南の島のカレーライス・キンドル版
     1995復刻版

 


1995復刻版 南の島のカレーライス

発刊当時のままの内容で「南の島のカレーライス」(南船北馬舎刊/絶版)がキンドルに登場。オリジナル版にはない「傘どろぼうの無実」もそのままに掲載。臨場感溢れる文体が読書の想像力をおおいに膨らませてくれます。読み応えのある一冊。
 「南の島のカレーライス」(南船北馬舎刊/絶版)がキンドルに復活。
 NHK・BSのアジア食紀行でも紹介されたスリランカ料理。何度か再放送され、地上波の教育でも放送されました。あの番組が紹介したスリランカ料理はこの「南の島のカレーライス」がベースになっています。

 この本は1995年に発刊された「南の島のカレーライス」(南船北馬舎・廃刊)をkindle版として再構成。現在、紙の本には写真とイラストを豊富に加えた「南の島のカレーライス・オリジナル版」(2012)がありますが、このkindle版はその原型となるもの。

 カレーライスを訪ねて巡り合ったものは?

 熱帯の島ではカレーをかつお節で作っている。そんなことがあるのかと、著者はかつおを訪ねて海に乗り出し、山の中にはカレーの原型があると聴けば南の島の山の中にどんどん分け入ってその原型カレーを探し出します。そして、明治時代に英国に留学する漱石がセイロンのコロンボに寄り、町でカレーを食べたと知るやいなや、その店をとことん探し出す。そして、そして。いやいや、カレーとの不思議な出会いがまだまだ続きます。