Top浮世絵文献資料館浮世絵師総覧
 
☆ ちかのぶ ようしゅう 楊洲 周延 (一丹斎芳鶴)浮世絵師名一覧
〔天保9年(1838)8月8日~ 大正元年(1912)9月29日・75歳〕
   展覧会(明治) 博覧会(明治)(展覧会・博覧会の出展状況は本HP浮世絵事典の「展覧会・明治」参照〉  ☆ 明治元年(1868)  ◯『歳成記』風雷山人著 玉家如山蔵板 戊辰仲冬(明治元年十一月)刊   (国立国会図書館デジタルコレクション)※◎は難読文字   〈当時人気のあった浮世絵師や戯作者などを吉原細見に擬えて格付けしたもの〉( )は本HPの注記   〝浮世屋絵四郎     貞秀   芳春   芳延     芳虎   芳盛   国時     芳幾   芳藤   国玉     芳年   房種   芳豊     国周   重次   芳信     国輝   広重   艶長     国貞   重清   幾丸     国明   国久   年晴          一豊   周延          国歳   年次          芳富     かぶろ/おい/らん/どう/ちう/すがた/大に/しき/がう/くわん     げたい/なかみ     (禿 花魁 道中姿 大錦 合巻 外題 中味)     やくしや/にづら/大くび/丸◎/めい/しよ/けしき〟     (役者 似顔 大首 丸◎? 名所 景色)     やりて く◎り(遣手 ?)    〈慶応元年刊『歳成記』には周延の名は見えないので、新たに台頭してきた若手のひとりと見なされていたのだろう〉    ☆ 明治初年(1868~)    ◯『明治人物夜話』「国周とその生活」p247(森銑三著・底本2001年〔岩波文庫本〕)    (国周談)   〝「その後、わたしア日本橋の音羽町へ新宅を拵えたことがある。それは随分普請もよし、植木は皆芸者    の名を附けて、ちゃんと出来上ったから、国輝(クニテル)がその時分やかましい奉書一枚摺へ、額堂の絵を    画いた散らしを撒いて、いよいよ新宅開きとなった。音羽町というところは、岡(オカ)ッ引(ピキ)なんぞ    が多く住まっていたが、わたしは豆音(マメオト)さんという岡ッ引の世話になって、着物なんか貰ったから、    その礼廻りをした。帰って来ると、昔、今紀文といわれた山城河岸の津藤さん、猩々暁斎(シヨウジヨウキヨウ    サイ)、石井大之進という、上野広小路へ出ている居合い抜きの歯磨き、榊原藩の橋本作蔵という、今の    周延(チカノブ)なんぞが大勢来ていた。     けれどもわたしも酔っているから、二階へ上って、つい寝てしまうと、何だか下でがたがたするから、    目を覚まして、降りてッと見ると、暁斎め、酒に酔ったもんだから、津藤さんの着ていた白ちゃけた彼    布(ヒフ)を脱がして、びらを画いた丼鉢の墨ン中へ、そいつを突込んだ。津藤さんはにがい顔をしている    と、暁斎はそれを引きずり出して、被布中一面に河童さんを画いちまった。あれも酒がよくないから、    みんな変な顔していると、今度は唐紙へ何か画くてェんで、畳台の二つ三つ庭へ並べ、その上へ二階の    上り口に建ててあった、がんせきの新しい襖を敷いて、机にしたもんだ。そうしてその上で絵を画くん    だから、芸者が墨を持って立っているのもいいが、拵えたばかりの襖の上を、どしどし歩くから、ポコ    ポコ穴が明く。そこでわたしも、あんまり乱暴で見かねたから、傍へ行って、暁斎坊主、ひどいことを    するな。よしなさい、といったが、酔っているから、つんけんどんにやったんだろう。     そうすると暁斎め、持っている筆で、わたしの顔をくるりと撫でて、真ッ黒にしてしまったから、わ    たしも怒る。歯抜きの石井大之進は、暁斎の奴、反ッ歯(ソッパ)だから、おれがそいつを抜いてやると、    りきむし、周延の橋本作蔵は刀を抜いて、斬ってしまうぞと飛びかかったから、暁斎め驚いて、垣根を    破って逃げちまったが、その時分中橋の紅葉川の跡がどぶになってたんで、そこへ落ッこちたから、ま    るで溝鼠(ドブネズミ)のようになったのは、わたしの顔へ墨を塗った報いだと笑った。     けれども暁斎は、あれほどになるだけ感心のことは、その後わたしの家へ尋ねて来たから、それなり    に仲が直ってしまったが、周延が刀を抜いた時には、どうもひどい騒ぎで、往来も止まるくらいだった」    (森銑三記事)    周延は、明治の浮世絵師として多くの作品を残している。『浮世絵辞典』には、橋本直義の本名を記し    て、作蔵と称したことは書いていない。榊原藩というのは、越後高田の榊原侯をいうのであり、右辞典    に越後の人としてあるのと合う。然るに同辞典の後に、幕府の御家人だったなどとしてあるのは従われ    ぬ〟    〈国周の新居開きに河鍋暁斎が酒乱に陥ってひと騒動を起こしたエピソード。披露目の散らしを画いたのが二代目の歌     川国輝、この人は明治七年に亡くなっているから、明治初年のころの出来事と思われる〉    ☆ 明治八~九年(1875-6)    ◯「新旧過渡期の回想」坪内逍遙著『早稲田文学』大正十四年二月号(『明治文学回想集』上・p29)   〝(明治八、九年頃現れた新傾向の草双紙=表紙絵や中絵は従来の草双紙を踏襲しながら、傍訓付きの漢    字を多用して、街談巷説を脚色した絵入り読み物)十年前後には魯文、清種、梅彦、転々堂、彦作(久    保田)、泉龍亭、勘造(岡本)?