け・無病息災・五穀豊穣を祈る伝統神事。
12:00PM〜

八幡市八幡高坊30
問:075-981-3001

●千本えんま堂節分   2. 2(金)〜2. 3(土)
  
千本えんま堂(引接寺)

厄除けこんにゃく炊き(300円)は有名。
3日の夜は「えんま堂念仏狂言」が奉納されます。

上京区千本通廬山寺上ル
問:075-462-3332 

●聖護院節分会   2. 2(金)〜2. 3(土)

聖護院  http://www.shogoin.or.jp/

本尊不動明王(重文)は智証大師作と伝えられ、当日限り一般公開される。
山伏問答など修験道独特の作法も興味深い。
追儺式は3日13時〜

左京区聖護院中町15
問:075-771-1880

●八坂神社節分祭  2. 2(金)〜2. 3(土)
  
八坂神社 http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/ 

4つの花街のきれいどころの舞踊奉納と豆まきが行われます。
その後、福鬼が天下平安・五穀豊穣を願い福餅をまきます。
舞踊奉納と豆まき

2日 1:00PM先斗町
   3:00PM宮川町
3日 1:00PM祇園甲部
   3:00PM祇園東
今様の奉納 3日11:00AM

東山区祇園町北側
問:075-561-6155

●おかめ節分会  2. 2(金)〜2. 3(土)
  
千本釈迦堂 

前夜祭が2日の午後から、当日祭は3日9:00AMから始まる。
午後からは男女ともおかめ装束をし、祈願を受け、一年の厄除けをします。

厄除けこんにゃく炊き(400円)は有名。
3日の夜は「えんま堂念仏狂言」が奉納されます。

上京区今出川七本松上ル
問:075-461-5973

●吉田神社節分祭   2. 3(土)〜2. 4(日)
 
吉田神社  http://www.yoshidajinja.com/

吉田神社独特の厄除け法で厄塚により一年の無病息災を祈願します。
2日 6:00PM 追儺式
3日 11:00PM 火炉祭

左京区吉田神楽岡町
問:075-771-3788

●北野天満宮節分祭  2. 3(土)
  
北野天満宮 http://www.kitanotenmangu.or.jp/ 

狂言(1:00PMから)と上七軒歌舞会による日本舞踊が行われる。

上京区馬喰町
問:075-461-0005

●冨田屋 節分の豆まき  2. 3(土)
  
冨田屋 http://www.tondaya.co.jp/ 

西陣では歳徳棚という神棚にお供えした豆の中から、歳の数だけ豆を半紙に包んで体をさすり、次に歳の数に一つ足した数の豆を食べて、一年の健康と無事を祈ります。
そして残りの豆を家中にまいてまわります。
冨田屋の歳徳棚に供えられた御利益たっぷりの豆をいただいて、一年の健康を祈る豆まきをお楽しみ下さい。

時間>
11:00AM〜1:00PM

コース>
「町家体験」+「節分のしきたりの話」+「節分ミニ懐石」

料金>
8,400円

上京区大宮通一条上ル
問:075-432-6701

●壬生寺節分会   2. 3(土)
  
壬生寺 http://www.kyoto.zaq.ne.jp/mibu/ 

境内で炮烙(ほうらく・素焼きのお皿)を求め、家族、知人の年齢・性別を墨書して寺に奉納します。
壬生狂言は2、3日1:00PM〜8回行われる(無料)4日はぜんざいの無料接待あり(先着1,000名)

中京区坊城通仏光寺上ル
問:075-841-3381

●不動堂開扉法要  2. 3(土)
  
金閣寺(鹿苑寺)  http://www.shokoku-ji.jp/

節分の日、秘仏の弘法大師作と伝える石不動の明王法要が営まれます。
11:00AM頃〜
法要の後に開扉が行われ、不動堂の参拝ができます。

北区金閣寺
問:075-461-0013

●平安神宮節分祭  2. 3(土)
  
平安神宮  http://www.heianjingu.or.jp

大儺の儀は平安朝当時、宮中の年中行事として行われていた追難式の古式を復元したものです。
福豆まき 3:00PM〜

左京区岡崎西天王町
問:075-761-0221

●六波羅蜜寺節分会  2. 3(土)
  
六波羅蜜寺 http://www.rokuhara.or.jp/ 

4:00PMより行われる六斎念仏は開山空也上人の念仏踊りより千年来の伝統を持つ重要無形民俗文化財。
福豆まき、昆布茶と清酒の接待もある。

東山区五条大和大路上ル東入る
問:075-561-6980

●天龍寺七福神めぐり  2. 3(土)
  
