ホーム(目次)へ


素人流ブドウの育て方


庭でブドウを育てている人を良く見かけますが、間違った剪定や実の成らせ方が多いようです。
簡単な育て方のコツを紹介しましょう。
施肥や病害虫の話などは抜きの、ポイントのみです。

1.剪定

@時期
適期は木の活動が完全に止まる厳寒の1〜2月で、この時期以外に切るのは絶対にダメ。
木が活動している時期に剪定すると、いつまでも切り口から樹液が出続けて、樹勢を損なってしまう。
(暖期に、伸びている最中の緑色の若枝は、切っても樹液が出ない)

A切りすぎぐらいが良い
その樹の実力以上に伸ばして茂らせれば、病害虫に弱くなるし、美味しい実もつかない。
素人は伸ばし過ぎ、茂らせ過ぎが多い。

B前年の枝は4〜5芽を残して切る
ブドウは前年出た枝の芽が伸びて、それに実がつく。
前年出た枝は4〜5芽を残してすべて切る。
「この枝は伸ばしたい」という場合でも6〜7芽を残す位にとどめる。
切った部分から乾燥が広がるので、新芽を守るために芽と芽の中間部分を切断する。
枝が混み過ぎているようなら、根元から切って間引く。
なお、古い枝を切り詰めたければ、この時期に切って構わない。


2.新梢の結束と花穂の間引き

@誘引結束
春になると、前年の枝から新梢が伸びる。
新梢は根元が弱いので春の嵐が吹くと折れてしまう。
5月頃60〜80センチに伸びた頃に、ブドウ棚や枝にヒモで誘引して結束する。
あまり早い時期だと、誘引しただけで根元が折れてしまうのでタイミングに注意。

A花穂の間引き
新梢1本に花穂は2〜3本出るが、間引きして1本にする。
また花穂が二股になっていたら一方を切り捨てる。
さらに花穂が長い場合は、先端側を3分の1ほどを切り詰める。
これでもまだ花穂が多いので、細くて頼りない新梢に出た花穂は全部切り取るほうが良い。
花穂は見た目が立派でも、枝が細ければ結局良い実に育たない。
樹の体力以上に花穂が多いと栄養が分散し、花が実になれず、歯抜け状態の房になってしまう。
放置しても、多すぎる花や実は自然に落ちるのだが、エネルギーを消耗するため不味いブドウになってしまう。


3.摘果(実の間引き)と袋かけ

@摘果(見映えを良くするための作業なので、しなくても構わない)
実が小豆大になった頃、実を細いハサミで間引きし、実の間隔を2cmぐらいにする。

A袋がけ
実が大きくなり、色づきはじめたら袋がけをする。
新聞紙の2分の1ページをブドウの房に巻いて、上部をホッチキスで止めれば簡単である。
袋は上から虫が入ったり、鳥がつつくので、上部のツルぎわはキチンと閉じておく。
袋の下は開いたままにしても、あまり問題が無い。

B枝は伸ばしすぎない

ほっといても構わないのだが、枝は伸ばしすぎない方が実が充実するので、葉が10枚以上になったら先端を摘んでやるのが良いだろう。

観光ブドウ園などでブドウ狩りをする場合、あまり多くの房がぶら下っていない棚の、太い枝についた実を選ぶのが、美味しいブドウをゲットするコツです。

ホーム(目次)へ