など。(中略)絵は芳幾や国政や周延が専ら担当していたかと思うが、    いずれも、草双紙全盛期のそれらとは似ても似附かぬ、構図も筆致も彫りも刷りも、粗末千万なもので    あつた。歌川派も役者絵専門の国周以外は、おい/\生活難の脅威を感じはじめて、粗製濫造に甘んじ    ないわけにはいかなかったのである〟  ☆ 明治十年(1877)  ◯ 内国勧業博覧会(明治10年(1877)8月21日~11月30日・於上野公園)      ◇『明治十年内国勧業博覧会出品目録』1 内国勧業博覧会事務局    (国立国会図書館デジタルコレクション)   〝第二区 製造物 第五類 造家並ニ居家需用ノ什器     提灯 桧絹張彩画 画工 上野黒門町 橋本直義 張職 池端仲町三宅由蔵       (出品者)上野元黒門町 山本利兵衛    〝第三区 美術 第二類 書画     額  絹地 浮世人物画(出品者)新潟県士族 橋本直義   〝第三区 美術 第三類     揉絵折本 奉書紙 東京名所 上野北黒門町 橋本直義 本郷元富士町 松下平次郎       (出品者)上野元黒門町 山本利兵衛    ◇『明治十年内国勧業博覧会出品解説』山本五郎纂輯   〝第三区 美術 第二類 書画     人物画 絹額 (流派)浮世画 上野北大門町 新潟県士族 橋本直義〟〈出品人は本人〉    ◯「国立国会図書館デジタルコレクション」(明治十年刊)    楊洲周延画『鹿児島戦争新誌』口絵 楊洲斎周延画 篠田久治郎 山松堂(3月)    ☆ 明治十一年(1878)    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇合巻(明治十一年刊)※角書は省略    楊州周延画    『鳥追阿松海上新話』前編(画)陽洲周延 (著)久保田彦作著・仮名垣魯文閲 大倉孫兵衛板〔東大〕                   出版御届明治十一年一月廿八日」              二編(画)周延   (著)久保田彦作著・仮名垣魯文閲 大倉孫兵衛板〔東大〕                   「出版御届明治十一年一月廿八日」              三編(画)陽洲斎周延(著)久保田彦作著・仮名垣魯文閲 大倉孫兵衛板〔東大〕                   「出版御届明治十一年一月廿八日」    『松栄千代田神徳』(画)揚洲周延(著)篠田仙果 山村金三郎板〔東大〕                「明治十一年六月 日御届ケ」下冊巻末「橋本周延画」    『西南雲晴朝東風』楊州周延画 笠亭仙果作 山村金三郎板〔目録DB〕    『仮名手本忠臣蔵』楊州周延画 松邨漁夫作 大倉孫兵衛板〔目録DB〕    ◯『【明治前期】戯作本書目』(日本書誌学大系10・山口武美著)   ◇戯作小説(明治十一年刊)    楊洲周延画    『鳥追阿松海上新話』三編九冊 周延画 久保田彦作著 仮名書魯文著 錦栄堂(合巻)              初編袋「陽州斎周延画」〈近代画像データベースより〉   ◇演劇(明治十一年刊)    楊洲周延画    『西南雲晴朝東風』上中下三冊 周延画 篠田仙果編 山松堂(正本写)    『日月星享和政談』上中下三冊 周延画 篠田仙果綴 具足屋(正本写)    『仮名手本忠臣蔵』上中下三冊 周延画 松邨漁夫録 錦栄堂  ◯『懐中東京案内』二編 福田栄造編 同盟舎 明治十一年十月刊     (国立国会図書館デジタルコレクション)   (「廿三 有名の画家」の項)   〝和画  菊地容斎   於玉ヶ池    和人  松本楓湖   浅草諏訪町    今様  柴田是真   浅草上平右エ門町    浮世画 猩(ママ)々暁斎 湯島四町目        大蘇芳年   土橋丸屋町        鮮斎永濯   上槙町        豊原国周   上野町一        一立斎広重  京橋弓町        孟斎芳虎   神田須田町        山嵜年信   浅草北富坂町        楊洲斎周延  上野北大門町〟  ☆ 明治十二年(1879)     ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(明治十二年刊)※角書は省略    楊州周延画    『五人懺苦魔物語』初編(画)楊洲周延(著)柳水亭種清 小林鉄次郎板〔東大〕                  「御届明治十二年三月一日」             二編(画)桜斎房種(著)柳水亭種清 小林鉄次郎板〔東大〕                  見返し「桜斎房種画」口絵「房種画」袋「揚洲周延挿画」                  「御届明治十二年三月一日」             三編(画)桜斎房種(著)柳水亭種清 小林鉄次郎板〔東大〕                  表紙「桜斎房種画」見返し「房種画」口絵「朝香楼芳春画」袋「揚洲周延挿画」                  