Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
☆ よし うたがわ 歌川 芳女浮世絵師名一覧
〔生没年未詳〕
   ☆ 文久二年(1862)    ◯「合巻年表」(『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(万延二年刊)※角書は省略    芳女画(見返しの画工担当)    『釈迦八相倭文庫』四十九編 歌川国貞画 表紙 豊国 見返し 芳女 万亭応賀作    ◯『浮世絵師伝』p205(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝芳女    【生】           【歿】    【画系】          【作意期】文久~明治    井草氏、国芳の次女、画を父に学ぶ。父の養嗣田口其英が妻となり、父の歿後、一勇斎・朝桜楼の号を    襲用す。一説に佐竹永海門人永喜に嫁し、和泉町に住す、永喜歿後売卜者鷲津一角に再縁して横浜に移    住せしと云へり〟    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)    収録なし