写真・イラスト・文 丹野冨雄
南の島のカレーライス オリジナル版





南の島のカレーライス・オリジナル版
写真・イラスト・文 丹野冨雄
発行 かしゃぐら通信
254ページ (カラー20ページ) A5版 ソフト・カバー
2,700円(本体2,500円+税)
ISBN 978-4-9904580-3-4
2012年7月30日発行

キンドル版
紙の本

  











漱石、コロンボでカレーを食べる。それは一体どんなカレーだった? 

カレーライスの原像を南の島スリランカに探る食紀行。
椰子、唐辛子、鰹節、米、魚醤、野草、スパイス、アーユルウェーダの粥…そして至極の紅茶。スリランカの食と民俗を訪ねて海を山を、街を村を縦横無尽に著者が歩く。


「南の島のカレーライス」は1995年に南船北馬舎から発行され(現在は廃刊)、2012年にオリジナル版が新たに発行されました。オリジナル版は旧作にはなかったイラスト・写真を加え、旧版の情報を更新して大幅に書き換えられました。
 漱石のコロンボ・カレーは「南の島のカレーライス」が発掘して以来、さまざまな反響を生みました。あの漱石カレーはその後、どうなったか。カレーの原型・マリガトーニィ・スープの新たな展開とは? スリランカのアーユルウェーダが食の世界にもたらす伝統の技とは? 



南の島のカレーライス オリジナル版

伝統のスリランカ料理をスリランカ各地の食堂と家庭を訪ねて紹介します。

スリランカ料理を写真・イラスト・文で紹介
 スリランカ料理の基本のハーブを写真・イラスト・文で紹介。スパイスの基本、海と山の食材、エスニックでエコロジーな調理道具。いまどきのスリランカではなかなかお目にかかれないレアな古典の品々も。





南の島のカレーライス オリジナル版 内容
はじめに
 ご飯がパラパラに炊けるわけ
  カレーライスの原像
  日本に紹介されたカレーは西洋料理だった。そして、そこにはある秘密が?
唐辛子のなぞ
  
モルディブから来た旨み
  
古代の異臭
  
台所の呪術師たち
  
ビクトリア朝の優雅な作法
   
スリランカ料理通 スリランカ料理名概説
  スリランカ料理三十二品料理レシピー

「南の島のカレーライス オリジナル版」
アマゾンで購入する南の島のカレーライス オリジナル版


廃刊となった『南の島のカレーライス』(1995年・南船北馬舎刊)がかしゃぐら通信からkindle版として発行されました。
キンドル版の詳細(かしゃぐら通信サイト内)
アマゾン・キンドル・ストアで確かめる(アマゾンへ)
南の島のカレーライスkindle版 関連ページへ





参考図書
家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理

日本初の本格的なスリランカ料理レシピー本。