Top                  『浮世絵師便覧』         浮世絵文献資料館

か行             

 ☆ かあん きた 喜多 可庵 (喜多武清参照)
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝可庵(カアン)
   喜多氏、武清、五清堂、一柳斎等の号あり、安政三年死〟
 
 ☆ かいげつどう 懐月堂
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝懐月堂(クワイゲツドウ)  
   一説に名は安慶、俗称岡沢源七、宝永正徳頃の人、又花街浸(ママ漫)録に、元和中浅草に住ける人、御府
   浮世画師の祖とあり、又古画備考には元禄より、少し古しといへり、何れか是なるを知らず、日本戯画、
   懐月堂安度図之、又日本戯画、懐月堂末流度繁図など、落款せる美人画あり〟
 
 ☆ かいらいし 傀儡子
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝傀儡子(クワイライシ)
   双紙 ◯寛政〟
   
  〈傀儡子とは、黄表紙作品において、曲亭馬琴が寛政九年から享和二年にかけて使用した戯作名〉
 
 ☆ がきょうじん 画狂人
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝画狂人(グワキヤウジン)
   北斎の一名〟
 
 ☆ かげとら 景虎
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝景虎(トラ)
   ◯明治〟
 
 ☆ かげひさ 景久
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝景久(ヒサ)
   芳景門人、◯明治〟
 
 ☆ かげまつ 景松
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝景松(カゲマツ)
   湖春亭と号す、貞景門人、草双紙、◯慶応〟
 
 ☆ かこう 可候
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝可候(コウ)
   北斎の戯作名、又画名〟
 
 ☆ かざん よこやま 横山 華山
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝華山(クワザン)
   横山氏、京師の人、花洛一覧図あり、◯文化〟
 
 ☆ かつきち いむら 井村 勝吉
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝勝吉(キチ)  
   井村氏、染物師にして絵本稽古本あり、京師の人、◯宝永〟
 
 ☆ かつしげ 勝重
 
 ◯『浮世絵師便覧』p212(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝勝重(カツシゲ)  
   岩佐又兵衛の名〟
 
  〈勝重は岩佐又兵衛の長男の源兵衛勝重。福井藩御用絵師で延宝元年(1673没)〉
 
 ☆ かつしげ うたがわ 歌川 勝重
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝勝重(シゲ)  
   歌川、◯国勝門人、◯天保〟
 
 ☆ かつのう 括嚢
 
 ◯『浮世絵師便覧』p212(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝括嚢(クワツノウ)
   大坂の人、錦画あり、◯寛政〟
 
 ☆ かつのすけ 勝之助
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
 
  〝勝之助(ノスケ)
   ◯天保〟
 
 ☆ かつひで 勝秀
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝勝秀(ヒデ)
   ◯天保〟
 
 ☆ かつまさ 勝政
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝勝政(マサ)  
   ◯天保〟
  
 ☆ かつもち 勝以
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝勝以(ルビなし)
   一説に又兵衛の弟、一説に又兵衛、◯寛永〟
 
 ☆ かつよし 勝芳
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊) 
  〝勝芳(ヨシ)  
   ◯天保〟
 
 ☆ かねなり あかつきの 暁 鐘成
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝鐘成(カネナリ)
   大坂の人、暁鐘成と称す、画工にあらず、されどよく、画き、自画作の読本あり、◯文化〟 
 
 ☆ かねひこ 兼彦
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝兼彦(カネヒコ)
   新聞挿画、◯明治〟
 
 ☆ かぶきどう 歌舞伎堂
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝歌舞伎堂(カブキドウ)
   艶鏡の号〟
 
 ☆ かんぎゅう しとみ 蔀 関牛
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝関牛(ギウ)
   蔀氏、関月の子か、◯寛政〟
 
 ☆ かんげつ しとみ 蔀 関月
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝関月(クワンゲツ) 
   大坂の人、蔀氏、名は徳基、字は子温、俗称原二、月岡雪鼎の門人、寛政九年、死五十一〟 
 