「御届明治十二月三月一日」    『綴合於伝仮名文』(画)揚洲周延(著)篠田仙果 山村金三郎板〔東大〕                「明治十二年五月 日御届」    『赤松満祐梅白籏』(画)揚洲周延(著)武田交来 大倉孫兵衛板〔東大〕                「出版御届明治十二年 月 日」    『鏡山錦栬葉』  (画)梅堂国政(著)武田交来 大倉孫兵衛板〔東大〕                「出版御届明治十二年十月 日」                中冊「当る狂言/戯場新話/揚洲周延画」        〈表紙・口絵・袋担当の画工〉※出典は全て〔東大〕    『五人懺苦魔物語』 三編 桜斎房種画 表紙「桜斎房種画」見返し「房種画」柳水亭種清作                 口絵「朝香楼芳春画」袋「揚洲周延挿画」    ◯『【明治前期】戯作本書目』(日本書誌学大系10・山口武美著)   ◇演劇(明治十二年刊)    楊洲周延画    『赤松満祐梅白旗』上中下三冊 周延画 武田交来編 大倉孫兵衛(正本写)    『綴合於伝仮名書』上中下三冊 周延画 篠田仙果編 山松堂  (正本写)  ◯『現今書画人名録』高崎脩助編 椿窓堂 明治十二年三月刊   (国立国会図書館デジタルコレクション)〈浮世絵師以外は浮世絵と縁のある画人〉   〝画家之部  柴田是真  浅草上平右衛門町          松本楓湖  浅草〟   〝浮世画之部 惺々暁斎  湯島四丁目          鮮斎永濯  掘留町二丁目          大蘇芳年  土橋丸屋町五番地          豊原国周  上野町          進斎年道  猿楽町          一立斎広重 京橋弓町          孟斎芳虎  神田須田町四番地          楊洲斎周延 上野北大門町十一番地          梅堂国政  長谷川町〟    ☆ 明治十三年(1880)    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(明治十三年刊)※角書は省略    楊洲周延画    『沢村田之助曙草紙』初編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉〔東大〕                   「御届明治十三年七月三日」              二編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉〔東大〕                   「御届明治十三年七月三日」              三編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉〔東大〕                   「御届明治十三年七月三日」              四編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉〔東大〕                   「御届明治十三年十月十一日」              五編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉〔東大〕                   「御届明治十三年十月十一日」    『浪江江の島新語』初編(画)楊洲周延(著)久保田彦作 小林鉄次郎板〔東大〕                  「御届明治十三年四月廿一日」             二編(画)楊洲周延(著)久保田彦作 小林鉄次郎板〔東大〕                  「御届明治十三年 月 日」             三編(画)楊洲周延(著)久保田彦作 小林鉄次郎板〔東大〕                  「御届明治十三年 月 日」              『坂東彦三倭一流』初編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉〔東大〕                  「御届明治十三年四月十九日」             二編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉〔東大〕                  「御届明治十三年四月十九日」       『白菖阿繁顛末』初編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉〔東大〕                   「御届明治十三年二月廿三日」            二編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉〔東大〕                   「御届明治十三年二月廿三日」            三編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉〔東大〕                   「御届明治十三年二月廿三日」    