エンジンは見ていて飽きないものですね。 芸術品?
まさしく芸術品なんです。余裕のエンジンスペックをみてください。


【MSS54 Power Unit】

最高出力343ps
0-100km/h加速5.2秒!!
.BMW M POWER

E46/M3
 3,246cc 直列6気筒DOHC/4バルブ
 【MSS54 Power Unit】

POWER ps/rpm 343/7,900
MaxTorque kg-m/rpm 37.2/4,900
最終減速比 3.620
  
新設計のS54エンジンはピストン・コンロッド・クランクシャフトなどはそれぞれ20%の軽量化が施されています。また、シリンダーヘッドは上下に2ピースだったものが1ピースになり軽量化に貢献しています。

 そして、エンジン全体では15kgの減量となりました。
今回のエンジンはE36/M3のS52エンジンとは性格が異なるようです。E36のエンジンの最大トルクの発生は3250rpm、今回は1000rpm以上高くなり、4900rpmで37.2kg-m/rpmを叩き出すことになる。

 これだけ見ても高回転指向のスパルタンなエンジンとなっています。
 但し、高回転型のエンジンにもかかわらず、2000rpmで最大トルクの80%を発生すると言いますから街乗りでも安心というわけですね。憎たらしいヤツが来たもんだ。
あくまで自然吸気(NA)にこだわるMSS54エンジン
リッター当たりの出力は106psに達します。
燃費は 100 km 当たり 119 リッター。街乗り、通勤に使っても7km/lぐらい。

というからすごいエンジンですね。



E46/M3-CSL Engine(リッター当り111馬力を実現したエンジン)
■インテーク側のちがいには驚かされます。さらにカーボン製ですからねぇ。

POWER ps/rpm 360/7,900
MaxTorque kg-m/rpm 37.7/4,900
最終減速比

3.620

 




Copyright(C)  Since Dec 30.1999 〜 2013 
  ■ KITAHO
Allrights reserved