 ☆ かんざえもん 勘左衛門
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝勘左衛門(ザエモン)  
   鳥居清信作、本朝二十四孝に、此名あり、◯貞享か〟
 
 ☆ かんすけ もちづ 望月 勘助
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝勘助(スケ)  
   望月氏、祇園の都良香の額を画く、大坂の人、◯享保〟
 
 ☆ かんせつ かわい 河合 翰雪
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝翰雪(カンセツ)  
   河合氏、京師祇園の占出山の額を画く、扁額軌範に出つ、◯寛文〟 
 
 ☆ かんべい いのうえ 井上 勘兵衛
 
 ◯『浮世絵師便覧』p213(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝勘兵衛(カンベイ)  
   井上氏、京師祇園の額雪山童子を画く、扁額軌範に出つ、◯寛文〟
 
 ☆ きぎょく ふるかわ 古川 鬼玉
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝鬼玉(キギヨク)
   古川氏、絵本多し、◯明和〟
 
 ☆ きくまる きたがわ 喜多川 菊麿
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝菊麿(キクマロ)
   喜多川氏、名は潤、字は士達、墨亭、又観雲斎と号す、後に月麿と改む、歌麿門人、俗称千助、◯享和〟
 
 ☆ きもう 亀毛 
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝亀毛(キモウ)
   政演門人、一説に政演の戯名ならんといふ。◯寛政〟
 
 ☆ きよあき とりい 鳥居 清朗
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清朗(ルビ無し)
   清信門人、◯享保〟
 
  〈ルビがないので「清朗」の読みは不明、取り敢えず「きよあき」としてみた〉  
 
 ☆ きょううん 暁斎
 
 ◯『浮世絵師便覧』p233(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝暁雲(ウン)
   暁斎の男、◯明治〟
 
 ☆ きょうさい かわなべ 河鍋 暁斎
 
 ◯『浮世絵師便覧』p233(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝暁斎(キヨウサイ)
   河鍋氏、名は洞郁、惺々狂斎と号せしが、後に狂字を改めて、暁とす、後に剃髪して、是空入道といふ、
   下総古河の人、明治廿二年死〟
 
 ☆ きょうしゅん 暁春
 
 ◯『浮世絵師便覧』p233(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝暁春(シユン)
   暁斎門人、◯明治〟
 
 ☆ きよかつ 清勝 鳥居
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清勝(カツ)
   清長門人、◯寛政〟
 
 ☆ ぎょくえい 玉英
 
 ◯『浮世絵師便覧』p233(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝玉英(エイ)
   周延門人、鍋田氏、◯天保〟
 
 ☆ ぎょくき 玉亀
 
 ◯『浮世絵師便覧』p233(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝玉亀(キ)
   玉英門人、◯天保〟
 
 ☆ きょくこう 旭光
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝旭光(キヨクコウ)
   草双紙あり、◯天明〟
 
 ☆ ぎょくざん いしだ 石田 玉山
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝玉山(ギョクザン)
   石田氏、名は尚友、字は子徳、法橋に叙せらる、月岡雪鼎門人、又蔀関月の門人といふ、詳ならず、絵
   本類多し、板刻密画の祖、大坂の人、文化九年死、七十六〟
 
 ☆ ぎょくざん おかだ 岡田 玉山
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝玉山
   岡田氏、名は修徳、石田五山の門人、師の名を継ぎ、二世玉山となる、大坂の人、江戸に来り、神田紺
   屋町に住せしが、一日出て、行く所を知らず、◯文政〟
 
 ☆ ぎょくすい 玉水
 
 ◯『浮世絵師便覧』p233(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝玉水(スイ)
   京師の人、一世玉山門人、京師の人、一世玉山門人、◯弘化〟
 
 ☆ ぎょくそう みずはら 水原 玉藻
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝玉藻(ソウ)
   水原氏、一世玉山門人、画風歌川に近し、大坂の人、◯天保〟
 