『艶娘毒蛇淵』初編(画)楊洲周延(著)柳水亭種清 小林鉄次郎板〔東大〕                「御届明治十三年二月 日」    ◯『【明治前期】戯作本書目』(日本書誌学大系10・山口武美著)   ◇戯作小説(明治十三年刊)    楊洲周延画    『沢村田之助曙草紙』五編十五冊 周延画 岡本起泉編 島鮮堂(合巻)     『板東彦三倭一流』三編九冊 周延画 岡本起泉編  島鮮堂 (合巻)    『浪枕江の島新語』三年九冊 周延画 久保田彦作  延寿堂 (合巻)    『白菖阿繁顛末』 三編九冊 周延画 岡本起泉綴  島鮮堂 (合巻)    『艶娘毒蛇淵』  三編九冊 周延画 柳水亭清信作 延寿堂 (合巻)     ☆ 明治十四年(1881)    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(明治十四年刊)※角書は省略    楊洲周延画    『川上行義復讐新話』初編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉板〔東大〕                   御届明治十四年一月六日              二編(画)楊洲周延(著)岡本起泉綴・芳川春涛閲 綱島亀吉板〔東大〕                   御届明治十四年一月六日    『倭洋妾横浜美談』 三冊(画)楊洲周延(著)武田交来 船津忠次郎板〔東大〕                   御届明治十四年四月六日    『復咲後日梅』三冊(画)揚洲周延(著)武田交来 大倉孫兵衛板(備考「初版は明治十四年の刊行」)〔東大〕    『白縫譚』六十九編(画)揚洲周延(著)柳水亭種清 丸屋鉄次郎板〔東大〕                出版御届明治十三年十一月十五日(備考「とりあえず(中略)明治十四年に立項しておく」)    ◯『【明治前期】戯作本書目』(日本書誌学大系10・山口武美著)   ◇戯作小説(明治十四年刊)    楊洲周延画    『川上行義復讐新話』二編六冊 周延画 岡本起泉綴  島鮮堂(合巻)    『倭洋妾横浜美談』上中下三冊 周延画 山閑人交来録 錦寿堂     『越後伝吉孝実伝』上下二冊  周延画 柳水亭種清著 小林鐵二郎(合巻)   ◇演劇(明治十四年刊)    楊洲周延画    『復咲後白雪/島鵆月白浪』上中下三冊 周延画 武田交来編 大倉孫兵衛(正本写)     ☆ 明治十五年(1882)     ◯「合巻年表」(明治十五年刊)※角書は省略    楊洲周延画    『戊辰の役函館戦記』三冊(画)楊洲周延(著)隅田了古 小森作太郎板〔東大〕                   明治十五年一月十四日御届    『川中島東都錦絵』 三冊(画)楊洲周延(著)武田交来 大倉孫兵衛板〔東大〕                   (備考「初版刊行は明治十五年の夏か」)    『黒白論織分博多』 三冊(画)歌川周延(著)梅素薫 大倉孫兵衛板〔東大〕                   (備考「初版は明治十五年の刊行か」)    ◯『【明治前期】戯作本書目』(日本書誌学大系10・山口武美著)   ◇演劇(明治十五年刊)    楊洲周延画    『黒白論織分博多/色成楓夕栄/朝鮮種偽簪』上中下三冊 周延画 梅素薫編 大倉孫兵衛(正本写)    『川中島東都錦絵/切籠形京都紅染』上中下三冊 周延画 武田交来編 錦栄堂(正本写)     ◯「絵本年表」(〔漆山年表〕は『日本木版挿絵本年代順目録』)   ◇絵本(明治十五年刊)    揚洲周延画『鉱泉図会』一冊 画工橋本周延 篠田仙果編・出版〔漆山年表〕  ◯『絵画出品目録』初版 農商務省編 国文社第一支店 明治十五年十月刊    (内国絵画共進会 明治十五年十月開催 於上野公園)   〝第四区 菱川・宮川・歌川・長谷川派等    東京府    橋本直義 歌川派 号周延 山姥図・地獄太夫図〟  ◯ 第一回 内国絵画共進会 受賞者(明治十五年十月開催、於上野公園)   (『内国絵画共進会会場独案内』明治十七年刊・所収)    褒状 橋本直義〈楊洲周延〉    ◯「明治年代合巻の外観」三田村鳶魚著『早稲田文学』大正十四年三月号(『明治文学回想集』上83)    〈鳶魚は従来の整版(木版)合巻を江戸式合巻と呼び、明治十五年から登場するという活版の合巻を東京式合巻と呼ん     で区別している〉   〝(東京式合巻)清新闊達な芳年の筆致は、百年来の浮世画の面目を豹変させた。彫摺りも実に立派であ    る。鮮斎永濯のもあったが上品だけで冴えなかった。孟斎芳虎のは武者絵が抜けないためだか引立ちが    悪く、楊州周延のは多々益(マスマ)す弁じるのみで力弱く、桜斎房種もの穏当で淋しく、守川周重のもた    だ芝居臭くばかりあって生気が乏しい。梅堂国政と来ては例に依って例の如く、何の面白みもなかった。    やはり新聞の挿画を担当する人々の方が、怜悧な往き方をするので際立って見えた。その代り芳年まが    いを免かれぬ『絵入自由新聞』の一松斎芳宗、『絵入朝野新聞』の香蝶楼豊宣、それにかかわらず一流    を立てていたのに『絵入新聞』の落合芳幾、『開花新聞』の歌川国松がある。