天龍寺  http://www.tenryuji.com/

総門前で福笹を受け、境内の塔頭7ヶ寺のお礼を受けて廻る。
三秀院、弘源寺、慈済院、松巌寺、永明院、寿寧院、妙智院
福笹:2,500円

右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
問:075-881-1235

●節分祭  2. 3(土)
  
向日神社

10:00AM〜福豆が配られる。

向日市向日町北山
問:075-921-0217

●星供節分会  2. 3(土)
  
宝積寺 http://www.joho-kyoto.or.jp/~oyamazak/ 

宝船や豆まき、七福神の行列などが催される。

乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原
問:075-956-0047

●節分会  2. 3(土)
  
小倉神社 

5:30PM〜 豆まき
甘酒の接待あり

乙訓郡大山崎町円明寺小字鳥居前
問:075-956-2044

●節分祭  2. 3(土)
  
宇治神社 

正午頃から神事のあと豆まきが行われる。福豆を購入すると福引きもある。

宇治市宇治山田
問:0774-21-3041

●追儺式鬼法楽    2. 3(土)

廬山寺  http://www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/

中国から伝来したと伝えられる通称「鬼おどり」が15時から始まり、太鼓、法螺の音を合図に赤鬼、青鬼、黒鬼は足拍子をとって本堂前を3度踊り回る。この鬼たちは邪気払いの法弓と紅白の蓬莱豆と護摩供養によって魔力を失い“福は内、鬼は外”の大声に追われ門外に逃げ去るという伝統の鬼法楽。

上京区寺町通広小路上ル北之辺町397
問:075-231-0355

●京町家の日常風景一般公開  2. 3(土)〜2. 4(日)

季節に合わせた日常の室礼などを静かな佇まいの中、見学いただけます。

開催時間・営業時間  12時30分〜17時閉館 

料金  大人 1,000円  高校生以下 800円 

お問い合わせ http://www.sugimotoke.or.jp/
公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会
  電話番号: 075-344-5724 

●追儺式  節分の日

鞍馬寺  http://www.kuramadera.or.jp/index.html

14時〜 陰陽師が祭文を読み上げ、桃の弓に矢をつがえて鬼を払う宮中行事を再現します。
愛山費 200円 中学生以下無料

左京区鞍馬本町1074 
075-741-2003

●初午大祭  2. 7(水)

伏見稲荷大社  http://inari.jp/

稲荷大神が稲荷山に鎮座したのが和銅4年(711)2月初午の日。
この日、ご神木である「しるしの杉」をうけて家運の隆盛を祈る習わしがある。
の日稲荷山の土を持ち帰って田畑に入れると豊作になると伝わる。

開催時間・営業時間
祭典 8時〜

お問い合わせ
伏見稲荷大社  電話番号: 075-641-7331

●世継地蔵尊大祭  2. 8(木)

世継地蔵上徳寺

毎年2月の一億却日功徳日に催されるご利生祈念の法要。
世継地蔵尊は子を授け、福を授けてくれるといわれます。
世継地蔵尊十種福ご祈願 10:00AM
柴灯護摩供 2:00PM

下京区富小路五条下ル本塩竃町556
問:075-351-4360

●針供養  2. 8(木)
  
虚空蔵法輪寺

手芸、芸能上達の守護仏として信仰。
針供養法要は1:00PM〜
甘酒の接待あり(志納)

西京区嵐山虚空蔵山町68-3
問:075-861-0069

●三重塔(国宝)開扉  2. 8(木)
  
浄瑠璃寺 

塔内に安置されている薬師如来坐像(重文・一木造・藤原時代)を拝することができる。

相楽郡加茂町西小札場
問:0774-76-2390

●椿   2月中旬〜4月上旬
  
松花堂庭園  http://www.yawata-bunka.jp/syokado/

園内には茶花の代表ともいえる椿が200種近く植えられている。
入園料 400円
開園 9:00AM〜5:00PM
休園 毎週月曜日

八幡市八幡女郎花43
問:075-981-0010 

●初午大根焚き法要   2. 9(金)〜2. 12(祝)
  
三千院 http://www.sanzenin.or.jp/

護摩堂でご祈祷の後、大原の畑でとれた大根で大根炊きが行われ無料で参拝者に配られる。
8時30分〜

左京区大原来迎院町540
問:075-744-2531

●早春の草花展   2. 9(金)〜3. 11(日)