 ☆ きよくに とりい 鳥居 清国
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清国(クニ)
   五世清峯の男、早世、◯弘化〟
 
 ☆ ぎょくほう いしだ 石田 玉峯
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝玉峯(ホウ)
   大坂の人、一世玉山の子か、石田氏、読本多し、◯享和〟
 
 ☆ きよさだ とりい 鳥居 清定
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清定(サダ)
   清長門人、◯寛政〟 
 
 ☆ きよさだ とりい 鳥居 清貞
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清貞(サダ)
   清峯門人、俗称斎藤長八、◯文政〟
 
 ☆ きよさと とりい 鳥居 清里
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清里(キヨサト)
  清長門人、◯寛政〟〟
 
 ☆ きよしげ とりい 鳥居 清重
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清重(シゲ)
   清信門人、役者似顔画、◯享保〟
 
 ☆ ぎょせん よしだ 吉田 魚川
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝魚川(ギヨセン)
   吉田氏、春興の摺物、青黄赤の三遍摺を工夫し、又打出し画を工夫せり、◯元文〟
 
 ☆ きよただ とりい 鳥居 清忠 初代
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清忠(タダ)
   清信門人、彩色の上手、◯享保〟
 
 ☆ きよただ とりい 鳥居 清忠 二代
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清忠(タダ)
   清峯門人、二世清忠、◯文政〟
 
 ☆ きよたね とりい 鳥居 清種
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清種(タネ)
   六代、清満門人、◯明治〟
 
 ☆ きよちか 清親
 
 ◯『浮世絵師便覧』p230(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清親(キヨチカ)
   月直氏、祇園社に村山座狂言の額あり、◯天保〟
 
 ☆ きよちか こばやし 小林 清親
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清親(チカ)
   小林氏、方円舎、真生楼と称す、師なし、錦画、狂画多し、現存〟
 
 ☆ きよつぐ とりい 鳥居 清次
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清次(ツグ)
   清長門人、◯寛政〟
 
 ☆ きよつね とりい 鳥居 清経
 
 ◯『浮世絵師便覧』p230(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清経(ツネ)
   清信門人、◯享保〟
 
 ☆ きよつね とりい 鳥居 清経 二代
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清経(ツネ)
   鳥居、◯二世清経、清満門人、◯宝暦〟
 
 ☆ きよとき とりい 鳥居 清時 初代
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清時(トキ)
   清長門人、◯寛政、一世〟
 
 ☆ きよとき とりい 鳥居 清時 二代
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清時(トキ)
   清長門人、◯寛政、二世〟
 
 ☆ きよとし とりい 鳥居 清俊
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清俊(トシ)
   清長門人、◯寛政〟
 
 ☆ きよなが とりい 鳥居 清長
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清長(ナカ)
   鳥居三世、清満門人、鳥居四代となる、関氏、俗称市兵衛、武者絵上手、彩色摺画本、浮世美人画等多
   し、一説に元禄、宝永以来この人の右に出つるものなしと、文化十年死〟
 
 ☆ きよのぶ とりい 清信 鳥居
 
 ◯『浮世絵師便覧』p230(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清信(ノブ)
   清元の男、鳥居流の祖、劇場画看板を画く、錦画あり、享保十四年死、六十六〟
 
 ☆ きよはる こんどう 近藤 清春
 
 ◯『浮世絵師便覧』p230(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清春(ハル)
   近藤氏、俗称助五郎、金平本および読本あり、◯正徳〟
 
 ☆ きよはる ひしかわ 菱川 清春
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清春(ハル)
   菱川氏、京師の人、始め清房、現存〟
 
 ☆ きよひさ とりい 鳥居 清久
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清久(ヒサ)
   清長門人、◯寛政〟
 
 ☆ きよひで とりい 鳥居 清英
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清英(ヒデ)
   鳥居、◯清満門人、草双紙あり、◯宝暦〟
 