尾形月耕は何新聞であっ    たか思い出せないが異彩を放っていた。東京式合巻は主として新聞画家から賑わされたといって宜しか    らろう〟     ☆ 明治十六年(1883)     ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇合巻(明治十六年刊)※角書は省略    楊洲周延画    『石魂録春高麗菊』二冊(画)歌川周延(著)梅素薫 大倉孫兵衛板〔東大〕                  御届明治十六年三月廿三日    『芽出柳翠緑松前』二冊(画)楊洲周延(著)梅素薫 大倉孫兵衛板〔東大〕                  (備考「明治十六年新富座上演の黙阿弥作「松前屋五郎兵衛」を綴った正本写」)    『明良双葉艸』二編(画)豊原国周・楊洲周延(著)万亭応賀 沢村屋板(備考「初版は明治十六年六月」)〔東大〕           三編(画)豊原国周・楊洲周延(著)万亭応賀 沢村屋板(備考「初版は明治十六年六月」)〔東大〕           四編(画)楊洲周延(著)万亭応賀 沢村屋板(備考「初版は明治十六年六月」)〔東大〕           五編(画)楊洲周延(著)万亭応賀 沢村屋板(備考「初版は明治十六年六月」)〔東大〕           六編(画)楊洲周延(著)万亭応賀 沢村屋板(備考「初版は明治十六年中の刊行か」)〔東大〕           七編(画)楊洲周延(著)万亭応賀 沢村屋板〔東大〕                (備考「とりあえず初版刊行を明治十六年として立項しておく」)    『白縫譚』七十編(画)楊洲周延(著)柳水亭種清 丸屋鉄次郎板〔東大〕               刊記「明治十六年冬出版」    ◯『【明治前期】戯作本書目』(日本書誌学大系10・山口武美著)   ◇戯作小説(明治十六年刊)    楊洲周延画    『色模様根岸花園』前後二冊 周延・春香画 孤蝶園若菜戯述 清光堂(合巻)    『明良双葉草』 八編十六冊 国周・周延画 万亭応賀著   沢村屋(合巻)           (第八編は明治二十一年出版)   ◇演劇(明治十六年刊)    楊洲周延画    『石魂録春高麗菊/金看板侠客本店』上中下三冊 周延画 梅素薫鐵 錦栄堂(正本写)    『妹背山婦女庭訓』上中下三冊 周延画 梅素薫編 錦栄堂  (正本写)    『芽出柳緑翠松前』 上下二冊 周延画 梅素薫編 大倉孫兵衛(正本写)    ◯『龍池会報告』第壱号 明治十六年十月刊    (国立国会図書館デジタルコレクション)   「第一回巴里府日本美術縦覧会記事」    〈明治十六年六月、日本美術の展覧会がパリで開催される。それに向けて龍地会が選定した作品は、狩野・土佐・四條・     浮世絵を中心に、新画五十一幅、古画の二十二幅の合計七十三幅。そのうち浮世絵に関係ある作品は以下の通り〉    〝新画    河鍋暁斎  龍頭観音図  柴田是真  藤花ニ小禽図    小林永濯  少婦戯猫図  渡邊省亭  雪竹ニ鶏図    橋本周延  美人泛舟図  久保田米仙 宇治秋景図    中井芳瀧  婦女観花図〟    〈東京・京都の画家から三十余名を選抜して作画(全て懸幅)を依頼、それを榛原直次郎がすべて表装して送り出した〉   ◯『明治画家略伝』渡辺祥霞編 美術新報鴻盟社 明治十六年十一月版権免許    (国立国会図書館デジタルコレクション)   〝第四区 菱川宮川派ノ類    橋本周延  歌川  人物 下谷区湯島天神町三丁目十一番地          名ハ直義 楊州斎ト号ス 天保九年八月八日 東京ニ生ル          豊原国周ノ門人ナリ  ☆ 明治十七年(1884)    ◯『【明治前期】戯作本書目』(日本書誌学大系10・山口武美著)   ◇戯作小説(明治十七年刊)    楊洲周延画『新説暁天星五郎』前後四冊 周延・秀月画 伊東専三編 松柏堂(合巻)  ◯ 第二回 内国絵画共進会(四月開催・於上野公園)    (『第二回内国絵画共進会/出品人略譜』農商務省博覧会掛編・国文社・五月刊)   〝第四区 東京府    橋本直義周延ト号ス。越後ノ人ニシテ東京府本郷区湯島天神ニ寄留ス。橋本直恕ノ男ニシテ、天保九年    八月生ナリ。曾テ画ヲ一勇斎国芳及一寿斎国貞ニ学ビ、後豊原国周ノ門ニ入ル。京都大坂中国函館等ヲ    遊歴シ、明治十二年外務省ノ命ニヨリ製図シ同十五年、内国絵画共進会ニ於テ褒状ヲ授与セラル〟    ◯『第二回内国絵画共進会褒賞授与人名表』農商務省博覧会掛 明治十七年五月刊   (国立国会図書館デジタルコレクション)    銅章    楊洲周延 橋本直義 東京府本郷区湯島天神町三丁目  ☆ 明治十八年(1885)    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(明治十八年刊)※角書は省略    楊洲周延画『白縫譚』七十一編(画)楊洲周延(著)柳水亭種清 小林鉄次郎板〔東大〕    ◯『【明治前期】戯作本書目』(日本書誌学大系10・山口武美著)   ◇戯作小説(明治十八年刊)    楊洲周延画『貞節雪廼梅』一冊 周延画 鴬亭冒安編 日月堂(合巻)    ◯「国立国会図書館デジタルコレクション」明治十八年刊(国立国会図書館)    楊洲周延画『業平文治漂流奇談』四-八編 挿絵 楊洲周延 三遊亭円朝  速記法研究会  ◯『東京流行細見記』(登亭逸心撰・清水市太郎編・国立国会図書館近代「デジタルライブラリー」)   (当時の諸職芸能人や専門店を吉原細見に擬えて序列化した戯作)