京都府立植物園  http://www.pref.kyoto.jp/plant/

10時〜16時
北山門広場特設会場に、ハナナやストック、プリムラなど約200品種20,000株の春らしい草花がいっぱい飾られます。
一足早い春が感じられ、会場の回廊を歩けば、花の彩りと芳香に優しく包まれます。

左京区下鴨半木町
問:075-701-0141

●伝統産業の日2018  2. 10(土)

岡崎、東山、西陣、室町ほか市内一円

京都市では、春分の日を「伝統産業の日」と定め、この日を中心に京都の伝統産業に触れ親しんでいただく様々なイベントを展開しています。
京都市勧業館(みやこめっせ)では、作品展や実演も行われます。【きものでおでかけ・入場無料】等、多彩なイベントを実施予定。

京都市伝統産業課
  電話番号: 075-222-3337

●冬期特別拝観  2. 10(土)〜2. 12(祝)

六道珍皇寺

藤原期(平安後期)作の重文本尊薬師如来像の特別公開
小野篁・冥官・獄卒血像(江戸時代)の特別公開

閻魔大王坐像(平安時代)の特別公開

紅葉色紙、紺色紙の金泥朱印の授与

六道珍皇寺
  電話番号: 075-561-4129

●美山雪まつり  2. 11(祝)
  
美山町自然文化村

大雪だるま大会やクロスカントリースキー、雪上の楽しいゲームが楽しめる。

南丹市美山町中
問:0771-77-0014

●城南宮 七草粥   2. 11(祝)
  
城南宮 http://www.jonangu.com/ 

七草粥を食し無病息災を願う。
源氏物語の若菜の巻にちなみ、春の七草を供え、一般参拝者に七草粥の接待が行われる。
七草粥授与(一膳450円)

伏見区中島鳥羽離宮町
問:075-623-0846

●竹送り  2. 11(祝)
  
観音寺〜木津川泉大橋〜奈良二月堂

8:00AM〜
観音寺付近の竹林で切りだした竹を運び、道中、家内安全を祈願して大御堂で山城松明講の文字を竹に入れ、奈良坂から肩にかついで、東大寺まで運ぶ。
奈良東大寺二月堂のお水取りで使用する籠松明の真竹を寄進する行事で、昭和53年に復活した。

京田辺市普賢寺下大門13
問:京田辺市観光案内所 0774-68-2810

●バレンタインコンサート  2. 11(祝)

水景園 http://www.keihanna-park.jp/

関西文化学術研究都市記念公園

相楽郡精華町精華台6丁目1番地
問:0774-93-1200

●採燈大護摩焚き供  
  
柳谷観音(楊谷寺) http://www.yanagidani.jp/ 

厄除け、幸せを招く法要。護摩木・人形と呼ばれるものに願い事などを記入してお焚き上げします。
※甘酒無料接待あり

長岡京市浄土谷堂ノ谷2
問:075-956-0017

●燃灯祭  2. 13(火)
  
上賀茂神社 http://www.kamigamojinja.jp/ 

2:00PM〜
平安時代から伝えられている祭事は、昔人々が春を待ちこがれて野原に出、若菜を摘み、春の到来を尊び宴遊した野辺遊びを神事化したものです。
同行して見学することができます。

北区上賀茂本山339
問:075-781-0011

●京都マラソン  2. 18(日)

京都市内  http://www.kyoto-marathon.com/

西京極総合運動公園をスタートし、平安神宮までの京都市内の数々の観光地を巡るコースで行われる大規模な市民参加型マラソン大会。
山紫水明の自然を感じながら、7つの世界文化遺産など多くの観光名所を巡り、送り火の五山の全てを眺望できるなど、国際文化観光都市・京都の魅力を満喫できるコースです。

スタート地点:西京極総合運動公園
ゴール地点:平安神宮前

京都マラソン実行委員会事務局(京都市文化市民局市民スポーツ振興室内)
  電話番号: 075-366-0314

●しだれ梅と椿まつり  2.18(日)〜3.22(木)

城南宮  http://www.jonangu.com/

神苑・楽水苑では「源氏物語」に登場する草木をはじめ、100余種の草木が四季を装います。神苑内の150本余の紅白のしだれ梅が2月下旬より咲き揃い、300本ものさまざまな椿の花も開花。