 ☆ きよひろ とりい 鳥居 清広
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清広(ヒロ)
   清長門人、◯寛政〟
 
 ☆ きよまさ とりい 鳥居 清政
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清政(マサ)
   清長門人、◯寛政〟
 
 ☆ きよます とりい 鳥居 清倍
 
 ◯『浮世絵師便覧』p230(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清倍(マス)
   清信の男、鳥居二代目、宝暦十三年死〟
  
 ☆ きよみつ とりい 鳥居 清満
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清満(ミツ)
   清倍の次男、鳥居三代、一説に、清信の次男といふ、俗称半三、三味線製作を業とす、天明五年死〟
 
 ☆ きよみつ とりい 鳥居 清満
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清満(ミツ)
   鳥居六代、俗称栄、始め清房、現存〟
 
 ☆ きよみね とりい 鳥居 清峯
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清峯(ミネ)
   鳥居五代、後に二世清満と改む、清満の孫なり、錦画、草双紙多し、俗称庄之助、◯文化〟
 
 ☆ きよみね とりい 鳥居 清峯
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清峯(ミネ゙)
   五世清峯養子、俗称米次郎、◯弘化〟
 
 ☆ きよもと とりい 鳥居清元
 
 ◯『浮世絵師便覧』p230(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清元(モト)
   鳥居氏、俗称庄七、大坂の俳優なり、清信の父、劇場の看板を画く、◯貞享〟
 
 ☆ きよもと とりい 鳥居 清元
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清元(モト)
   雪光斎と号す、清峯門人、一説に清満門人、又清長門人、俗称三郎助、◯文化〟
 
 ☆ きよやす とりい 鳥居 清安
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清安(ヤス)
   清峯門人、俗称虎次郎、◯文政〟
 
 ☆ きよゆき とりい 鳥居 清之
 
 ◯『浮世絵師便覧』p231(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝清之(ユキ)
   清長門人、◯寛政〟
 
 ☆ ぎんこう あだち 安達 吟光
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝吟光(ギンクワウ)
   松斎、始め松雪斎、銀光、安達氏、俗称平七、◯明治〟
 
 ☆ ぎんせつ 吟雪
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝吟雪(ギンセツ)
   富川房信の名〟
 
 ☆ きんちょう 金朝
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝金朝(キンテウ)
   寛政〟
 
 ☆ きんちょう 金長
 
 ◯『浮世絵師便覧』p232(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝金長(チヤウ)
   草双紙、◯寛政〟
 
 ☆ くにあき うたがわ 歌川 国明
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国明(アキ)
   三世豊国門人、錦画、◯元治、慶応〟
 
 ☆ くにあき うたがわ 歌川 国明
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国明(アキ)
   歌川、◯三世豊国門人、二世国明、蜂須賀氏、名は斧二、一鳳斎と号す、角力を好み、角力多し、◯明治〟
 
 ☆ くにお こうてんさい 皎天斎 国雄
 
 ◯『浮世絵師便覧』p220(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国雄(クニオ)
   酢屋国雄、皎天斎と号す、俗称平十郎、守国門人、◯延享〟
 
 ☆ くにおき うたがわ 歌川 国興
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国興(オキ)
   歌川、◯二世豊国門人、◯天保〟  
 
 ☆ くにかけ うたがわ 歌川 国魁
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国魁(ルビ無し)
   歌川、◯三世豊国門人〟
 
 ☆ くにかげ うたがわ 歌川 国景
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国景(カゲ)
   歌川、◯一世豊国門人、一笑斎と号す〟
 
 ☆ くにかず うたがわ 歌川 国一
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国一(カツ)
   歌川、二世豊国門人、◯天保〟
 
 ☆ くにかず うたがわ 歌川 国員
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国員(カズ)
   歌川、◯大坂の人、◯万延〟
 
 ☆ くにかつ うたがわ 歌川 国勝
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国勝(カツ)
   歌川、◯一世豊国門人、◯天保〟 
 
