『かしゃぐら通信』 Khasya Rreport --- Khasyaは熱帯原産の松 Pinus Khasya のこと。3葉の松で、幹と枝はすらりとした樹形。松はシンハラ語でデーワ・ダーラ(神の枝)と言う。日本のフォークロアも松を神の依り代としている。   かしゃぐら通信 Khasya Report Top page かしゃぐら通信
生い立ち
 「かしゃぐら通信」Khasya Report シンハラ語/シンハラ語の話し方・読者の方へ/和平への足跡/カレーライス/かしゃぐら通信索引/著作・発行 かしゃぐら通信
「かしゃぐら通信」のシンハラ語の世界へ。日本語で話せるシンハラ語とは? その不思議で懐かしいな言語世界へ。 シンハラ語の話し方・読者の方へ 本の内容をパワーアップ。更に詳しいシンハラ語の世界へ。 1893年、ヌワラエリヤにエリザというイギリス人女性が暮らしていた。英国が開いたその高地の町で、彼女は「セイロンの歴史」という名の冊子を読んでいた日本が4年にわたって関与したスリランら和平。進展は見られぬままにノルウエーが再び仲介を始めたものの、内戦状態が勃発して和平は急停止した。そして… スリランカのカレーが、まだまだ日本に伝わらない。カラピンチャ、ポルサンボール。そうしたスリランカ料理の真髄さえ、知られないでいる。伝説の店・スリランカ料理トモカのレシピをもう一度覗いてみよう。 「かしゃぐら通信」索引へ 「かしゃぐら通信」の全項目を一覧。探している項目が容易に見つかります。

『かしゃぐら通信』とは
生い立ち



Khasyagura Subharanchiya

 
「かしゃぐら通信」生い立ち

◎出自
 元スリランカ料理トモカの店主・丹野冨雄が主管する出版社。そもそもは「南の島のカレーライス」という本に始まった。
「南の島のカレーライス」は原題を「椰子・唐辛子・鰹節」と言い、小学館の週刊ポストとSAPIOが共催する「21世紀国際ノンフィクション大賞」第1回の最終候補作(5篇)のひとつだった。この本が契機となり、以降、丹野冨雄はスリランカに関する著作を重ねている。
◎展開
 2009年に「シンハラ語の話し方別冊・日本語=シンハラ語小辞典」がかしゃぐら通信から発刊された。シンハラ語の内容が高度になったため、著者自身が編集せざるを得なくなり、版作りまでを手がけるようになり、出版社として『かしゃぐら通信』を立ち上げた。
 「かしゃぐら通信」はその後、『シンハラ語の話し方・増補改訂』、『てらやま・まんだら』を発行、現在、『南の島しカレーライス・オリジナル版』を準備中。


Amazonでも「かしゃぐら通信」の本が買えます。 
Amazonで扱っている『かしゃぐら通信』の本・一覧


さらきやゆとぅい>
「かしゃぐら通信」のページを「お気に入り」などに保存されている方は、更新を試みてください。ページが新しくなっている可能性があります。更新されたページは情報の深度がより深い可能性があります。
『かしゃぐら通信』記載のシンハラ語、および、シンハラ語新聞を読むにはシンハラ語フォントのインストゥールが必要です。詳しくは『シンハラ語Q and A』QA23をご覧ください


◎お問合せ→ 「かしゃぐら通信」


(C)2002−2012 かしゃぐら通信Khasya Report