開催時間・営業時間
神苑拝観受付 9時〜16時 

料金
神苑拝観料 600円 

備考
梅が枝神楽
 期間中神楽殿の表舞台で、梅の花を手にした巫女が神楽を舞います。
 梅ヶ枝神楽
  平日 10時〜
  土曜日、日曜日、祝日 10時〜、15時〜 

お問い合わせ
城南宮
  電話番号: 075-623-0846

●梅まつり  2月下旬〜3月下旬
  
青谷梅林 

城陽の梅を使った特産品の販売。
餅つき大会(各日曜日、1日2回、期間中延べ8回、雨天中止)の実施。
10時〜15時(売店)

城陽市
問:城陽市産業活性室 0774-56-4019,4005

●冨田屋 町家に残された最古のお雛様   2. 20(火)〜4. 3(火)

冨田屋 http://www.tondaya.co.jp/ 

三月三日は女の子のお節句。
京都では旧暦で一ヶ月遅れでお祝いいたします。
富田屋では、昔のお雛祭りのしきたりを復活させたいと思い、皆様で祝いたいと思います。
代々のお雛様も生き生きとお出ましくださいます。

時間>
11:00AM〜1:00PM

夕食会も有り(町家見学・呈茶付)
17時〜、15,000円(貸し切り、税別・サ込)

コース>
「町家見学」+「しきたりのお話」+「お雛祭り会」

定員>
20名

会費 8,000円(税別、特別料理+白酒付)

上京区大宮通一条上ル
問:075-432-6701

●五大力尊仁王会  五大力法要   2. 23(金)
  
醍醐寺 http://www.daigoji.or.jp/ 

「五大力さん」の名で親しまれる五大堂での山伏たちによる法要。当日、五大力餅と呼ばれる大鏡餅を持ち上げる力くらべが名物で、持ち上げ時間を競うもの。

醍醐寺 聖護院山内・積善院凖提堂

伏見区醍醐東大路町22
問:075-571-0002

●博物館さがの人形の家  「おひなさま」展    2. 23(金)〜4. 1(日)

博物館さがの人形の家 http://www.sagano.or.jp/

江戸期より昭和期にかけてのいろいろなお雛さまを展示します。

開館時間 9時30分〜17時
休館日 火曜日

入館料 一般 800円 中高生 500円 小学生 200円

右京区嵯峨鳥居本仏餉田町12
問:075-882-1421

●伝統芸能定期公演  2. 24(土)

道の駅「和」

1:30PM〜
小畑万歳、和知太鼓の公演他
協力費 300円(大人) 100円(小・中学生)
毎週火曜日休館

船井郡京丹波町坂原
問:道の駅「和」道路情報センター 0771-84-1522

●第3回かさぎドキュメンタリー映像祭  2. 24(土)

 http://kasagidocument2015.wixsite.com/kasagi-fes

良質なドキュメンタリー映像の上映と多彩なゲストトークを通じて、新しい地域交流文化の創造を目指します。

料金
1プログラム券
  前売り 500円
  当日 700円(小・中学生は500円)
フリーパス券 2,000円 

お問い合わせ
「かさぎドキュメンタリー映像祭」実行委員会
  電話番号: 080-6108-2007  

●梅まつり  2. 24(土)〜3. 18(日)

城陽の梅を使った特産品の販売。
・オープニングセレモニー 2/25
・茶だんごのふるまい(2/25、および各日曜日、祝日)
・京都城陽青谷の梅城州白スイーツコンテスト表彰式 2/25 

開催時間・営業時間  10時〜15時(売店) 

城陽市観光協会
  電話番号: 0774-56-4029 

●梅花祭  2. 25(日)
  
北野天満宮 http://www.kitanotenmangu.or.jp/ 

10:00AM〜 祭典
10:00AM〜3:00PM 野点茶会
祭神菅原道真公の命日にあたり、梅の花をこよなく愛でた道真を偲び祭典が行われる。
茶拝服券1,500円(宝物拝観と御供物引換券付)

上京区馬喰町
問:075-461-0005

●宇治川マラソン大会  2. 25(日)

府民及び市民の憩いの場、スポーツの場としてすっかり定着した「太陽が丘」を出発、風光明媚な宇治川沿いを走るコース(5Km・10Km・ハーフマラソン)はジョギング愛好家に人気があり、全国から約2,500人が参加する。

主会場(スタート・ゴール):太陽が丘

お問い合わせ

 宇治川マラソン大会実行委員会事務局(財団法人宇治市体育協会内)
  電話番号: 0774-22-1150
 


 
 
- back -