 ☆ くにかね うたがわ 歌川 国兼
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国兼(カネ)
   歌川、◯一世豊国門人〟
 
 ☆ くにきよ うたがわ 歌川 国清 
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国清(キヨ)
   歌川、◯一世豊国門人、◯文化〟
 
 ☆ くにさだ うたがわ 歌川 国貞
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国貞(サダ)
   三世豊国の前名〟
 
 ☆ くにさだ うたがわ 歌川 国貞
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国貞(サダ)
   歌川、◯三世豊国門人、香蝶楼と号す、竹内氏、名は宗久、始め三世国政、梅堂と号す、後に国貞と改
   む、錦画草双紙多し。◯明治〟  
 
 ☆ くにしげ うたがわ 歌川 国重
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国重(シゲ)
   歌川、◯喜斎と号す、一世豊国門人、◯文化〟
 
 ☆ くにたか うたがわ 歌川 国孝
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国孝(タカ)
   歌川、◯三世豊国門人、一柳斎〟
 
 ☆ くにたき うたがわ 歌川 国瀧
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国瀧(タキ)
   歌川、◯一世豊国門人〟 
 
 ☆ くにたけ うたがわ 歌川 国武
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国武(タケ)
   歌川、◯一世豊国門人、◯天保〟
 
 ☆ くにただ うたがわ 歌川 国忠
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国忠(タダ)
   歌川、◯一世豊国門人、◯文化〟
 
 ☆ くにたね うたがわ 歌川 国種
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国種(クニタネ)
   歌川、◯一世豊国門人〟
 
 ☆ くにため うたがわ 歌川 国為
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国為(タメ)
   歌川、◯一世豊国門人、一年斎と号す〟
 
 ☆ くにたま うたがわ 歌川 国玉
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国玉(タ)
   歌川、◯三世豊国門人、俗称岩次郎、一寶斎〟
 
 ☆ くにちか うたがわ 歌川 国近
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国近(チカ)
   歌川、◯一世豊国門人〟
 
 ☆ くにちか とよはら 豊原 国周
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国周(チカ)
   豊原と称す、一鴬斎、荒川氏、俗称八十八、役者似顔画、三世豊国門人、◯明治〟
 
 ☆ くにつぐ うたがわ 歌川 国次
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国次(ツグ)
   歌川、◯一世豊国門人、錦画、草双紙、◯文化〟
 
 ☆ くにつる うたがわ 歌川 国鶴
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国鶴(ツル)
   歌川、◯二世豊国門人、◯天保〟
 
 ☆ くにてつ うたがわ 歌川 国鐵
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国鐵(テツ)
   歌川、◯一世豊国門人〟
 
 ☆ くにてる うたがわ 歌川 国輝
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国輝(テル) 
   歌川、◯三世豊国門人、岡田氏、俗称藤四郎、錦画、◯明治〟
 
 ☆ くにと うたがわ 歌川 国登
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国登(ルビなし)
   歌川、◯一世豊国門人〟
 
 ☆ くにとき うたがわ 歌川 国時
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国時(トキ)
   歌川、◯一世豊国門人、一鏡斎〟
 
 ☆ くにとし 邦年
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝邦年(クニトシ)
   楳樹と称す、◯明治〟
 
 ☆ くにとし うたがわ 歌川 国歳
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国歳(トシ)
   歌川、◯三世豊国門人、◯元治、慶応〟
 
 ☆ くにとし うたがわ 歌川 国利
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国利(トシ)
   歌川、◯山村氏、俗称清助、梅寿と号す、三世豊国門人、◯明治〟
 
 ☆ くにとみ うたがわ 歌川 国富
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国富(トミ)
   歌川、◯二世豊国門人、◯天保〟  
 
 ☆ くにとも うたがわ 歌川 国朝
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国朝(トモ)
   歌川、◯一世豊国門人、大坂の人〟
 
