ようこそ勝洋丸サイトへ!  Last updated:1.14.2019

苫小牧市汐見町一丁目 苫小牧西港
勝洋丸 三澤 征太郎
TEL 0144-57-0312
携帯電話 090-8906-2543
平日も出港しております。 ご連絡・お問い合わせなど、ご遠慮なくどうぞ!




横揺れを防止する「ロ−リングチョッパー」を装備。「探見丸」搭載船・GPS・魚探、ライフベスト、貸し竿、トイレ完備。
2016年2月6日100万アクセス達成致しました。今後とも、勝洋丸サイトよろしくお願いします。
乗船のご感想、要望など・・・
掲示板


1月14日釣り情報。

今日は、スケトウ釣りで出港、水深95mで大きな魚影有り、

30〜50mでは良型宗八、その下ではスケトウが釣れ、良い釣果でした。



 
 1月13日釣り情報。

 水深110m位タナ15〜80m、マス釣りの人は1〜6匹、
 宗八混じりでスケトウ釣りの人は3ケタ釣果でした。






 1月7日釣り情報。

マス、スケトウ釣り、水深95m位で釣れました。マス釣りの人は、タナ18〜30mで良型6匹GET。

スケトウの人は、50〜95mで3ケタ、良型宗八も50枚以上の釣果でした。

スケトウ6割が抱卵です。









皆さん、明けましておめでとうございます。
今年もお待ちしております。

 新春1月3日釣り情報。

今年初出港、狙いは抱卵スケトウ釣り、水深120m位で3ケタの釣果(7割)が抱卵でした。

僚船情報では、マスの試し釣りで、1.5〜2.0kgのが船中10匹以上も釣れた情報有り。








 2018年11月4〜5日カレイ釣り情報。

社台沖、水深15〜20mでの釣り、25〜35cmのカレイ、
1人様、5〜12匹位で釣果は、良くありません。
小型「宗八」、小型「マガレイ」は、沢山釣れます。















2018年勝洋丸船長日誌へ

  

大きな地図で見る



勝洋丸船長日誌のバックナンバー

2013年勝洋丸船長日誌
2014年勝洋丸船長日誌
2015年勝洋丸船長日誌
2016年勝洋丸船長日誌
2017年勝洋丸船長日誌
2018年勝洋丸船長日誌



潮汐グラフ




海水温度情報




波浪予想図

 ・明日の波の高さは気になりますね。


雨天時カレイの干し方大好評です。



おいしいタラコの作り方





残雪の樽前山を望み、桜が満開になる5月中旬、大型のマガレイ ( 30〜40cm) が釣れだします。
宗八カレイが数多く釣れ(100枚以上) クーラBOXに入りきれないほど、釣果が期待できます。
一夜干しで食べる味は、バツグンです。


【8〜10月】 スルメイカが釣れます。
船上で作る沖漬けは最高で楽しみの一つです。
秋の苫小牧は比較的小春日和に恵まれ、
蒼い海と王子製紙の白煙と紅葉して行く樽前山を遠望しながらのカレイ釣りは情緒があり印象的です。


【1〜2月】の苫小牧付近は晴天率が高く安定した気候です。
タラサクラマス釣りが楽しめます。
特に1月初旬に釣れるタラは抱卵しており美味しいタラコがご家庭で作れます。



5月 〜 7月 マガレイ、宗八カレイ、マコガレイ、石ガレイ
8月 〜 9月 昼イカ、カレイ
9月〜10月 イカ サバ、フクラギ、カレイ  
10月〜12月 カレイ (良型のマカレイ、宗八カレイ)  
1月 〜 3月 サクラマス、タラ

苫小牧民報社
fumioの釣り情報





2001.PHOTO PRODUCE PhotoGraphy SAPPOROJapan