    「東京流行細見記」「浮世屋画工郎」     〝(暖簾の文字)「錦」浮世屋絵四郎   (上段 合印「入山型に△」)〝日の出 新流行 大上々吉 大々叶〟〈細見全体での序列は十位〉     同  つきおか 芳 年 〈月岡〉     同  はやし(ママ)永 濯 〈小林〉     同  おちあい 芳 幾 〈落合〉     同  とよはら 国 周 〈豊原〉     同  とりゐ  清 満 〈鳥居〉     同  あんどう 広 重 〈安藤〉     同  おがた  月 耕 〈尾形〉     同  あらゐ  芳 宗 〈新井。二代目芳宗〉   (中段 合印「入山型」)〝日々流行 上々吉 大繁昌〟〈細見全体での序列は十三位〉     同  いねの  年 恒 〈稲野〉     同  うた川  国 政 〈歌川〉     同  やうしう 周 延 〈楊洲〉     同       年 方 〈(水野)〉     同  かつ川  春 亭 〈勝川〉     同  あだち  吟 香(ママ)〈安達〉     同  こばやし 清 親 〈小林〉     同  うた川  豊 宣 〈歌川〉     同  うた川  国 峯 〈歌川〉     同  うた川  国 梅 〈歌川〉   (中段 合印「入山型」)〝日々流行 上々吉 大繁昌〟〈細見全体での序列は十三位〉     同       広 近     同       年 景     同       芳 藤     同       年 参     (以下、禿(かむろ)と遣り手は省略。本HP「浮世絵用語」【う】の「浮世絵師番付」参照のこと)〟     〈明治八年(1875)、平民苗字必称義務令なる法令が出され、苗字を名乗ることが義務づけられた。これを受けたものと    思われるが、浮世絵師の間では、歌川などの画姓を従来通り使う人と、新たな苗字を画姓として使う人と、対応が分    かれたようである〉    ☆ 明治十九年(1886)    ◯「国立国会図書館デジタルコレクション」明治十九年刊(国立国会図書館)    楊洲周延画『新体詞華少年姿』口絵 楊洲周延 挿絵なし 山田美妙 香雲書屋(10月)  ◯ 東洋絵画共進会(明治十九年四月開催・於上野公園)   (『東洋絵画共進会出品目録』滝川守朗編・今古堂・五月刊)    楊洲周延 人物・景色     歌川派 号周延 橋本直義 四十七年七ヶ月 本郷区湯島天神町三丁目十一番地  ◯『東洋絵画共進会論評』(清水市兵衛編・絵画堂刊・七月刊)    銅賞 楊洲周延   〝楊州周延の猫雀を窺ふの図は猫の小首を傾けし様能く其神を写せり。唯梧桐の樹は其葉を見されば古杉    木かと怪まる。楠公正行訓誨は申分なし。已上は皆今回銅章を得し能手なり〟     <九月 曲馬(チャリネ)神田秋葉原>  ◯「見世物興行年表」(ブログ)    楊洲周延画   「世界第一チヤリ子大曲馬廻り壽語六」彩色双六 揚州周延画 出板人横山良八   「世界第一チヤリ子大曲馬之図」錦絵三枚続 橋本周延画 出版人横山良八   「世界第一チヤリ子大曲馬ノ図」錦絵三枚続 橋本周延画 出版人大倉四郎兵衛    〈署名は「楊州周延筆」か〉     <十一月 天覧曲馬(チャリネ)吹上御苑>  ◯「見世物興行年表」(ブログ)   「チャリネ大曲馬御遊覧ノ図」錦絵三枚続 署名「応需 楊州周延筆」版元未詳     ☆ 明治二十一年(1888)    ◯「合巻年表」(〔東大〕は『【東京大学/所蔵】草雙紙目録』)   ◇合巻(明治二十一年刊)※角書は省略    楊洲周延画『明良双葉艸』八編(画)楊洲周延・惺々暁斎蒲画(著)万亭応賀(発)武川卯之助〔東大〕       ◯『増補 私の見た明治文壇1』「明治初期の新聞小説」1p88   (野崎左文著・原本1927年刊・底本2007年〔平凡社・東洋文庫本〕)    「(八)新聞挿画の沿革」   〝明治初年の新聞さし絵の画家といへば、前記の落合芳幾、月岡芳年、小林永濯、山崎年信、新井芳宗、    歌川国松、稲野年恒、橋本周延(ハシモトチカノブ)、歌川国峰(ウタガワクニミネ)、筒井年峰(ツツヰトシミネ)、後藤芳景    (ゴトウヨシカゲ)の諸氏に止(トド)まり、後年名を揚げた右田年英(ミギタトシヒデ)、水野年方(ミズホトシカタ)、    富岡永洗(トミオカエイセン)、武内桂舟(タケウチケイシウ)、梶田半古(カジタハンコ)の諸氏は挿画の沿革から云へば第二    期に属すべき人々で、久保田米僊(クボタベイセン)氏が国民新聞を画き始めたのも亦此の後期の時代である〟    ☆ 明治二十二年(1889)    ◯『東京錦絵新聞』付録「日本写真間毎の月」(明治22年1月28日発行)   〝浮世絵師 橋本周延    武門に出て夙に両刀を画筆に換むとするこゝろざしあり。