 ☆ くにとら うたがわ 歌川 国虎
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国虎(トラ)
   歌川、◯俗称久米蔵、錦画、草双紙〟
 
 ☆ くになお あしはら 蘆原 国直 
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国直(ナホ)
   蘆原を称す、三世豊国門人、錦画、◯明治〟
 
 ☆ くになお うたがわ 歌川 国直
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国直(ナホ)
   歌川、◯信州の人、吉川氏、俗称四郎兵衛、又鯛蔵、一烟斎、一楊斎、浮世庵、柳烟楼、柳烟堂、写楽
   翁等の号あり、一世豊国の門人なりしが、後に明画を学び、北斎を慕ふ、晩年廃業、惜むへし、◯文化〟
 
 ☆ くになが うたがわ 歌川 国長
 
 ◯『浮世絵師便覧』p220(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国長(ナガ)
   歌川、◯一雲斎と号す、俗称梅干之助、一世豊国門人、切組に長せり、◯文化〟
 
 ☆ くにのぶ うたがわ 歌川 国信
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国信(ノブ)
   歌川、◯一世豊国門人、一礼斎、陽岳舎、志満山人、自画作双紙〟
 
 ☆ くにのぶ うたがわ 歌川 国信 二代
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国信(ノブ)
   歌川、◯三世豊国門人、二世〟
 
 ☆ くにはな うたがわ 歌川 国花
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国花(ハナ)
   女、歌川、◯一世豊国門人〟
 
 ☆ くにはる うたがわ 歌川 国春
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国春(ハル)
   歌川、◯一世豊国門人〟
 
 ☆ くにひこ うたがわ 歌川 国彦
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国彦(ヒコ)
   歌川、◯一世豊国門人〟
 
 ☆ くにひさ うたがわ 歌川 国久
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国久(ヒサ)
   女、二世豊国門人、◯天保〟
 
 ☆ くにひさ うたがわ 歌川 国久
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国久(ルビ無し)
   三世豊国の男、錦画、◯明治〟
 
 ☆ くにひで うたがわ 歌川 国英
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国英(ヒデ)
   歌川、◯一筆斎と号す〟
 
 ☆ くにひろ うたがわ 歌川 国弘
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国弘(ヒロ)
   歌川、◯二世豊国門人、◯天保〟
 
 ☆ くにふさ うたがわ 歌川 国房
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国房(フサ)
   歌川、◯一世豊国門人、錦画、読本〟
 
 ☆ くにふさ うたがわ 歌川 国総
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国総(フサ)
   歌川、◯二世豊国門人、◯天保〟
 
 ☆ くにまさ うたがわ 歌川 国政 初代
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国政(マサ)
   歌川、◯俗称甚助、俳優半身の似顔画に長せり、草双紙、読本の類は画かず、一世豊国門人、◯天保〟
 
 ☆ くにまさ うたがわ 歌川 国政 二代
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国政
   歌川、◯一世豊国門人、二世国政、長文斎と号す、山下氏、俗称勇蔵、錦画、◯天保〟
 
 ☆ くにます うたがわ 歌川 国升
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国升(マス)
   歌川、◯大坂の人、◯嘉永〟
 
 ☆ くにまつ うたがわ 歌川 国松
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国松(マツ)
   歌川、◯三世豊国門人、一龍斎と号す、◯明治〟
 
 ☆ くにまる うたがわ 歌川 国丸
 
 ◯『浮世絵師便覧』p220(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国丸(マル)
   歌川、◯一円斎、五彩楼、飜蝶庵、軽雲亭、彩霞楼等の号あり、俗称文治、錦画、草双紙、一世豊国門
   人、◯文化〟
 
 ☆ くにまろ うたがわ 歌川 国麿
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国麿(マロ)
   歌川、◯三世豊国門人、二世一円斎、又菊武と号す、横山氏、俗称近二、錦画、◯明治〟
  
  〈この国麿は二代目か〉 
 
 ☆ くにみち うたがわ 歌川 国道
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国道(ミチ)
   歌川、◯一世豊国門人〟
 
