維 新 語 録
1 君は男ぶりがよいから女が惚れる。
僕は男ぶりは悪いが、やっぱり女が惚れる。
2 何でも思い切ってやってみることですよ、どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様
骨となって一生を終わるのだから。
3 薩長の連合は、日本国を救わんが為である。
してみれば一藩の面目の如きは、この際忍ばねばならぬことである。
4 私が死ぬ日は天下大変にて、生きておりても役にたたず、おろんとも立たぬようにならねばなかなかこすい奴で死にはせぬ。
5 どうだ、
あの一隊を突っきってみる勇気があるか。
6 後藤は、一言も過去を語らず、ただ前途の大局を話す。
よほどの人物でなければできない境地である。
7 願わくは公明正大の道理に基き
一大英断を以って天下を更始一新せん。
8 天下に事をなそうとする者なら、
腫れ物が十分化膿するまで、針で膿を突いてはいけない。
9 主義の異同は敢えて問わず。
隊中唯一人の士を同化する能わずして、また何をか為さんや。
10 土佐の芋堀ともなんとも言われぬ居候に生まれて、
一人の力で天下を動かすべきは、これまた天下よりする事なり。
11 海援隊には役者もおれば乞食もおるが、
腹わただけはきれいだぞ。
12 国を開くの道は、戦いする者は戦い、修行する者は修行し、
商法は商法で銘々かえりみずやらねば相成らず。
13 実に、お国のような所にて、何の志の無き所に、
ぐづぐづして日を送るは実に大馬鹿者なり。
14 海援隊規約は簡単なものにしてある、それは鶴が自由に天を翔るような光景であり、
鳥籠の中に閉じ込められている情景ではないのだ。
15 自分に万一のことがあったら、薩摩の西郷と大久保に伝えてほしい。
二人に線香を手向けてもらえれば成仏できる。
16 私などは運が強く、死ぬような場であっても死ぬことは無く、
自分で死のうと思っても生きなければならないことになる。
17 日本を今一度
洗濯いたし申し候にいたすべく心願にて候。
18 はてさて人間の一生というのは合点のいかぬものよ、
運の悪い者は風呂から上がる時に金玉をぶつけて死ぬものである。
19 是より、もうつまらぬ戦いはおこすまい、
つまらぬ事にて死ぬまいと、たがいに固く約束いたし候。
20 人間と云うものは、世の中の牡蠣殻の中に住んでおるものであるわい。
おかしおかし。
21 蝦夷地に新しい国家を開こうとすることは、私の一生の念願です。
これは、一人でもやり遂げたいと思っております。
22 人誰か父母の国を思はざらんや。
然るに忍んでこれを顧みざるは、情の為道にもとり、宿志の蹉跌を忍るるなり。
23 今年正月二十三日夜の難にあいし時も、
この龍女が居ればこそ、龍馬の命は助かり・・・・・
24 天下の世話は実に大雑把なるものにて、
命さえ捨てれば面白きなり。
25 この龍馬をよくいたわりてくれることが国家の為にて、
けっして、天下国家の・・・などと言うことはいらぬこと。
26 お龍と天の逆鉾を見に露島に登った。
よく動くので、二人でエイヤと引き抜けば、たった四〜五尺の物、
また元におさめて二人で大笑いした。
27 僕は役人を厭う。
時を定めて家を出で時を定めて帰るなどは、僕の堪えざる所なり。
28 商人の狡猾なるは当然なり、
狡猾ならずんば利益を得るあたわず。
29 西郷は馬鹿だ。
しかし、その馬鹿の幅がどれ程大きいか解からない。
小さく叩けば小さく鳴り、大きく叩けば大きく鳴る。
30 一戦争済めば山中へはいって安楽に暮らすつもり、
役人になるのは俺はいやじゃ。
31 この文は極大事の事ばかりにて、
けっしてべちゃべちゃシャベクリには、
ホヲホホヲいややの、けっして見せられぬぞへ。

竜馬通り商店街 -龍馬めくり- より

- back -