初め故一勇斎国芳に入て一丹斎芳鶴と号し、    後に豊原国周の弟子となり、周延となり、近年俳優似顔その外時勢粧の女絵姿を画き、絵草紙舗に懸    る物、師の国周に伯仲す、又、傍訓新聞の挿絵におけるその伎倆、改進新聞の上に陸続たり〟    〈原文の漢字には例えば「時勢粧」は「じせいさう」「傍訓」には「ふりがな」の振り仮名があるがすべて省略した。     この芳鶴は二代目〉  ☆ 明治二十三年(1890)  ◯ 第三回 内国勧業博覧会(四月開催 於上野公園)   (『内国勧業博覧会美術出品目録』より)    楊洲周延 着色人物(二) 橋本直義      本郷区湯島天神町三丁目  ◯『第三回内国勧業博覧会審査報告』第二部美術(明治23年4月1日~7月31日・於上野公園)    (明治24年刊 国立国会図書館デジタルコレクション)   「美術総論」(博覧会・展覧会受賞歴)       雑派 橋本直義(楊洲周延)(p288)    明治15年 第一回内国絵画共進会 褒状〈1882年・展覧会・上野公園〉      17年 第二回同上      銅賞〈1884年・展覧会・上野公園〉       23年 第三回内国勧業博覧会 褒状  ◯「読売新聞」(明治23年11月30日記事)〈原文は漢字に振り仮名付、()はその一部分〉   〝歌川派画工の専門    歌川派の画工にて板下絵のみに関係し居るもの其数数多(あまた)あれ共、目下一派の得意を出(いだ)    して其名世に聞えたるものを挙ぐれバ、武者絵ハ芳年、似顔ハ国周、官女ハ周延、押絵ハ国政、手遊    画(おもちやゑ)ハ国利、新聞さし絵ハ年英、名所画(ゑ)ハ吟光、類似油絵ハ清親、見世物看板画ハ芳    盛、劇場(しばゐ)看板絵ハ清満、年中行事ハ勝月、団扇絵ハ玉英と限りたるが如しとなり〟    ☆ 明治二十六年(1893)    ◯『浮世絵師便覧』p211(飯島半十郎(虚心)著・明治二十六年(1893)刊)   〝周延(ノブ)    楊洲と号す、国周門人、◯明治〟    ☆ 明治二十年代(1887~1897)    ◯『こしかたの記』(鏑木清方著・原本昭和三十六年刊・底本昭和五十二年〔中公文庫〕)   「鈴木学校」p29   〝(清方)芝居の帰りにこの長谷川(新富座近くの絵草紙屋)で、五代目菊五郎の仁木の、幕外一人    立と、左団次の宮本無三四が白倉の邸で湯殿を破って、柱を振り冠っている、これも一人立半身のもの    で、どっちも国周筆の三枚つづきを自分で見立てて買って来たこともある。左団次の無三四は湯殿で浴    衣姿の大立廻りが凛々しくて大層好評だったもので、これは二十一年の夏狂言であった。     その後、芳年、年方、周延、月耕と、次々に新版は店頭を飾って、絵草紙屋はまだ庶民に親しまれて    いたようだったが、二十七、八年の日清戦争に、一時戦争物の全盛を見せたのを境にして段々店が減っ    て行った。役者絵は何といっても写真の発達に抗し得なかったろうし、出版の戦後目覚ましい進展を見    せて来たことと、三十四五年に絵葉書の大流行が旋風のように起って、それまでどうにか錦絵を吊るし    続けていた店も、絵葉書に席を譲らなければならなくなった〟  ◯『東京絵入新聞』(明治22年1月28日発行)    一丹斎(いちたんさい)〔橋本周延 初め故一勇斎国芳の門に入て一丹斎(たんさい)芳鶴と号し(云々)〕  ☆ 明治三十年(1897)  ◯ 第二回 日本絵画協会展(明治三十年三月開催 於上野公園旧博覧会跡第五号館)   (『明治期美術展覧会出品目録』より)    楊洲周延 汐干狩 新潟    ☆ 明治三十三年(1900)以前    ◯『明治東京逸聞史』②p182「羽子板」明治三十八年(1905)(森銑三著・昭和44年(1969)刊)   〝羽子板 〈東京朝日新聞三八・一二・二五〉    「羽子板の市況」という記事を載せているが、羽子板の押絵にも、時代の変遷がある。明治十六七年ま    では、押絵も平たく板に附いたのが喜ばれたが、十九年頃から次第に変って、盛上ったのが歓迎せられ    るようになった。顔絵師も、国周が去って、周政(後に国延)となったなどとしてある。国周、周延等    の浮世絵師は、錦絵の外に、羽子板の顔をも画いたのである〟    〈豊原国周が亡くなるのは明治三十三年(1900)〉    ☆ 刊年未詳    ◯「艶本年表」(〔国文研・艶本〕は「艶本資料データベース」〔目録DB〕は「日本古典籍総合目録」)   ◇艶本(刊年未詳)    楊州周延画『艶姿娯集余情』三冊 橋本周延画 〔目録DB〕(注記「艶本目録による」)    ☆ 大正元年(明治四十五年・1812)    ◯『都新聞』(大正元年10月2日記事)(原文は漢字に振り仮名あるも省略)   〝楊洲周延翁死去。千代田の大奥を錦絵にうつし、美人画の大家として著名なりし。楊洲周延は翁は五年    前より御殿山下なる下大崎に隠遁、世に遠ざかり風流にくらし居たるが、去る六月以来胃腸を病み、九    月二十八日の夜遂に死す、七十五歳。翁は本名を橋本直羲といひ、越後高田榊原家の士。