 ☆ くにみち うたがわ 歌川 国道
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国道(クニミチ)
   三世豊国門人〟  
 
 ☆ くにみつ うたがわ 歌川 国満
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国満(ミツ)
   歌川、◯一世豊国門人、一翁斎と号す、彩色の妙手なり、錦画多し、◯文化〟
 
 ☆ くにみつ うたがわ 歌川 国光
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国光(ミツ)
   歌川、◯一世豊国門人〟
 
 ☆ くにみね うたがわ 歌川 国峯 
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国峯(ミネ)
   歌川、◯三世豊国門人、梅蝶楼と号す、錦画、◯明治〟
 
 ☆ くにもり うたがわ 歌川 国盛
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国盛(モリ)
   歌川、◯二世豊国門人、◯天保〟
 
 ☆ くにやす うたがわ 歌川 国安
 
 ◯『浮世絵師便覧』p222(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国安(ヤス)
   歌川、◯一鳳斎と号す、後に名を改めて西川安信といふ、又改めて国安と称す、俗称安五郎、一世豊国
   門人、天保七年死、三十余歳〟
 
 ☆ くにやす うたがわ 歌川 国保
 
 ◯『浮世絵師便覧』p204(飯島虚心著・明治二十六年刊)
  〝治明(ハルアキ) 瀬尾氏、名は文五郎、後に国保、◯明治〟
 
 ☆ くにゆき うたがわ 歌川 国幸
 
 ◯『浮世絵師便覧』p221(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国幸(ルビなし)
   歌川、◯一世豊国門人〟
 
 ☆ くにゆき うたがわ 歌川 国雪
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国雪(ユキ)
   歌川、◯二世国貞門人、梅章と号す、錦画、◯明治〟
 
 ☆ くによし うたがわ 歌川 国芳
 
 ◯『浮世絵師便覧』p223(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝国芳(クニヨシ) 歌川、◯一勇斎と号し、又朝桜楼と号す、井草氏、俗称孫三郎、一世豊国門人中屈指の名
   手なり、水滸伝の画最著はる、文久元年死、六十四〟
 
 ☆ けいし 慶子
 
 ◯『浮世絵師便覧』p225(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝中村氏、歌舞伎役者女形、中村富十郎なり、英慶子といふ、慶子画譜あり、◯安永〟
 
 ☆ けいせい 渓栖 
 
 ◯『浮世絵師便覧』p225(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝英園と号す、北渓門人、◯文政〟
 
 ☆ げっこう 月光
 
 ◯『浮世絵師便覧』p225(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝月光(クワウ)
   草双紙、◯文化〟
 
 ☆ げっこう おがた 尾形 月耕
 
 ◯『浮世絵師便覧』p225(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝月耕(コウ)
   尾形氏、俗称正之助、桜斎又鏡斎と号す、自流なり、錦画、新聞挿画多し、◯明治〟
 
 ☆ げっさ 月沙
 
 ◯『浮世絵師便覧』p225(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝月沙(ゲッサ)
   鳥山石燕門人、◯天明〟
 
 ☆ げっさい 月斎
 
 ◯『浮世絵師便覧』p225(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝月斎(サイ)
   歌政の号〟
 
 ☆ げってい 月亭
 
 ◯『浮世絵師便覧』p225(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝月亭(ゲッテイ)
   兆斎と号す〟
 
 ☆ げんきょ 玄魚
 
 ◯『浮世絵師便覧』p225(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝玄魚(ゲンキヨ)
   宮城氏、俗称喜三郎、浮世絵専門にあらざれ共、挿画、奉灯の画多し、明治十二三年頃死〟
 
 ☆ げんざぶろう 源三郎
 
 ◯『浮世絵師便覧』p225(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝源三郎(ゲンザブロウ)
   奈良の人、蒔絵師、元禄三年板、人倫訓蒙図彙を画く〟
 