瓦解後彰羲隊    に入り上野にて戦ひ、夫より函館に遁れ、榎本、大島氏に随ひ五稜閣の戦ひに勇名ありしも、降伏して    高田藩へ引渡され、明治八年好める道を以て世を渡らんと出京して、湯島天神町に住し、改進新聞の画    工となり、旁、錦絵を多く画き、画は幼児狩野派を学びしが、後、浮世絵に転じ渓斎英泉の門人に就て    学び、次いで一勇斎国芳の門に入り芳鶴と号す。国芳没後国貞に就き、後に似顔画を豊原国周に学びて    一春斎周延と云ひ又楊洲とも号す。門人延一、玉英(楊堂玉英と云ひ団扇絵師)外数名ありし。玉英の    門より梶田半古を出せり。延一氏のみ目下壮健なりと雖も、周延翁の美人画を継ぐ者なく、国周没後の    江戸画は翁を以て全滅に帰せるものなり、惜しむべし〟    ☆ 没後資料〈以下「揚(ママ)」は「楊」が正しい〉    ◯『狂歌人名辞書』p130(狩野快庵編・昭和三年(1828)刊)   〝揚(ママ)洲周延 姓橋本氏、東京神田五軒町に住せり、豊原国周門人にして、明治年間の錦絵及新聞挿画    の筆を把れり、明治四十五年歿す、年七十五〟    ◯『浮世絵師伝』p119(井上和雄著・昭和六年(1931)刊)   〝周延    【生】天保九年(1838)八月八日 【歿】明治四十五年(1912)-七十五    【画系】国周門人        【作画期】文久~明治    越後の人、橋本氏、名は直義・揚(ママ)洲と号す。初め国芳及び三代豊国に学び、暫く二代芳鶴(一鶴斎)    を名乗りしことあり。錦絵、団扇絵などに美人画の作多く、就中徳川大奥の風俗を描くことを得意とせ    り、蓋し、彼は幕府の御家人なりし由なれば、大奥の風俗故実などを見聞する機会多かりしなるべし。    其等の外に、明治初期の種々なる風俗を画きたる錦絵もあり、また肉筆の美人画もありて、国周門下に    於ては技倆最も優れたりき。曾て明治十二年には外務省の命に依りて作画せしことあり、同十五年には    絵画共進会に出品して褒状を受く。彼が錦絵美人画のうち、明治三十年版の「真美人」と題する半身像    三十六図は、構図、彫摺最も傑出したるものなり。居所、明治十年乃至十三年頃には上野北大門町、同    十七年乃至二十四年頃には湯島天神町三丁目十一番地なりしが、後ち又他に転ず。晩年には某錦絵店の    需めに応じて、専ら古版画の模写(複製用)に没頭せしと聞けり〟  ◯『江戸絵から書物まで』朝野蝸牛編 昭和九年(1934)刊   (「(と)明治年間執筆画家名略」)   〝楊州 周延(武者、美人)国周門人 橋本直義 下谷住 大正元年 七十五歳没          門人延一・延重〟    ◯『明治世相百話』(山本笑月著・第一書房・昭和十一年(1936)刊   ◇「絵双紙屋の繁昌記 今あってもうれしかろうもの」p128   〝〈明治初期〉両国の大平、人形町の具足屋、室町の秋山、横山町の辻文などその頃のおもなる版元、も    っばら役者絵に人気を集め、団菊左以下新狂言の似顔三枚続きの板下ろしが現われると店頭は人の山。    一鴬斎国周を筆頭に、香蝶楼豊斎、揚(ママ)洲周延、歌川国重あたり。武者絵や歴史物は例の大蘇芳年、    一流の達筆は新板ごとにあっといわせ、つづいて一門の年英、年恒。風俗は月耕、年方、永洗、永興と    いった顔触れ。新年用の福笑い、双六、十六むさしまで店一杯にかけ並ぺた風景は、なんといっても東    京自慢の一名物〟    △『東京掃苔録』(藤浪和子著・昭和十五年刊)   「豊島区」雑司ヶ谷墓地   〝(画家)名直義、国芳及び三代豊国に学び、錦絵に名あり。大正元年九月二十九日歿。年七十五。覚了    院直誉義誓居士〟    ◯『浮世絵師歌川列伝』付録「歌川系図」(玉林晴朗編・昭和十六年(1941)刊)   〝歌川国周門人 周延〟
    「歌川系図」    ◯「幕末明治の浮世絵師伝」『幕末明治の浮世絵師集成』p90(樋口弘著・昭和37年改訂増補版)   〝周延(ちかのぶ)    橋本直義、楊洲と号した。越後の士族の家に生れ、初め国芳、国貞に学び、二代芳鶴を名乗つたことが    あるが、国周の門人となり、周延と名乗つた。美人画に秀で、特に徳川大奥の風俗を描くことを得意と    したのは彼がその方の出であつたことによるらしい。また明治の開化期の婦女風俗を描いたものが多い。    その作画期は文久より、明治四十年代までに及んでいるが、晩年は専ら古版画の模写に従事していた。    天保九年生れ、明治四十五年、七十五才で歿した〟    ◯「日本古典籍総合目録」(国文学研究資料館)   〔楊州周延画版本〕    作品数:14点(「作品数」は必ずしも「分類」や「成立年」の点数合計と一致するとは限りません)    画号他:橋本周延・周延・楊州周延・陽(ママ)州斎周延    分 類:合巻11・絵画2・艶本1    成立年:明治11~14年(11点)(明治期合計13点)      〈絵画二点は、延一・宮川春汀・周延等による『風俗錦絵雑帖』と、芳年・年英・延一・周延等の『歴史錦絵帖』。な     お「楊州」の表記についていうと、『原色浮世絵大百科事典』(第二巻「浮世絵」・大修館・昭和57年刊)は「楊     州」と表記し、『浮世絵大事典』(東京堂出版・2008年刊)は「楊洲」としている〉
Top浮世絵師総覧浮世絵師名一覧