 ☆ こういつ 光一
 
 ◯『浮世絵師便覧』p227(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝光一(コウイツ)
   法橋に叙せらる、◯安永頃の人か、等琳の風〟
 
 ☆ こういつ やまむら 山村 耕一
 
 ◯『浮世絵師便覧』p227(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝耕一(コウイツ)
   尾形月耕門人、山村氏、名は清助、錦画、◯明治〟
 
 ☆ こうがく わだ 和田 高岳
 
 ◯『浮世絵師便覧』p227(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝高岳(ガク)
   和田氏、白盛楼と号す、二世嵩谷門人、◯文政〟 
 
 ☆ こうかん しば 司馬 江漢
 
 ◯『浮世絵師便覧』p226(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝江漢(コウカン)
   名は峻、春波楼、不言道人、宋紫石の門人、油絵を善くし、我国銅版画の祖なり、此人をもて、二世春
   信とするは、非なり、自著司馬江漢後悔記に詳なり、文政元年死、七十二〟
 
 ☆ こうきょく なかね 中根 高旭
 
 ◯『浮世絵師便覧』p227(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝高旭(キヨク)
   中根氏、二世嵩谷門人、◯文政〟
 
 ☆ こうけい さわやま 沢山 高渓
 
 ◯『浮世絵師便覧』p227(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝高渓(コウケイ)
   沢山氏、玄々斎と号す、二世嵩谷門人、◯文政〟
 
 ☆ こうだい 鴻臺
 
 ◯『浮世絵師便覧』p227(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝鴻臺(コウダイ)
   高井氏、北斎門人、◯文化〟
 
 ☆ こうちょうろう 香朝楼
 
 ◯『浮世絵師便覧』p227(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝香朝楼(コウテウロウ)
   歌川風、◯明治〟
 
 ☆ こうとく 香得
 
 ◯『浮世絵師便覧』p214(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝香得(カウトク)
   訓みてニホエか、詳ならず、歌川風、◯明治〟
 
 ☆ こうなん 江南
 
 ◯『浮世絵師便覧』p226(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝江南(ナン)
   草双紙、◯文化〟
 
 ☆ ごがく 五岳
 
 ◯『浮世絵師便覧』p227(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝五岳(ガク)
   (名前のみ、記事なし)〟
 
 ☆ こくにまさ 小国政
 
 ◯『浮世絵師便覧』p226(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝小国政(クニマサ)
   梅堂と号す、◯明治〟
 
 ☆ ごけい 五景
 
 ◯『浮世絵師便覧』p226(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝五景(ケイ)
   八島氏、岳亭春信の男、◯弘化〟
 
 ☆ ごしち はるかわ 春川 五七
 
 ◯『浮世絵師便覧』p226(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝五七(ゴシチ)
   春川、◯栄山の門人、俗称亀助、始め神谷蓬洲といふ、役者似顔、草双紙多し、◯文化〟
 
 ☆ こしん 小信
 
 ◯『浮世絵師便覧』p226(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝小信(コシン)
   大坂の人、◯嘉永〟
 
 ☆ ごちょうさい 呉鳥斎
 
 ◯『浮世絵師便覧』p227(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝呉鳥斎(ゴテウサイ)
   小本挿画、◯(記述なし)〟
 
 ☆ このまろ きたがわ 喜多川 此麿
 
 ◯『浮世絵師便覧』p226(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝此麿(コノマロ)
   喜多川、◯歌麿門人、◯享和〟
 
 ☆ こよしもり 小芳盛
 
 ◯『浮世絵師便覧』p226(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝小芳盛(ヨシモリ)
   歌川風、◯明治〟
 
 ☆ こりゅうさい 湖龍斎
 
 ◯『浮世絵師便覧』p226(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)
  〝磯田氏、名は正勝、又春広、俗称庄兵衛、西村重長門人、後に法橋に叙せらる、錦画多し、◯明和、安永〟

Top       『浮世絵師便覧』